テーマ:玉木代表

新党は昔の民主党のようなゴタゴタ無しで、期待を抱かせる船出をしなければならない。

明日、国民民主の両院総会が開かれる。ここで、何かが起こるか注目されている。玉木代表は分党して残留すると述べている。これに対して、国民民主の中でも多くの批判が出ている。代表は分党と述べたが、役員委員会で決まった訳ではないと言われている。また、小沢氏、開氏など色々なレベルで引き留めがなされているようである。 今日、枝野代表と玉木代表と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

枝野代表の原則論で立憲と国民の合併が難航。

立憲と国民との幹事長会談で、おおよそ合意が出来たと報道されていたのであとは代表間で微調整をすればいいかと思っていたが、ここに来て最も基本的な部分で双方の思惑が浮き彫りになった。国民の玉木代表がイーブンの合併と言い出したことに、枝野代表は不愉快な顔をして100%新党はないと述べた。つまり、立憲への吸収と言いたいのだろう。 これは国民…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

国民玉木代表、れいわ躍進は既存野党の内部騒動の幻滅からの反動。

国民の玉木代表はよくわかっている。れいわが伸びている理由は、既成野党がお互いにけん制していることに対して、嫌になってしまっているからだと分析している。玉木氏もバカでないようだ。的確に原因を述べている。玉木氏自身は、何度も立憲と一緒にやろうと言っているので、この主因は立憲であると、心の中では思っているのに違いない。 立憲は、希望の党…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more