テーマ:菅首相

信濃毎日新聞のTOPニュース:首相「無関心」初動遅れ 自衛隊「政府甘すぎた」

8月29日朝刊に、以下の記事が一面TOPに掲載された。他の新聞には出ていないからスクープと言っていい。その見出しが、新聞社として相当勇気の要る見出しである。アフガン残留の日本人(アフガン関係者)はまだ数百人在留している。テロの爆発でバスが空港まで行きつけず、また戻ったと報道されてからの情報は一切ない。現地の時間はもう30日である。米…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

菅のロン毛息子の接待による山田広報官の問題が菅内閣のボデーブローと効いてくる。

菅首相は、今日の記者会見を急遽止めた。その理由は山田広報官の問題があったからではないかと言われている。やはりあったのだろう。 以下の記事で山田氏がここまで成り上がってきた理由がわかる気がする。やはり、「飲み会は絶対に断らない」女ということがわかる。ジジイ殺しと言われたように、男社会の中の紅一点でいろいろなセクハラ的な雰囲気…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

菅首相は国民には自助と言いながら、自分の息子には公助していた。

 菅首相は日本会議では自分の気に食わない学者は任命しなかったが、自分の息子はタダの盲目的なオヤジだった。国民には自助を強要しておきながら、自分の売れないミュージシャンだった長男を秘書官にし、それをお土産に東北新社に押し込んだ。これから息子は菅元総務大臣の御威光を得て接待係になった。息子が会食しましょうと言えば、断ることは出来ない。以下の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

菅首相の国民からの支持を失った分析を東京新聞の望月記者が鋭く切り込む

菅首相の内閣支持率が共同通信、NHKの世論調査では41%と急落した。しかし、私から言わせればまだ40%を切らないことが不思議でならない。もう直ぐ、朝日新聞、毎日新聞の世論調査が出て来る。共同通信よりなぜか数%低く出て来るので、いよいよ40%を切ることを期待している。その支持率低下の原因を、東京新聞の望月記者が見事に菅内閣の支持率低下の原…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

菅政権の実態暴露。政府は国民を助けてくれない。政権交代しかない。

先日、菅首相が非常事態宣言を行った。菅の訴えは、まるで危機感を持って我々の心には突き刺さらない。なぜか、自分たちは、国民には飲みに行くなと言いながら、自分たちの打ち合わせは会食はOKとしているからだ。国会議員の会食は4人まではOKとしたルール化をしようと自民と立憲との国対委員で取り決めようとした。これを聞いた医師会会長から何を言っている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

劣化する「令和おじさん」では、コロナは収束出来ない?

日本も政治判断の誤りで大変なことになりつつある。それは「令和おじさん」のせいである。今日の東京新聞の社説にここまで言うか?という社説が出た。『劣化する「令和おじさん」』というタイトルである。これは強烈である。これだけはっきり批判するマスコミは東京新聞、日刊ゲンダイぐらいであろう。 「不気味なおじさん」 「気持ち悪いおじさん」 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

菅という頑迷で、危機管理のない首相では日本は持たない。

安倍から菅に政権が禅譲されたが、この菅という男の本当の本性がわかってきた。安倍も自己中心的、お友達政治を行っていたが、菅は安倍と違って自己中ということは変わりないが、ある意味頑迷さは安倍の向こうを行っている。 官房長官時代の記者会見は答弁、打ち切り答弁は本性から出るものである。学術会議の会員任命拒否、自分に反対する官僚の左遷、GO…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

報道1930で近現代史の保坂氏が菅首相の極めて危険な本質をズバリ指摘!

今日は、報道1930に近現代史の番組で有名な保坂氏が出席した。この中で、保坂氏は、今の菅首相のやっていることは、戦争に例えるとインパール作戦のように一度作戦(政策)を決めると戦況に関わらず突き進むように見える。それで苦しみ、死ぬのは兵士(国民)であると。保坂氏が実際にその兵士たちに取材をしたときに、数珠の音が聞こえてきた理由を聞…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

菅内閣の無策で感染者1000人を超すのも時間の問題。正月中に最大ピーク。

今日の東京のコロナ感染者が822人となったという。このブログでもこのままだと1000人を超すと言っていた。その数字は現実なものとなってきた。感染路不明が40%を超えてきている。東京都の小池知事は成り行きに任せている。小池知事は特別警報に引き上げたが、会見を聞いていてもただ気を付けろと今までの言っているとなんら変わりない。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ニコニコ動画でGOTO中止は考えていない。国民は殺される。

コロナ専門分科会の尾身会長が今日記者会見を行ってGOTOは一旦止めた方がいいと述べた。尾身会長の今までの政治追認煮え切らない態度から一歩も二歩も踏み出した。自分たちは御用学者ではないのだとまで述べた。重症者だけの問題だけでなく、若い人の就職にも影響すると述べた。委員会は止めろと進言した。我々は言うことは言ったという段階になった。前述した…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

