テーマ:生活の党

参議院選挙の全国比例区に出馬する東祥三氏に苦言を呈する。

4月4日に開催された小沢政経フォーラムについて以下の記事を書いた。 『小沢政経フォーラム:孫崎亨氏公演、参院選候補者の決起そろい踏み』 http://31634308.at.webry.info/201304/article_4.html この中で、「7月の参院選挙の候補者が檀上にそろい踏みした。広野議員、森議員、藤原議…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

野党の弱体化が知らぬ間に、いつか来た道に逆戻り。後で悔やんでも後の祭り。

自公は参議院選挙の争点を、TPP、原発、消費税&社会保障から、さかんにそらそうとしている。どれも争点化したら自公にとっては不都合であるからだ。衆議院選においても、原発問題の争点は戦後無いくらいに盛り上がり、争点になるはずであったが、マスコミはほとんど取り上げず争点化出来なかった。 自民、維新は、参議院選挙において、憲法改正を争点…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

平野氏の破綻で、岩手で生活と民主党の選挙協力の芽が出て来たことは良いことだ。

民主党を離党した平野氏は、あまりに人の道を外したというか、主義主張をないがしろにしたので、自民党にもふられ、孤立無援になった。無所属になったことも、自民党の推薦という話も、自民党から何らかの働きがあったからだと思うが、狡猾な自民党に見事に嵌められたとみている。今の自民党を見ていると、実に慎重に党を運営している。TPP参加で地元から反TP…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

国民皆保険が壊れる可能性があるTPP推進政党には、参院選でNOを!

日本の社会保障の中では、国民全員が保険料を払ってさえいれば、大金持ちでも貧乏人でも、病院内で財産の違いによって治療が違うことはない。この制度は、今や空気や水の如く当たり前の制度と思われている。国民が水か空気のように当たり前の如く思っている国民皆保険制度が、安倍首相が表明したTPP参加によって壊されるかもしれない。米国では、医療機関で病気…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

参議院選挙の野党共闘の混沌。民主党の再編がないと、まとまらない。

このブログで、日本維新の話をよく取り上げる。自公の与党に対して、野党共闘のまとまりを阻害しているのが維新であるからだ。生活の小沢代表も当初維新の橋下氏に随分と期待していたが、石原氏と組んで全く変質してしまった。維新の名前は、第二自民党を隠す隠れ蓑となってしまっている。維新を実質的に動かしているのは、旧太陽の老人集団である。その綱領は、選…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小沢政経フォーラム:孫崎亨氏公演、参院選候補者の決起そろい踏み

4月4日は未来の党惨敗後の初めての小沢政経フォーラムであった。会場に着くと、北海道8区から出馬した北出みか氏が受付で忙しく対応していた。またしばらく小沢氏の秘書として角を磨いて、捲土重来を期してもらいたい。 今回のフォーラムの講師は、生活の主張と重なる孫崎亨氏であった。公演タイトルは「東アジアの安全保障“尖閣諸島を含む”」であった…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

ドイツは脱原発でも電力輸出1680億円の黒字。日本は過去の教訓を生かさず逆戻り。日本はお先真っ暗だ。

まだ未来の党の前の「国民の生活が第一」の頃、小沢代表、森ゆうこ議員らが、原発を2022年までに停止する法案を決め、与党、野党、産業界を含めて脱原発を推進しているドイツに見学に行った。そして確信を持って衆議院選挙に臨んだが、惨敗してしまった。惨敗の後、自民党が与党になり、脱原発などは夢であると盛んに宣伝され、マスコミまでが3.11の教訓も…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

維新の化けの皮、平野氏の化けの皮が剥がれた。

維新の石原代表は、参院の選挙の争点は憲法だとマジに話している。維新の綱領も憲法改正を前面に出している。与党である自民党よりも、責任がないのか、あからさまに憲法の改正を訴えている。選挙の争点はTPPであり、原発であり、消費税だろう。 石原氏が国会復帰 「参院選争点は憲法」 http://www.tokyo-np.co.jp/s/a…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

参議院選挙で自公、維新を躍進させない大義の協力が必須である。

自民党は、広島高裁の選挙無効の判決に対して、控訴しなくても済むように、「0増5減」を至上命題にして、参院で否決されても衆院で3分の2の多数で押し切ろうとしている。TPPでは自民党内ではかなりの議員が反対しているが、かつての民主党のように離党騒ぎになるような動きは全く見えない。ここに、自民党が伊達に50年政権を運営してきた訳ではない伝統が…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

日本不在中の1週間の出来事雑感

海外に1週間滞在し、ブログを更新することが出来なかったが、時間の合間にインターネットで日本のニュースを見ていた。この中で大きな動きがあった。まずこの出来事の中で、特に心に残った点を挙げてみたい。 このブログでも再三記事にしたが、一連の衆議院選挙の違憲、無効訴訟の中で、どこかの裁判所では選挙無効との正義の判断をする裁判長があって欲…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

