信濃毎日新聞のTOPニュース:首相「無関心」初動遅れ 自衛隊「政府甘すぎた」


8月29日朝刊に、以下の記事が一面TOPに掲載された。他の新聞には出ていないからスクープと言っていい。その見出しが、新聞社として相当勇気の要る見出しである。アフガン残留の日本人(アフガン関係者)はまだ数百人在留している。テロの爆発でバスが空港まで行きつけず、また戻ったと報道されてからの情報は一切ない。現地の時間はもう30日である。米軍が完全撤退している。

記事の中見出しに「希望者大半を残し事実上終了」と書かれている。政府は完全に後手を踏んだ。自衛隊幹部は、もう少し早く政府が判断していれば間に合ったと述べている。その最大原因がやはり国民の命に超鈍感な菅首相であった。また外務大臣の茂木大臣、岸防衛大臣、現地大使館員も切腹ものである。

詳しくは記事を読んでもらえばいいが、一番問題なのは以下の内容である。
「大使館員がいち早く出国した日本と対照的だったのは韓国だ。いったんカタールに退避した大使館員が再び戻って対応した。バスを確保し、米軍人に同乗してもらい検問を通過、アフガン人職員や家族ら400人の移送に成功した」
「米軍の8月末の撤退期限が近づき、政府内では『事実上終了』との認識が広がる。自衛隊幹部は『もう少し早く自衛隊機を出す判断が出来ていれば状況は変わっていたかもしれない』と話した」

日本政府は、やらなくてよかったオリンピック、パラリンピックは予定通り決行した。それも自分たちの議員資格を守るため。しかし、コロナから国民を守ることはやらず、少し考えればわかるアフガンからの日本人、協力者の待避に失敗した。それが、またしても菅首相の「無関心」と書かれてはどうしようもない。責任を取って即辞任であるが、それが無いのなら政権を替えるしかない。

afuganJapan.jpg


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。


政治ランキング
←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。




毎日新聞世論調査、菅内閣支持率26%、いよいよ政権交代も夢でなくなった。命の選択選挙。


毎日新聞でも、菅内閣の支持率が26%と前回の30%から転落した。もう、ここまで落ちれば、回復は難しい。これで、自民党の3回生以下の議員たちは浮足立っている。総裁選挙では、俄かに岸田氏が有利になっている。ここで、石破氏も色気が出てきたようで、出馬は白紙だと言い出した。石破氏が出れば、岸田票が割れる。菅氏は出てもらいたいだろう。

支持率低下は、菅政権コロナ対策「評価せず」70%で、支持率低下に直結した。コロナウイルス対策を「評価する」と答えた人は14%で、前回評価した人も5%減った。感染の収束が見通せず、政府の対応への不満が内閣支持率低下につながっていることは間違いない。

枝野の代表のツイートで、立憲の世論調査では政権交代も有り得るような言動を初めて見た。立憲だけの選挙区も全てなく、共産などに譲った選挙区もあるらしい。ある程度、棲み分けが出来ているようにも思える。

野党にとって、千歳一隅の機会である。今回の選挙の状況は従来と全く異なる。従来は経済の問題が主であった。しかし、今回は経済は吹っ飛んで、コロナによる命の問題となった。命は、自民、公明、野党、無党派層の主義主張と全く別次元の話である。人類共通の命題となった。命をどの政治に託すか?の選択となった。有権者にとって「命の選択」選挙となった。野党は、このキャッチフレーズを使ってもらいたい。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。


政治ランキング
←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。


菅首相の顔で選挙を行わして、与党を過半数割れに持ち込もう。



昨日の報道1930で、自民の総裁選挙について取り上げられた。二階幹事長、安倍、麻生、石原は菅首相の再選を支持した。その中で、岸田が総裁選に出馬表明した。報道1930の中で、岸田の出馬表明が随分誉められた。その理由は、やっと本物の政治家のように原稿を読まずに、自分の考えを述べたからだという。当たり前のことが誉められる。コメンテーターの堤氏は、政治家の当たり前の行為が褒められるというのは異常で、如何に菅首相の発信力能力がないかを示していることと述べた。

