菅政権はレームダックだのに立憲はやる気あるのか?玄葉のような男は出すな!

菅首相は相当焦っている。もうレームダック状態になっている。岸田氏の幹事長交替の争点潰しに、党役員で二階氏を外すと述べた。結果的にこれは菅首相の基盤を一気に弱くしたと見ている。菅首相を今まで支えていたのは、良いも悪いも二階幹事長だった。だから、安倍、麻生も何も文句、不平を言えなかった。そのたがが外れた。党役員をいくら変えても効果がない。なぜなら、菅の顔がある限り、支持は戻らない。人気がないからだ。

今日の報道1930で自民は中谷氏が出演し、立憲の代表は玄葉氏が登場した。街頭インタビューで自民の印象と野党の立憲の印象が紹介された。その中で、立憲の枝野代表について、露出度が少なく、立憲が何をしたいかよくわからないという意見が紹介された。

それを受けてキャスターの松原氏が「枝野代表がなぜ表に出てこないのではないか?」と聞いた。これに対して、玄葉氏は(嘘でも)そんなことはないと反論するかと思えば、「選挙になれば否応なし外に出ないといけないので、今は控えているのでないですか」と述べた。反論するかと思えばすんなり認めてしまった。また、「今はコロナの話題を言ってもいいいが、他の政策を言っても注目されないから言っても仕方がない」というようなことを言った。玄葉氏は、街頭インタビューの印象を自ら認めてしまった。

これを聞いて、全くもってがっかりした。折角、TVに久しぶりに出させてもらって立憲の宣伝の役目を担っていながら、こんな覇気の無い奴を出すなと言いたい。玄葉氏のような発言が立憲の実態としたら、百年掛かっても政権は取れない。これが第一党の議員か?玄葉氏と言えば政権時代、閣僚をやっていた男である。森ゆうこ議員あたりを出した方が余程、良かっただろう。

小沢一郎はもう一度政権を取るまでは引退出来ないと述べている。自分たちの主義主張の政治を行うためには政権を取るしかないとも述べている。その言葉に覇気を感じる。枝野氏も当然政権をとりたいと考えていると思うが、同じ仲間の玄葉氏にそう言わす雰囲気があるのなら反省すべきだろう。これではだめだ。国民はほとほと自公政治にはうんざりしている。千歳一隅のチャンスである。野党共闘の中心の立憲に頑張ってもらうしかないのだ。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。


政治ランキング
←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

"菅政権はレームダックだのに立憲はやる気あるのか?玄葉のような男は出すな!" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。