自公政権である限り、日本の自主性は目覚めない。原発をやめるなら生活の党である。

人間の感覚は麻痺する。また、悪を毎日毎日目にし、マスコミも騒がないと、別に大したことはない思ってしまう。マスコミで唯一、原発関係記事を取り上げているのは、東京新聞である。その東京新聞が以下のように驚くべき記事を書いている。福島原発から流れ出たセシュウムが17兆ベクレルだという。天文学的な数字であるが、あまりに淡々と記事が書かれているの…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

小沢代表の広島での選挙活動と、森議員の法務委員会での追及

昨日(20日)、小沢代表が広島で街頭演説を行った。この演説に、みどりの党に移った亀井静香議員が応援演説を行った。 小沢氏「参院選自民圧勝なら日本は暗い」 野党結集に意欲 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130320/stt13032019250002-n1.htm  生…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

TPPを阻止したいのなら、生活の党を躍進させるしかない

今日は、生活の記者会見が行われた。その中で、市民ネットメディアから小沢氏に、TPPについての質問がなされた。TPP参加の支持率が60%とあるがどうか?と質問があった。 小沢氏は、アベノミクスは何とはなしのムードで動いている。小泉内閣のときもそうだが、郵政改革さえやれば国民の生活は良くなると言っていたが、結果として所得はさっぱり上…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

生活の小沢代表はあくまで野党共闘を模索。自民党の公約違反に対抗する小異を捨てた野党勢力の結集が必須。

安倍首相がTPP参加表明において、農産物の聖域は死守すると述べたが、一日後にはもう以下のように、関税引き下げもあり得ると述べ始めた。もう逃げの口上を言い出した。安倍首相は、今が交渉で日本の意見が反映できる最後のチャンスと述べたが、もう手遅れで、そのどツボの中に自ら進んで落ちていくつもりである。 石破氏、農産5品目関税下げも TPP…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

☆「生活の党」政党ポスター掲示希望者募集のご案内!

日本一新の会から以下の情報が出されました。生活の党の政党ポスターを家に張ってもOKの方は是非協力してあげて下さい。我が家も昨年12月には国民の生活第一の小沢さんのポスターから公示直前、嘉田氏の未来の党のポスターに急遽張り替えたことが思い出される。 今回も、我が家の塀に掲げるつもりです。前回は小選挙区には候補者がいなかったが、今回比…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

生活は単独で闘うというなら、勝てる候補者の発掘も必要だ。

生活の小沢代表が、3月7日の大集会で元気な姿を見せ、民主党政権では満足な成果を上げられず、未来の党の惨敗に対して小沢氏自身も責任を感じ謝った。ただ、高々20%程度の得票で自民が議席の過半数を占めた選挙となったことは、小選挙区制の恐ろしさであるが、反面、これはまた政権奪回の可能性をも示すものであると述べ、次期衆議院選挙に捲土重来を期する…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

TPP交渉において、日本が決してわからない我々の命に係わる医薬品の交渉に入るようだ。

昨日もTPPの問題を取り上げたが、ここに来て一気にTPPの怖さが次々と明らかになってきた。明らかになってきたと言ったが、生活の党の議員さん達は、民主党にいた時からずっとその危険性を指摘し反対していた。 さすがに、その怖さに自民党も気がついてきたのか、以下のようにTPPの怖さであるISDS条項を含めて検討会を行ったとある。ISD…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

TPPの実態が大手マスコミではなくネット上で明らかになってきている。

昨日も、TPPのその危険性を書いたが、その実態がマスコミではなく、ネット上で核心を突く真実が明らかになってきた。 今、話題になっているのが、以下ブログ記事である。 瀬戸の風のブログで、『アメリカでリークされたTPP草案 驚愕の内容 画像あり』http://lituum.exblog.jp/20106854/ で草案の一部が…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

初回判決は違憲。16人の中には選挙無効判決を下す裁判長がいるはずである。

昨日は、生活の三宅雪子氏の「三宅雪子を励ます会」で誕生日というよりは、参議院選挙出馬への事実上の決起集会であった。「日々坦々」さんが実況中継をしてくれたのでライブで見させて頂いた。 また板垣 英憲氏のブログで「生活の党の小沢一郎代表が、参院議員選挙勝利を目指して、本格的戦いをhttp://blog.goo.ne.jp/itagak…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

自民党の原発推進を食い止めるのは民主党ではない。もう生活に期待するしかないのだ。

昨年末の衆議院選挙において、自民党は原発政策については、3年間じっくり考えてから方向性を決めていくと述べていた。衆院選挙の結果は原発事故被害を受けた福島、東北地域でも自民党の候補者が当選した。これには何か裏切られた思いがあった。なぜなら、これだけの被害を受けても、原発ゼロと言わない自民党を選ぶなんてあり得ないと思ったからである。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