政府自体は国民の「危機感を共有」していない。自公政権を降ろさないと命が危ない。

今日は、以下の加藤官房長の発言を見て、あきれたというか怒りがこみ上げきた。それがこのテーマを書かせている。では加藤氏は何を言ったかというと、勝負の3週間は、社会全体で「危機感を共有を」と述べたのだ。危機感を一番持っていないのは政府である。危機感は政府より国民の方が余程大きく持っている。そんなこともわからずバカでないか?お前の口から聞くの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

学術会議の任命拒否は事前調整が出来なかったからと菅首相認めた。

今日の参議院での小池議員の質疑は、自民の議員の質疑の回答がきっかけとなった。菅首相は、自民議員に学術会議の委員任命は、事前に官邸側の考えを述べて、事前のすり合わせで選んでいると述べたのだ。今回は調整を経ずに選任して出してきたので認めなかったと述べた。これは自民の質問に気を許して本当のことをしゃべってしまったというのが事実であろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菅政権は安倍政権以上に頑迷で不誠実、道理が通じない政治。日本の最大の不幸。

今日の菅首相の答弁を聞いていて、これが日本の国の首相かと失望する。日本会議の人文・社会の学者6人だけを任命しない。理由も言わない。森ゆうこ議員が99名となっているのは違法で、補充する気はないのかと聞いたが、補充の意志もない。どうしもない。トランプ大統領も好きではないが、こんな答弁はしないだろう。誠意、誠もまるでない。安倍首相と全く同…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立憲 川内議員の質問に6名の欠員の任命を理論的に認めた。ここを端緒に攻めろ!

https://twitter.com/i/status/1323270993532477440 今回の予算会議で菅首相への質問でテレビで全然取り上げられていない議員がいる。それは川内議員の質問である。この話は、東京新聞の望月記者も注目してツイートしている。「XIGPIX」氏のツイートである、以下がそのツイートの動画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

予算委員会の菅首相。みじめな受け答え。たどたど答弁はハチャメチャ。

今日の予算会議を見ていて野党の質問者と菅首相の答弁を見ている、やはり答弁は紙を読んでいるだけで、そのロジックも破綻している。それを見ていると、やはり受け答えは官房長官の時代とまるっきり印象が違う。官房長官時代は強面で、もん切型答弁で「全く当たらない」と一言で堂々と述べていた。また望月記者のように食い下がれば、目で司会者に合図して…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

菅政権の「成長戦略会議」で竹中がベーシックインカムを主張か?これは大変なことになる。

菅首相が成長戦略会議を立ち上げている。このメンバーを見て本当にがっかりした。がっかりしたというか、そら恐ろしいと感じた。なぜかというと、中心メンバーに竹中平蔵がいるからだ。その他に何でお前が、という人物として三浦瑠麗が選ばれた。三浦は徴兵制を導入すべきと主張し、超右翼の人である。さらに元金融アナリストのデービッド・アトキンソンを起用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学術会議法に違反の非任命を裁判に告訴すべきだ。

今日、立憲、自民からの代表質問がなされた。日本学術会議の6人を任命しなかったことを枝野代表が聞いた。菅首相は、推薦者から必ずしも委員を選ぶ必要ないという内閣法制局の解釈を受けたからと問題ない。任命拒否した6名を今後任命することはないとはっきりと明言した。その他の理由にNHKの番組で述べたように、選任者に地方の人が少ない。また若い人がいな…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

菅首相、所信表明で「自助」、「共助」、「公助」強調。任命拒否で「説明出来ない」。

菅首相はまた所信表明で「自助」を真っ先に挙げた。この言葉が好きだとまで言う。個人がこれをいうなら何とも言わない。どうぞやって下さいと。実際、国民の大部分が自助している。しかし、政治の役目は、自助しても自助出来ない人を「公助」するのが仕事である。自助出来なくて生きる気持ちも萎えてくる境遇に、山本太郎が街宣で「自分は生きていていいん…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

菅首相が日本学術会議の非任命の理由を述べたがこれで墓穴を掘る。

人間誰でも嘘をついたことがある。その嘘を苦し紛れに言うと後で辻褄が合わなくなり、言わなければ良かったということがある。私も会社時代に入ったばかりの頃、事務部門から発注事項の不備を注意され、その時苦し紛れの言い訳をした。しかし、それが逆効果で縷々注意された。それ以来、こういうことは素直に謝った方がいいと肝に据えた。 今回の菅首相の学…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

国会での菅首相の答弁が見もの。「全く当たらない」答弁は通じない。ボロが出る。

菅首相の約1か月の言動、行動を見て、非常に語彙のない、べらべら話せることの出来ない人ということが明らかになってきた。そのことの最も印象付けたのが、官邸でのぶら下がりの記者会見で高々30秒程度の話も紙を見て述べたことだった。 官房長官時代は、1日2回の記者会見をよく対応していたように見えるが、基本は首相が決めたことを説明する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菅首相、著書の不都合な言葉を消去。だから公文書改ざんは何とも思っていない。

