トランプ大統領との会談は、とんで火に入夏の虫状態で、逆お土産を貰ってくる。

安倍首相が、トランプ大統領との会談のために出発した。共産党の志位委員長からは、会談する前から、お土産目録を作ってもって行くと言われてしまった。そのお土産の中には、米国での鉄道インフラなどの投資が含まれているらしい。そのお金に、年金基金から投資するということは、本当の話と思っている。なぜなら、この投資は、別に日本政府が借款するという話ではないからだ。民間企業が、〇兆円規模のお金を出すことなんて出来ない。

安倍首相と麻生大臣が、トランプ氏の私邸で2泊もすれば、安倍首相がWIN、WINの関係を構築するというが、トランプ氏に押し切られて、お土産以上の約束をさせられることは間違いないと思っている。なぜなら、彼には道理が通じないからだ。自分の娘のイバンカ氏のブランド品を取り扱いデパートが扱いを停止したことに、不当だと抗議することなどは、到底大統領が言うべき話ではない。本当に、よくぞ大統領になったものである。

米軍のおもやり予算が足りないと、さんざん言われてびくびくしていたが、マテイス国防長官が予算は適正と言われて、大喜びしている。これが、トランプ氏の交渉の手である。商売において、手一杯叩いて、落としどころは、少し緩めてところで、デイールする。

今回の私的な会談では、安倍首相、麻生大臣は飛んで火に入る夏の虫状態である。会談の中で、トランプ氏から逆お土産をもらって帰ってくると思われる。ただし、そのお土産の中身は絶対に言わないだろうが。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

"トランプ大統領との会談は、とんで火に入夏の虫状態で、逆お土産を貰ってくる。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。