衆議院選挙無効の判決は本当に出るのか?もし出たら、まだ日本に希望が持てる。

最近、マスコミが盛んに、以下の新聞記事のように、裁判所が選挙選を無効とするかもしれないと報道している。全国で16件の訴訟が出されており、いずれも早期に判決が出されるとしている。 国会に厳しい判断も=昨年衆院選の無効訴訟、6日初判決-東京高裁 http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&k=201303…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

生活は、民主党など当てにしないでやるしかない。

生活の小沢代表がテレビ東京系 『田勢康弘の週刊ニュース新書』の番組で、野党との協力をしないと参議院選挙で自公の絶対安定を許すので、野党第一党の民主党が音頭を取るべきで、そのためには生活は協力を惜しまないとエールを送った。この答えが以下である。 生活との連携は困難 細野氏が野党共闘めぐり http://news.biglob…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

生活・森議員、急遽参議院予算委員会で質問、是非ご覧下さい。

森ゆうこ事務所からのお知らせです。19日には大変するどい質問を行いました。 明日急遽参議院予算委員会の補正予算質疑において、19日に続きまして森ゆうこ参議院議員が質問致します。TVは入りませんが、参議院インターネット参議院審議中継でお時間のご都合のつく方は、ご覧頂ければ幸いです。 森ゆうこ質疑予定日時 2月21日(木)13…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

生活を代表して森ゆうこ議員、参議院予算員会で安倍政権を追求

今日、生活の森ゆうこ議員が参院予算委員会にて質問に立った。 印象に残ったのは、前政権で廃止を閣議決定した独立行政法人農業試験施設のボイラー等の改善費用 201億円を計上しているのに、子育て支援の象徴であった、青山にある子供の城は廃止するとの問題を取り上げて、自公の子供支援に対する貧困性を浮かび上がらせるように追求した。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

2月18日 生活の小沢代表の記者会見、参議院選挙に向けて始動。

小沢代表記者会見冒頭に、小沢代表が新韓国大統領の朴 槿惠(パク・クネ)氏の就任式に招待されたので、出席することにしたと述べた。就任式は2月25日が予定されている。この就任式には当然歴代の民主党元首相は招待されないだろう。また安倍首相には招待状は来ているのだろうか?竹島の記念日制定は自民党公約であったが、先日政府として竹島の日はやらないと…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

民主党の再生は、まずは野田元首相除名と小沢氏への不当な扱いの自己批判から。

今、民主党が衆議院選挙大惨敗を受けてその総括をするため、党執行部が手分けして全国を回って、党員、サポーターの意見を聞いている。その中で、党員から「野田元首相を除名するように」との意見が出されたということである。 「前首相を除名に」…馬淵氏に民主党員ら直言 http://www.yomiuri.co.jp/politics/ne…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

生活の小沢代表が日本政治に危機意識をもって、敢えて民主党の奮起を促す。

今日のテレビ東京で、以下の番組に出演した。サンデー毎日、週刊ポストに続いて、今度はテレビ出演と、露出を意識的に多くしている。未来の党で表に出ないように言われて、最前線から退いたことが悔やまれる。小沢氏はダイレクトに失敗だったとは言わないが、明らかに失敗であった。先頭に立っていたのなら同じ負けたにしても、少なくともこれほどのマイナスイメー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

国民の生活が第一の元幹事長 東氏が、総選挙の総括と今後の戦略について熱く語る。

国民の生活が第一の幹事長であった東氏はどうしたのか、いつも気にかけていた。昨年暮れの総選挙で必ず当選すると見ていたが、本人には失礼ではあるが実力的には月とスッポンの民主党の田中絵美子氏の票にも及ばず落選した。東氏自身はツイッターをやっていないので、生の声が聞こえてこない。そんな中、以下のツイッターで、東氏が総選挙の総括と今後の戦略につい…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

サンデー毎日(2月24日号)の取材を受けた小沢代表に一皮、二皮剥けた気概を感じる。

生活の小沢代表が、2月12日発売のサンデー毎日の取材を受けた内容が、2月24日号に掲載された内容は、小沢氏が控え目に言葉を選びに選んで話している内容とかなり違う印象を持った。日頃、ここまでは露骨には言わない。何かが弾けた印象を持った。 インタビューは大木栄治氏が行っているが、余程うまく小沢氏の内面を引き出したように思う。普段、相手…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

生活の三宅、山岡元衆議院議員、全国区比例代表選に公認・出馬決定!!

今日、生活の小沢代表の定例記者会見があった。昨日、本ブログで、三宅雪子氏のブログ記事「終わったか、終わっていないかhttp://www.miyake-yukiko.com/blog/post-1001.html#comments」を紹介した。ここには三宅氏の強い決意が書かれていると書いた。なぜ、そのように書いたかというと、別に本人から聞…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more