市民団体が今治市に住民訴訟。今治市民の見識が問われてる。

市民団体代表、黒川氏らが加計獣医学部に無償譲渡したのは違法だとして、私有地評価額の37億円近くを学園に返還させる住民訴訟を松山地裁に起こした。この訴訟を起こしたことは勇気ある行為である。彼のツイートを見ていると、自宅に無言電話などが掛かってくるそうである。

彼が学部建物の設計図を入手して、建築専門家に見てもらったら、建築費も通常の2倍ぐらい高いという。また、動物の危険なウイルスなどを扱う実験室は、バイオハザードが起きてしまうようなレベルという。

日刊ゲンダイの記事には、上記の予算より膨らんだ不正の匂いを感じてか、マル暴が入ってきているとも書かれている。

今日、初めて今治市議会で加計学園の幹部を迎え国家戦略特区特別委員会が開催された。今治入りしたのは吉川泰弘・獣医学部長(予定)、柳澤康信・岡山理科大学学長、渡邉良人・事務局長であったが、一般の傍聴はオープンにされていなく、加計当事者からの一方的な報告を行い、逃げるように帰って行った。出口で市民が抗議する中、まるで、沖縄辺野古基地現場のように警察官が加計関係者を守っていた。今治市側から、予め警察に警護を要求していたのだろう。

市民の財産が無償で供与され、その規模は森友学園の一桁大きいことになっている。今治市民は、自分たちの身に降りかかる火の粉を振り払わなければならない。今治市民の見識が問われている。


加計問題、市民団体代表が今治市を提訴
http://www.asahi.com/articles/ASK9631Y0K96PFIB001.html
2017年9月6日
 学校法人加計(かけ)学園(岡山市)が愛媛県今治市に獣医学部を新設する計画で、今治市が市有地を学園に無償譲渡したのは違法だとして、市民団体の共同代表2人が6日、市有地の評価額とされる36億7500万円を学園に返還させることなどを市に求める住民訴訟を、松山地裁に起こした。

日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

" 市民団体が今治市に住民訴訟。今治市民の見識が問われてる。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。