この岸田氏の表明の中で若手を起用するとある。これは、3回生以下の議員が40数%を占める衆議院議員に向けてのアッピールである。若い議員だけでなく、派閥に縁の無い党員、党友には大きな影響を与えると分析した。従って、菅首相の再選はそんな簡単ではないと分析された。

政権交替を望む国民からすると、下手に岸田が総裁になり目先が変わるよりは、菅首相の儘の顔で選挙をやってもらった方が確実に議席を減らしてもらえる。過半数を割るのではないかとの予測も出ている。小選挙区の怖さは、少しの得票率の大きさが、ボロ勝ち、ボロ負けを生む。今までは、少しの得票の多さで自民がボロ勝ちしてきた。しかし、今度の状況は明らかに環境が違う。選挙になるまでとてもコロナ感染は減らない。菅政権の無策に嫌気がさしている。

毎日発表される東京の感染者の陽性率は30%を越している。この数字は、感染者を中心にせいぜい家族内程度の範囲しか調べていないからだ。保健所は濃厚接触者の検査は放棄している。この放棄は、小池知事が暗に認めているからと思っている。なぜなら、パラリンピック、非常事態宣言最中に、感染数が増えてもらっては困るからだ。濃厚接触者の中には感染者がうようよ居ることになる。無症状の感染者は悪意は無いが、人にどんどん感染させる。当分、絶対に減らない。

菅も流石に過半数割れ近くまで行けば、責任を取らなければならない。過半数割れとならなくても、それに近くになれば、与党も独善的に法案を決めることは出来なくなる。野党の意見も聞き入れなければ委員会が動かなくなる。せめてそのような状態にするには、菅の顔の儘、選挙させなければならない。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。


政治ランキング
←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。


自民の調査で過半数割れ。野党は共闘して固めて政権を奪取しなければならない。


自民党の世論調査は、マスコミの世論調査より優れていることはよく知れた話である。

次の衆議院選挙で60議席減でまさかの過半数割れは、全くの見込み違いではない。

横浜市長選挙では、菅首相の選挙区も含まれている。その首相がかなりハッパを掛けたにも関わらず、自身の選挙区で山中氏に負けている。あり得ない話である。唯一、市長選挙区で自民が勝ったのは小此木氏の選挙区だけである。

これが、今まで自民の牙城の選挙区の話である。60議席減が全く嘘ではない。小沢一郎議員は、小選挙区は少しの支持率の変化で、得票数が1票差でも、1か0となるので、政権交代が起き易い方式と述べている。

今回、横浜で立憲の山中氏が勝ったのは、共産が動いたのが大きい。立憲の議員はそこをよく肝に入れておいた方がいい。小異を捨てて団結すべきある。国民はそれを希求している。




自民党に衝撃の調査結果! 衆院選「60議席減」でまさかの過半数割れ

 自民党議員に激震が走っている。自民党が21、22日の2日間にわたって実施したとされる「選挙情勢調査」の結果が、衝撃的だったからだ。なんと、いま衆院選が行われたら、自民党は現有276議席から50議席以上減らし、単独過半数(233議席)を大きく割り込むという。

「自民党が行ったとされる調査結果は、週明け、一斉に流布され、皆、衝撃を受けています。流れている数字は、いくつかあります。自民党は現有議席から60議席減らすという数字のほか、マイナス40~60というもの、さらに220議席になるという話もあります。とくに、東京、大阪、愛知は、かなり議席を減らしそうだといいます。いずれにしろ、次の総選挙で自民党が現有276議席から50議席前後減らし、過半数の233を下回るのは避けられそうにない、ということです。ナマの数字は、もっと悪いのではないか、という推測も流れています」(政界関係者)



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。


政治ランキング
←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

旭川の中2女子生徒のいじめ死亡に思う。関係者は罪を償わなければならない。


今日、旭川の中2のいじめについて、家族が被害者の顔、名前を明かして、正式に教育委員会、学校を訴えた。なぜ、この話題を敢えて取り上げたのは、子供を持つ身として、絶対に許せない話だからである。「いじめ」を通り越して、犯罪行為だからだ。

あまりに悲惨で、言葉に出してもおぞましい事件だ。これは教育委員会、学校の指導もさることながら、いじめに加わった加害者は少年院に入って罪の償いを行うべきものである。教育委員会、学校も、相談行ったにも関わらず止めることが出来なかった罪は極めて大きい。被害者を守らず、加害者を守ったことになる。

