テーマ:北方領土

プーチン大統領と27回も会って何でも言えると豪語していたが、今や会うほど北方領土返還は遠のく。

プーチン大統領と27回も会って何でも言えると豪語していたが、今や会うほど北方領土返還は遠のく。 安倍首相とプーチン大統領とは、27回も会い、安倍首相はウラジミールとファーストネームを言えると豪語していた。北方領土も返還も最初は随分と期待を持たせたが、最近は全くその期待も無くなった。2000数百億円の経済援助だけは取られて、最近は北…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

功を焦る安倍首相の足元を見られてプーチン大統領の焦らし戦術に嵌る。

安倍首相とプーチン大統領の会談は25回も行い、今回も親密ぶりをアッピールするために、記者会見では大統領を「ウラジミール」と呼んだが、大統領からは「安倍首相」とかわされた。 あれだけ、今度こそは何らかの返還の話、平和条約の話が出てくるものと思ったが、具体的な言及は全く無かった。これは、日露が話せるだけの内容が決まらなかったからだ。そ…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

選挙のための成果のための2島返還なら歴史に禍根を残す。

人間、無体な権力をふるうものは、権力に弱いという。まさに、今の安倍首相は、絶対多数の横暴で国内ではやりたい放題だが、権力を誇示するトランプ氏たプーチン氏にはからきし物が言えないと見える。 プーチン大統領とは今まで何回会ったかわからないぐらい会談していて、北方領土返還では全く成果を出していない。返してもらうための呼び水として…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

安倍首相、領土問題で功を焦るあまり、国益を損なうな。

来月のプーチン大統領の来日に向けて、安倍首相がペルーのリマで、プーチン大統領と打ち合わせた。議題は、北方領土の交渉における確認である。通訳はいるが、プーチン大統領と安倍首相の2人だけで話をした。このあと、安倍首相があまり明るい顔をしないで、領土問題を日本が望む方向に進めるには、まだ隔たりがあるような話をした。 ロシアも狡猾…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more