国民玉木代表、れいわ躍進は既存野党の内部騒動の幻滅からの反動。

国民の玉木代表はよくわかっている。れいわが伸びている理由は、既成野党がお互いにけん制していることに対して、嫌になってしまっているからだと分析している。玉木氏もバカでないようだ。的確に原因を述べている。玉木氏自身は、何度も立憲と一緒にやろうと言っているので、この主因は立憲であると、心の中では思っているのに違いない。 立憲は、希望の党…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立憲と国民の統一会派誕生。れいわ、共産、社民の統一会派は?

立憲と国民の衆参の統一会派を組むことが決まった。一時は、破綻するかに見えていたが、統一出来たことは野党全体から見れば良いことだ。この統一会派の力は、れいわの躍進が作用したことは間違いない。 今後、会派内部でさざ波が立っても、それをかつての民主党時代のようにゴタゴタする姿を表に見せるようなことはしてほしくない。自民もいろいろ内部であ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小泉議員「悲観的な考えしか持てない人口1億2千万人の国より、将来を楽観し自信に満ちた人口6千万人の国の方が成功する」

先日、官邸でニコニコして結婚報告した小泉氏は、ベラベラ官邸内でベラベラと内輪の話をし、ヒンシュクを買った。買ったと書いたが、世の中官製お墨付き発表としてマスコミが騒ぐ。NHKまでこんな私的な報道をした。胸糞が悪い。次期組閣では内閣に入るともっぱらの噂である。後は総理大臣と騒がれている。小泉氏は選挙となると、駆り出されて人気を博しているが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

財務省の文書改ざんの実行責任者、駐英公使に大栄転。夫妻を助けたご褒美。

日本の会社、特に競争の激しい大会社では、管理職の課長クラス以上になると、上位になるほど地位のポストは少なくなり、一度仕事で問題を起こしたりすると、昇進ラインから外れていくのが普通である。課長試験は昇進のためと言われているが、課長としないためのふるい落としと考えた方がいい。全ては課長、部長、取締役、専務には出来ないという訳である。日本の官…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

今日終戦記念日、父の墓参に改憲を誓う男には国は任せられない。

今日終戦記念日、父の墓参に改憲を誓う男には国は任せられない。 今日は終戦記念日である。新天皇陛下は上皇様から引き続き、どのような言葉を述べるのだろうか。きっと、上皇様の考えを踏襲すると思われる。それでいいのだ。 靖国神社が創立150年に合わせて、靖国側が当時の天皇(原上皇)に参拝を要請していたが、宮内庁は断っていたという。当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島原発は津波ではなく、最初の地震で壊れていたことは事実だった。

福島原発は最初の地震で壊れ、津波が主原因ではないことは、ネット上では公然と語られていた。なぜかと言うと、津波が来る前に原発工場内で原子炉に繋がる配管系が壊れ、工場内には放射性物質を含んだ水蒸気が蔓延していたという証言がたくさんある。その時点で自由に内部を歩き回れる状態ではなかったと言う。歩き回れないということは、配管の壊れた個所を修理す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

参議院選挙が終わって噂通り、米中貿易戦争で売れなくなった農産物を買わされる日本。

参議院選挙が終わり、トランプ大統領が安倍首相に対して、選挙前に言われた通り、米農産品の巨額購入を要求していること明らかにされた。先日、海に落ちた戦闘機100機以上で1兆円以上、陸上イージスアショア数千億円を買うことを約束している。この手の購入は、まるで自分の財布から安倍首相の一存で出すようだ。それなら文句は言わないが、このお金は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍政権になって日本地位の最も重要な学術環境が急速に劣化。

現在、歴代のノーベル賞受賞者が、資源の無い日本の資産を生み出す教育、研究環境が急速に他国に遅れ出していると警告している。その理由は、安倍首相という、学究という概念、考えが薄いトップが歴代最長の政権を担っているからと思っている。ひたすら、軍事力を増強しようとしている。外交の安倍と言いながら、ひたすら関係を悪化させている。外交機能が全く機能…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小泉進次郎、出来ちゃった婚の官製報道のお礼に完全に安倍側に取り込まれた。

リテラの記事に、小泉進次郎が結婚報告も仕掛け人、菅長官との会談で改憲に全面賛成し、安倍側に願入りを打ったと書かれている。 先日、このブログで、進次郎が官邸ロビーで出来ちゃった婚を報告したことが如何に常識を逸していることを述べた。 おぎやはぎの小木氏は、「まず、官邸でやっているのがおかしい。官邸で結婚会見なんて常識ないからね、普通…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