 事件の内容は余りに悲惨であまり書きたくはないが、家族が本人の名前、写真まで公開したからには、以下の文献を敢えて引用することにより、如何に悲惨ないじめであったかを知らしめたいと思う。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から
当該女子中学生は2019年4月に北海道旭川市の〇〇中学校に入学して間もなく、学校の近くの公園で知り合った2学年上の同じ中学校の女子を含む中学生男女らにいじめられるようになった[1]。その中の他校の男子中学生に「裸の動画送って」「写真でもいい」「お願いお願い」といったLINEメッセージによる脅迫に被害者は恐怖を感じて自身のわいせつ画像を当該男子に送り、その画像が中学生のLINEグループなどに拡散され後日呼び出されて自慰行為を強要されるなどいじめが激化した。その後、被害者はいじめグループ10人近くに囲まれ、2019年6月22日にウッペツ川へ飛び込み自殺未遂をする事件を起こし、警察が出動した。
警察は被害者のLINEを確認。残っていたトークや画像からいじめがあったことを認識し、旭川中央警察署少年課が捜査を開始した。いじめグループは、自身のスマートフォンを初期化するなどして証拠隠滅を図ったが警察は復元し、わいせつ画像やわいせつ動画の証拠を入手。児童ポルノ禁止法違反(製造)で当時14歳未満だった他校の男子中学生の一人を触法少年扱いで厳重注意処分、その他のいじめグループメンバーを強要罪の疑い
べたが、証拠不十分で厳重注意処分とした。被害者は2019年9月に引っ越したもののいじめによるPTSDを発症しており、2021年2月に失踪する直前まで入院や通院をしながら自宅で隠遁生活を送っていた。
2021年2月13日、被害者は氷点下17度の夜に突然家を飛び出して行方不明になり、警察による公開捜査が行われたものの、3月23日に公園で凍死した状態で発見された。検死により、低体温症によって失踪当日に死亡した可能性が高いことが判明している。


自分の子供、自分自身に降りかかったら、どう思うだろうか?単なるいじめではない。常識を逸した行為である。もし、自分の子供にこんなことをされたら、そこの家に出向いて怒鳴り込むだろう。また徹底的に教育委員会の責任者、学校の担任、責任者に罪を償ってもらう。



尾木直樹氏、旭川の中2女子生徒の死亡で学校、教育委員会の対応に憤慨…「隠蔽と事なかれ主義の塊」
https://www.msn.com/ja-jp/news/national/%E5%B0%BE%E6%9C%A8%E7%9B%B4%E6%A8%B9%E6%B0%8F-%E6%97%AD%E5%B7%9D%E3%81%AE%E4%B8%AD%EF%BC%92%E5%A5%B3%E5%AD%90%E7%94%9F%E5%BE%92%E3%81%AE%E6%AD%BB%E4%BA%A1%E3%81%A7%E5%AD%A6%E6%A0%A1-%E6%95%99%E8%82%B2%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A%E3%81%AE%E5%AF%BE%E5%BF%9C%E3%81%AB%E6%86%A4%E6%85%A8-%E9%9A%A0%E8%94%BD%E3%81%A8%E4%BA%8B%E3%81%AA%E3%81%8B%E3%82%8C%E4%B8%BB%E7%BE%A9%E3%81%AE%E5%A1%8A/ar-AANtCFP?ocid=msedgntp

教育評論家の尾木直樹氏が19日、コメンテーターを務めるフジテレビ系「めざまし8」(月~金曜・午前8時)にスタジオ生出演した。
 番組では、北海道旭川市で3月、中学2年の女子生徒(当時14)が凍死しているのが見つかり、背景にいじめがあったとされる問題で、母親の代理人弁護士が18日、同市内で記者会見を開き、母親の手記を公開したことを報じた。
 手記の中で母親は、再三、いじめの疑いを学校に相談したにもかかわらず、否定され続けた経緯を記し、「市教委は誰からも相談はなかったと主張している。いじめをもみ消そうとしているようにさえ見える」と批判している。
 尾木氏は今回の事件に「ありえないこと。僕も35年ぐらい、いじめ問題関わってきましたけど、これだけひどい教育委員会、担任の先生、教頭先生の対応は珍しいです。憤っちゃいますけども、学校の教師の役割、全然果たしてない」と断じた。
 さらにいじめについて法律整備がなされ対応のマニュアルもあることを解説し「それを一切、無視している。ひと言でいうと隠蔽と事なかれ主義の塊みたいなよくない側面が圧縮されたように出てきていて」とし「教育委員会も教育委員会の資格がないようなひどい法律違反、条例違反…違反だらけで、どうなっているんかなと思います」と指摘していた。



