テーマ:維新の党

安倍政府は追い込まれて、維新取り込みになりふり構わぬ工作。そもそも違憲法案に修正案はない。

安倍首相も必死である。維新の橋下氏に抱き着いて大阪系議員を背景に、自党側に取り込もうと躍起である。橋下氏との会談では、戦争法案の採決に同調してもらうことの引き換えに、橋下氏は大阪系議員の行く末を安倍首相にお願いしたのではないかと推測している。 いづれにしても、自民党は強行採決をするつもりである。自公だけの強行採決のパターンだけは避…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

安倍首相に抱き込まれた橋下維新による、野党分断のもくろみ

安倍首相が、維新の橋下氏と会合を持ったことが報道されていた。いやな予感がしていたら、案の定、安保(戦争)法案への協力を安倍首相の方から持ちかけたのであろう。安倍首相も必死である。国会で3名の憲法学者が「違憲」と断定してから、明らかに潮目が変わってきた。 政府は、憲法学者に論理的なダメ出しをされ、憲法の違憲、合憲を判断するのは、学…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

労働派遣法の野党共闘の分裂は、大局を見ないで自公を喜ばすだけの愚挙である。

バブル景気が弾ける前は、一億、総中流階級と言われてきた。中学校、高校校の卒業でも、大卒の給料と大きく違うということはなかった。当然、ほとんど全ての社員が正社員であった。それが、バブルがはじけてから、竹中平蔵氏が小泉内閣で大臣のとき、派遣労働法が改正され一気に派遣社員への道が加速した。 その竹中氏が大臣をやめた途端、ASUKAの覚せ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

岩手県知事選挙が、今後の野党結集の試金石となる。

岩手県知事選挙が、今後の野党結集の試金石となる。 国会で審議されている「戦争法案」で、民主、維新、共産が政府のデタラメさを炙り出している。閣僚も法案を作った官僚自身も、各法案がどのように連結し、どのような条件が共通なのか違うかを、理解していない。時間が経つほど、齟齬が出て来るはずである。自公は投票まで、忍の一字で耐えるつもりである…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

遅きに失しているが、やっと野党の中に、自公に対抗すべく再編の動きが出て来た。

維新の松野代表が、野党再編を明言した。民主党の岡田代表が先陣を切って言わなかったことが、不思議である。維新は、橋下代表(11月まで)系は民主党というより自民党にシンパシーを感じていると言う。民主党にも、第二自民党と言われる、自民党にシンパシーをもっている人達がいる。 これを維新の松野代表が言うのだから、維新はこのままではジリ貧にな…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

橋下氏の居なくなった維新の新代表は松野氏となり、民主との共闘の礎は出来た。

野党第2党の維新は、前回衆議院選挙において、橋下氏の人気で、民主党に失望した票や自公に入れるのを躊躇った票が流れたと思っている。その橋下氏が勝てると思って打って出た大阪都構想の選挙に負けてしまった。これには、橋下氏本人ばかりでなく、江田代表も遺留を固辞した程、そのショックは大きかったと言えよう。橋下氏なら、確実に勝てると思っていた証拠で…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

橋下氏の敗北と政界引退は、国政レベルでは幸運だった。

私は大阪府民でもなく、実際に住んだこともなく、行政の良し悪しも実感していないので、今回の大阪都構想の是非について明確な意見は持っていない。選挙結果も1%にも満たない差で大阪都構想は否定された。ただ、半数は賛成したのだから、それなりの理由もあるのであろう。その結果を受け、次の市長は負けた市民の意向も受けて、より改善した市政を行えばいいと思…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

維新、結いの党が統一会派を模索。自公の補完勢力同士が会派を組んでも望み薄。

維新と結いの党が参議院で統一会派を組むという。類は友を呼ぶという。その心は、維新の国会議員は、正直言って石原グループから離れたいと思っていると考えている。それを感じているから、石原氏は統一会派に反対である。結の党と言えば、渡辺代表のみんなの党から離れた党である。 しかし、維新は石原グループといる限り、自民党の補完勢力である。腐った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今回の市長選挙は、維新の没落の変曲点と見る。

大阪市長選挙は、橋下氏の全くのひとりよがりの選挙になってしまった。 自公民が無視し、どんな勝ち目のない選挙にも必ず候補者を立てる共産党も候補者を出さなかった。結果的に、自公民共の戦略は見事に当たったが、橋下氏の都構想に本当に反対するなら、候補者を立てるべきだった。それをしないのは住民をバカにしているとしか言えない。 当初か…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

維新は自民の補完勢力であるが、地方でも相互乗り入れOK状態。

維新は、原発輸出の反対を総会で決めた。これに対して共同代表の石原氏が、自分は党議に反対して原発輸出に賛成する意向を示した。それに怒った維新の他の議員から、党議に従えないものは「出て行け」と言われて会議は紛糾した。当の石原氏は、党の会議の決定を学校の多数決みたいなもので決めたのはくだらんと述べた。つまり、自分の意見を聞けばいいのだと言いた…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

中身は自民党極右が橋下という仮面をかぶった維新は、国民を騙し、野党の協力関係を阻害している。

橋下共同代表が、維新の国会議員団と次期日銀総裁の人事について、以下の報道のように意見が異なり、両者の溝が深まってきた。 橋下氏「共同代表職に固執せず」 国会議員団けん制 http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013022801000922.html  日本維新の会共同代表の橋下徹大阪…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more