衆院野党の統一会派は遅きにししている。次期総選挙はれいわ様々で協力が必須。

衆議院で野党3党(立憲、国民、社保)が統一会派を組んだ。随分と回り道をし、時間が掛かった。小池都知事の希望の党は壮大なる回り道であった。一つの大きな党になるつもりが、逆に分裂してしまった。その後、国民民主がさかんにヨリを戻そうと立憲に働きかけたが、立憲の枝野代表は、統一会派や一つの党になるのは野合だと大きな声で叫んでいた。その時、これは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

森本事件の検察再調査の茶番

森本事件の再調査結果は、やはり不起訴だった。再調査をやったと言っていたが、事実は誰も何もしなかった。ただ、時間を無駄に過ごしていただけだ。ただ、時間を過ぎるのを待っていた。さぞ、死ぬほど暇だったろう。その証拠に、何を調査し、どうだったかの話は一切なかった。近畿財務局の職員の自殺は、昨年の秋ごろには労災と認められていたという。この事実が分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

室井氏もよく本質を見ている。れいわと共産の共闘に期待。

室井佑月氏と言えば、「ひるおび」番組で、安倍シンパバリバリの八代弁護士らに交じって、かなり政府批判寄りの発言をする。いつ首になってもおかしくない立場であると思っている。こちらが心配になる。週刊朝日の連載「しがみつく女」はかなり辛らつに政治批判を書いている。 その中で、以下の記事が目に留まった。内容は、共産の志位委員長が、れいわの山…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小泉と滝川の出来ちゃった婚の話など首相公邸のロビーでするな!!

最近、自民の議員の話など書く気はしないが、今日は我慢ならないので思わず文句を書く時間を費やすことになった。 今日、テレビを見ていたら、まるで大事故か地震発表のように突然、小泉進次郎と滝川クリステルの出来ちゃった結婚の話を首相官邸のロビーで発表があった。小泉は安倍首相と菅官房長官に報告した帰りというが、官邸側が記者にこれから結婚を発…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

野党は、山本氏の下でまとまればいい。

昨日は、立憲が衆議院で統一会派を国民民主、社民にも呼びかけた。これは明らかに立憲の議席は増えたが、それ以上の広がりが無かったからの反省からであることは間違いない。立憲から必ず当選すると思っていた候補者も落としている。れいわには風が吹いたが、立憲には吹かなかった。国民民主には全く風は無かった。国民民主も社民も衆院での統一会派に賛成意向とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政治、政策の常識の打破は政治素人の山本氏でないと出来ない。

BS-TBS「報道1930」に90分間、山本太郎氏が単独で質疑に答えた。選挙前の状況から見ると隔世の感がある。世論調査には選挙前にはれいわの支持率は出て来なかった。今や、政党支持率が1.3%で、国民民主の0.9%、社民の0.3%より多い。これだけ露出が多くなれば、あっという間に、数%レベルまで行くと思われる。維新の3.6%、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

N国入党の訳アリ議員は来るべき選挙で審判が待っている。

N国に投票した人は、今のN国の状況をどう思っているのだろうか?NHKをぶっ壊せという話と全く趣旨の違う党になってしまった。比例の投票率が2%と言えば、50人に一人が投票していることになる。相当の比率である。自分の周りに誰かはN国に投票した人がいる。私自身も、NHKのニュースは完全に自民党の広報番組と思ってしまうことがある。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

早くも「れいわ」効果が期待される。厚労省、重度訪問介護見直しへ。

根本厚労相が、れいわの2人が問題提起した、仕事中の障害者介助の費用負担について、プロジェクトチームで検討するという。さっそく「れいわ」が問題提起したことが検討されるという。仕事をしたいのに、家に籠ってただぼんやり過ごす場合に介護補助が出るが、少しでも仕事をすれば介護補助を受けることが出来ない。これにより、障害者が就職したくとも、稼ぐ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

8月1日 山本太郎の街頭記者会見を聞いて彼の根底の思いに触れる。

昨日8月1日の新宿小田急デパート前のれいわの山本太郎の会場から質問を受け回答する会見をユーチューブで最後まで聞いていた。実によく勉強している。何の準備も無く回答する。安倍首相には到底出来るものではない。選挙前に街頭で経済指標、データに基づき、政策提言していたが、会場からの質問に合わせてスクリーンに表示して説明していた。 この中で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本維新の松井代表の言いがかりに対して山本太郎ばっちり反論。

れいわ新選組の山本代表が、羽鳥モーニングショーの玉川氏のそもそも総研に再度呼ばれ、今日登院した船後氏、木村氏に関連して話した。この中で、前記の両氏に参議院で介護費を出すことに対して、日本維新の松井代表が以下の記事のように、「議員優遇はおかしい」と述べたことに対して、山本氏の見解を求められた。 「議員優遇おかしい」 れいわ2氏の介護…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