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。


政治ランキング
←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。


東京は破局的な医療崩壊。タダでも犬死して行く中、まだ子供を巻き添えにしようとしている。

東京のコロナ感染者はもう悲劇的である。金曜日は5773人を超えた。この時の検査数は16746人
で、陽性率は34.3%であった。陽性率が30数%、3人に一人が感染しているなんてありない。圧倒的に検査数が少ないということだ。要するに検査数を絞っていることになる。大きく見せたくない心理が働いている。私は小池の性格から、検査数を抑えろという指示が出ていると思っている。それほど小池は信用していない。陽性率を普段の20%台ぐらいの検査数にするには20000万人以上の検査数にしなければならない。出来るはずである。なぜならオリンピック村人口の数を毎日検査していたのだから。それだ検査すれば、7000、8000人の感染となる。これになることを隠している。

このコロナ感染に対して何も政策を打っていない。検査数を増やした訳でもなく、ホテル療養を増やした訳でもない。ただ、自宅療養という医療放棄を見ているだけである。

先日は30代の自宅待機者がコロナで病院にも行けず死亡した。そのことを小池が説明していたが、単に状況を説明しただけで、そこには死亡させてしまった自責の「じ」の字もない。

以前から、小池知事ほど嫌な政治家はいない。一見慇懃丁寧な言い方をすることをするが、心は自己中心的としか映らない。希望の党を小池氏が作り、前原氏が民進党を合流させたときは、これで何か新しい日本の政治が始まるかもしれないと思っていたら、枝野らの議員を「排除」しますと述べたとき、これはとんでもない女と思った。この動きで、日本の野党の力は3年以上削がれたと思っている。

その小池知事は、帰省は控えて、ステイホームと言いながら、パラリンピックでで「子供たちに」に見せたいと述べている。子供たちを電車など、バスなどに乗せて見せたいという。こんな矛盾した言葉を発すること自体、如何にも小池らしい。東京のコロナ感染者に対して、野戦病院のような施設を設置すべきなのに、そんなことをせず、なお子供を犠牲にしようとしている。それは小池を選んだ都民の自業自得と言ってしまえばそれまでだが、都民もこんな無責任な女と思わなかっただろう。


小池知事 パラリンピック「子どもたちに見せたい」 感染状況で判断 
https://www.tokyo-np.co.jp/article/123980
小池百合子知事
 東京都の小池百合子知事は 8月24日に開幕予定のパラリンピックでの新型コロナウイルス対策について「パラリンピックもこれまでの経験を生かし、改善を加え、安全安心の大会にしていきたい」と述べた。
 パラリンピックで東京パラリンピックの観戦機会を児童や生徒に提供する「学校連携観戦プログラム」を行うかどうかについて、小池氏は「パラリンピックの競技は見ると本当に感動する。誰だって子どもたちに見せてあげたいと思う」と強調。その上で「新型コロナウイルスの感染状況と学校現場の意見を踏まえながらの判断になる。コロナの状況は拡大というところで、対策に全力を挙げたい」との考えを示した。



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。


政治ランキング
←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

オリンピックメダル史上最大。内閣支持率過去最低。コロナ対策の大失政と選手の努力とは別であった。


昨日のブログで、「(残念だが)オリンピック後の支持率は上がる」だろうと書いた。オリンピック後の初めての世論調査が朝日新聞から出た。この数字を見て日本国民の民度を評価したい。オリンピックの選手の成果と政治の成果の評価は違うということを示した。オリンピックでメダルの数は史上最大であったが、政治の評価は最低であったということを示した。