菅首相は自分が出した本「題名:政治家の覚悟」の中で、「政府があらゆる記録を克明に残すのは当然」と書いた記述を、新版本ではわざわざ「肝の言葉」を削除したというのだ。これを見て、ああやっぱり。またやったかという感想であった。これを野党の誰かがやれば、待ってましたとばかりテレビや自民の中から批判が湧き、嘲笑のネタにされ、大騒ぎになるは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思想、表現への政治権力の介入を受け入れ暗黒時代になるか、民主主義を守るかの分水嶺である。

今日も恵の「ひるおび」を見てしまった。その理由はいつも出て来る田崎もいなく、出演者が全て政府に批判的な人物ばかりであったからだ。コメンテーターには毎日新聞の与良氏、元毎日新聞、現流通大学龍崎教授、ゲストに今話題の学術会議の会員任命拒否にあった早大岡田教授であった。 菅首相は学術会員の任命拒否を「総合的俯瞰的に」決めたと述べたが、早…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

学術会議の任命拒否理由について国会で首相に直接答えてもらうしかない。

政府は以下の記事にあるように、2018年にも任命拒否について内閣府が法制局に法解釈を照会している。「拒否出来る」のいいのか尋ねている。この時期は、正に菅長官が中心になってやっていることになる。今回の話も、それを踏まえてのことであろう。中曽根元首相時代では任命は単なる形式と答えていた。それが喉に刺さった魚の骨のようなものであろう。それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菅首相が6人任命しないことを撤回しないと明言。国民の思想を政府が制限するものだ。

歴代政府の中で史上最大の強権政治となった。これだけは、国民は怒り、絶対に無視していけない。信条、思想が政権側と違うからと言って、政府がとやかく制限するものではない。学術会議の法律が制定されたとき、これを説明した官僚は野党の質問に「単なる儀式」であると説明した。当時の中曽根首相もそのように補足した。 しかし、安倍首相でさえし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

これは酷い。安倍政権でもしなかった言論弾圧が始まった。強権政治の始まり。

政府の方針に異論の学者らを任命しない事態となった。これは大変なことである。菅は官僚の中で政府の方針に従わないものは出て行ってもらうと述べた。それが、学術会議という学問の自由の世界に政権に批判的な学者ということで、首相の任命権を行使して推薦を拒否した。こんなことは、戦後初めてのことだということだ。 加藤官房長官は官邸記者会見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄の翁長元知事に投げつけた発言に菅氏の冷酷、無情の本質が見える。

菅首相の話がいろいろ取り上げられている。苦学生は実は苦学生ではなかった。自慢の政策はふさと納税と述べている。その政策に高額所得者に有利となる政策で、高額な返礼品競争になると批判した担当官僚幹部が左遷させられた。また、公然と政府の方針に反対する官僚は他に行ってもらうと述べた。要するに前述のように逆らう者は左遷ということである。その…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

原発事故は今だに解明されていない。この責任を明らかにするには刑事裁判しかない。

福島県浪江町の馬場有町長が、国を相手取って、いよいよ刑事告発に踏み切る考えを明らかにした。罪状は「業務上過失致死」などを検討しているという。これを受けて、日刊ゲンダイ紙に以下の象徴的なタイトルで記事が書かれている。 菅直人が「お縄」になる日 http://gendai.net/articles/view/syakai/1361…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次々と原発事故の劣悪な裏舞台が、白日の下に明らかになってきた

菅元首相は就任早々、小沢氏を座敷牢に押し込めた。しかし自分も疑惑まみれになり辞職寸前であったが、大震災で命拾いをした。その命拾いで、今度は国民が苦しめられている。特に、与党の経験の全くない素人議員であるオリジナル民主党で重要ポストをたらい回しし、マニュフェストを無視し、頼んでもいない増税、TPPなどをごり押ししている。 この菅元首…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

小沢さん、国民は民主党に愛想を尽かしているのだ。

この菅という首相は、本当に確信犯というか、人をまとめ上げて政治を遂行する実行力はないが、自己保身の能力だけは超一流である。以下の見出しを見てカチンときた。国会の答弁で述べたらしいが、早期解散は自分はするつもりはないが、「国民もないと思っている」と言ったことだ。日頃は、各種世論調査から早く辞めろという声は無視しているのに、解散は国民の声を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菅首相はもう9月以降の継続までに視野入っている。辞めさせるには不信任案しかない。

鳩山はやはり甘い。海江田経産相らに、一斉に辞任して菅首相に退陣を迫るべきだと言っている。海江田氏らが辞任しても、菅首相は辞任しないだろう。菅首相の行動は彼自身の性格で判断すると大間違いになる。菅首相の行動原理は伸子夫人の性格を考えずに判断することは出来ない。自宅に帰れば、自分より政治家らしいと臆面もなく公に話が出てくるぐらいであるから、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more