れいわ新選組のTV出現は異常レベル。早くも国会の常識の打破と期待膨張。

れいわ新選組の異常なほどのTVでの取り上げ方である。花火で終わるか空に輝く星になるのか?これからが本当の勝負である。このブログでは、選挙に旗揚げした当時から、(期待を込め)頻繁にれいわ関連記事を書いてきた。正直、書きながらこれほど注目されるようになるとは思っていなかった。しかし、山本太郎と仲間たち代表、自由党で小沢一郎と共同代表をやって…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

N国の本来の趣旨から訳アリ議員集団に変容。

昨日は、『「れいわ」と「N国」の立党の志があまりに違い過ぎる。』と題して記事を書いた。この中で、N国の立花代表は、みんな党の渡辺喜美氏と会ってN国の入党について話し合ったら、N国入党とはなく、「みんなの党」の会派を結成するという。ひるおびの番組で、日頃大っ嫌いのコメンテーターの田崎氏が、全て訳アリの人物が会派に入ってくると述べていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「れいわ」と「N国」の立党の志があまりに違い過ぎる。

今回の参議院選挙で、政党要件を満たしたのが、「れいわ新選組」と「NHKから国民を守る党」である。 しかし、「れいわ」と「N国」の立党の志があまりに違い過ぎる。 N国が党要件の投票率を得たことは、日本の中に如何にNHKの報道に不満を持っている人がいることを示している。政府べったりの報道、番組を見なくても料金を取られる。 N国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発の再稼働に軒並み1兆円以上必要。全て国民の電気料金で払わされる。

日本の太陽光、風力、地熱などの再生エネルギーは、日本と同じ技術大国のドイツと較べればはるかに遅れている。これは、日本の首相、特に安倍首相が日本の将来に対する明確なエネルギー政策のビジョンを持っていないからである。憲法改正などよりは、余程日本のエネルギー政策の改革の方が重要である。安倍首相は原子力大好き人間である。福島原発事故であれほどの…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

れいわ新選組の重度障碍者が、全国の障がい者の働く権利のための改革に繋げる。

れいわ新選組の山本太郎代表が重度障碍者二人を参議院議員にしたことで、今国会が大きく変わろうとしている。参議院事務局で、上記二名の登庁時の不便を無くすための施設改善、設備改善を行っている。物理的な不便性は最低限改善されているようだ。 この中で、船後氏、木村氏が重度障碍者制度の不備により、「登院出来ない」という問題に直面している。その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐川、財務省は再び不起訴。いやなら政権を下ろすしかない。

このブログもそうだが、すっかり「れいわ」の話が盛り上がっているが、風化させてはならないのは、安倍夫妻が関わった森友事件の話である。検察審査会で不起訴不当とされ、検察がもう一度調査した結果、大阪地検が森友問題を巡り、今週中にも“容疑者”を再び不起訴にする方針を固めたと以下の記事に書かれている。検察が固めたと書かれているが、これを日刊ゲンダ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

れいわ新選組の盛り上がりは弱者にやさしい新しい政治への期待の表れ。

参議院選挙で、10代の投票率31%で、全世代より17ポイントも低いという。 参院選、10代 投票率31% 全世代より17ポイント低く https://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201907/CK2019072402000138.html 2019年7月24日 朝刊  …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

同じ太郎の麻生大臣、れいわの山本政策の消費税無しを早速批判。話を聞いてから言え!

麻生太郎が、早速れいわ新選組の山本氏の政策について文句を言った。麻生氏と言えば、山本氏が街宣冒頭、「同じ太郎でも、麻生太郎ではありません」と言い受けていた。麻生氏は山本氏が消費税ゼロにする、最低賃金1500円、奨学金をチャラにすると述べていることに対して、「負担と給付考えねば」意味がないと皮肉ったのだ。 しかし、麻生氏も山本の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

山本太郎、全候補者中最高得票 97万票。過去の最高得票で過去最高得票で落選。

れいわ新選組の山本太郎は特定枠の2人を通して、自分は全候補者中で最高得票97万票を取って落選したのは憲政史上初めてということだ。落選した候補者の獲得票も過去最高ということだ。山本自身は自分まで当選出来ると内心は思っていたのだろう。 山本氏は、消費税10%の負の影響が出ない内に、衆議院選挙が行われると考えている。野党の共闘が整わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

残念だが自公で過半数。しかし「れいわ新選組」のような希望の芽に期待するしかない。

参院選で自民、公明の与党が改選124議席の過半数(63議席)を確保したと発表された。改憲発議に必要な2/3には届かないようだ。誠に残念だが、これが国民の民意ということであると認めざるを得ない。安倍政権は信任されたと、与党側はまた大きな顔をするだろう。また、消費税10%は決定である。また、改憲も今回の結果を受けて推進を信任されたというだろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more