テーマ:河井夫婦

河井夫婦の諸悪の根源を潰すことが検察の最大仕事である。

河井夫婦は拘留期間がさらに延長され、東京拘置所で厳しい取り調べを受けている。河井夫婦は買収資金は自前の資金から出したと言っていると報道されている。 きっとそう言えと自民党からも言われているのだろう。しかし、検察もバカではない。どんな捜査も会アリバイを一対一で確認する。つまり、自己資金というなら、そのお金の確証を取る。自身の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

河井夫婦の検察による捜査は進み自民の不安が増大。検察はTOPを狙っている。

以下は、直近の各機関の世論調査の数字である。前回30%を切った朝日、毎日は数字を戻した。戻したが不支持は56%で最も多かった。毎日は29%から7%ほど戻した。朝日が31%で最低であった。共同通信は36%台である前回より2%下げている。国会を早々と閉じたが、人の噂も何とやらで国民の怒りを鎮めることを目的としている。 朝日新聞 31%…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

全て起点は安倍首相の責任。河井夫婦の絶頂から拘置所への転落。

今、河井夫婦は東京拘置所の中で、連日証拠を突き付けられながら厳しい取り調べにあっている。河井事務所に振り込まれた1.5億円の内、政党1.2億円が政党交付金であることを中国新聞がスクープした。ネットでは官房機密費ではないかと言われていた。政党助成金なら党本部の帳簿に記録されているだろう。検察は党本部の事務のTOPに事情聴取している…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広島地検が案里秘書に懲役1.6年を求刑。全国の国民が見守っている、日本には正義があることを。

広島地検が自民の案里秘書に懲役1年6か月を求刑した。執行猶予は着いたのかどうか。弁護側は従属的立場ということで罰金刑を要求した。今回の運動員への高額報酬の支払いだけで、これだけ踏み込んで捜査したのは、これまでの例から言えば異例と個人的には思っている。これは明らかに相当広島地検の強い意志を感じる。今回連座制適用対象の「組織的選挙運動管理者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「河井前法相“本格捜査”で安倍政権倒壊の可能性あり

普段、かつて検察官であった郷原氏は、元の古巣の検察について、随分批判している。 郷原氏曰く、「今回だけは、検察にがんばってもらい、最後まで貫徹してほしいと思う」と述べている。 郷原氏が、検察頑張れというのは、今まで聞いたことがない。 これは、以下の動画を見てもらえれば理由はわかる。検察は本気と述べている。その理由は、検察が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今や国民は広島地検の捜査をじっと見ている。そこに日本の正義があることを。

森友事件のとき、大阪地検特捜部は、職員が自殺した程酷い改ざんであったにも関わらず、誰一人起訴せず無罪放免とした。赤木氏の奥さんが赤木氏の遺書も地検特捜部は入手していたことを暴露している。つまり、当時の佐川理財局長が全て指示したと書かれていたのに特捜部は抹殺した。これは当時の山本特捜部長が捜査を終了させた。検察は上意下達である。特…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more