コロナは東京都の感染専門委員からは、このままの感染拡大が続くと8/18には1万人を超えると述べている。当然小池知事も菅首相も聞いている。

政府、東京都も8/24からパラリンピックを続ける意向である。国民の心理はお祭り騒ぎのままである。感染者の大部分は20、30才台でお祭り騒ぎの雰囲気で自粛なんかしていない。飲み歩いている。

祭りをやっていて、自粛しろと言ったって、どだい無理というもの。政府は中止するというメッセージを出さない限り、2万、3万人も本当の数字になる。これは政府、東京都の責任である。小池知事がオリンピックがあったのでホームステイ、人流抑制に繋がったと強弁している。なら、なぜ大爆発したかの説得性ある原因を述べるべきである。国民はそんな詭弁にハイそうですかと納得しない。


内閣支持率28% 発足後最低を更新 朝日新聞世論調
https://www.asahi.com/articles/DA3S15004245.html

20210808世論調査.jpg

 朝日新聞社は7、8日に全国世論調査(電話)を実施した。菅内閣の支持率は28%と昨年9月の発足以降、初めて3割を切った。不支持率は53%。東京五輪開幕直前の7月調査の支持31%、不支持49%からいずれも悪化した。五輪開催は「よかった」が56%、「よくなかった」は32%だった。
• 朝日新聞世論調査―質問と回答〈8月7、8日実施〉
 政府・与党には、五輪による政権浮揚への期待があったが、思うようには表れていない。開催が「よかった」という人でみると、内閣支持が41%と全体で見た場合より高く、一定の押し上げ効果があるものの、それでも限定的だ。
 第2次安倍政権(2012~20年)では昨年5月に記録した内閣支持率29%が最低だった。
 菅義偉首相が言ってきた「安全、安心の大会」が「できた」は32%と少なく、「できなかった」が54%と多い。7月調査で見通しを聞いた際には「できる」21%、「できない」68%だった。
 内閣への見方が厳しいのは、新型コロナウイルスをめぐる評価の低さが響いている。政府対応を「評価する」という割合は、菅内閣としては5月と並んで最低の23%に落ち込んだ。「評価しない」人では、不支持率が70%に上る。
衆院選比例区の投票先、自民・立憲は…
 菅首相のコロナへの取り組み姿勢は「信頼できない」が66%に達した。ワクチンを国民に行き渡らせる政府の取り組みも「遅い」が73%で、「順調だ」は20%と少ない。
 9月末に自民党総裁の任期満了を迎える菅首相に、総裁に再選して首相を続けてほしいか尋ねた。「続けてほしくない」が60%と、「続けてほしい」(25%)を大きく上回った。自民支持層では「続けてほしい」44%と、「続けてほしくない」42%に割れた。
 政党支持率は自民が32%、「仮に今、投票するとしたら」として聞いた衆院選比例区投票先としての自民は35%で、ともに5月以降横ばいが続いている。一方、立憲民主は支持率6%、投票先15%といずれも勢いが見られない。
 秋までにある衆院選での与野党の議席について聞くと、「今とあまり変わらないままがよい」が34%。「野党が増やした方がよい」37%、「与党が増やした方がよい」15%だった。

倉持院長、もう病院は戦時。政権を交代しない限りコロナ感染地獄は変わらない。


オリンピックも今日で終わる。菅首相、自民党もオリンピックが終われば、政権支持率も上がると見て強行に実行した。

 東京の8日の新型コロナウイルスの感染者は4066人であった。5日連続で4千人を超えた。前週の同じ日曜日と比べて1008人増えた。人工呼吸器か、体外式膜型人工肺(ECMO)を使用とする都基準の重症者数の増加が続き、前日より1人多い151人となっている。また、新たに1人の死亡が確認された。

東京都の感染専門委員会はこのままの伸び率で行けば4/18には1万人を超えると予測している。今の状況は予測より大きい比率で増大している。インターパーク倉持呼吸器内科の倉持院長はもう平時の診療でなく、戦時と述べている。もう危機的状態と言っている。倉持先生は、この感染の無策に対して、菅首相、小池知事に対して、Nスタの番組で「早くお辞めになった方がいい」と衝撃の発言をした。これに国民は万来の拍手を送る。


倉持院長が必死の訴え! 感染者急増に「戦時」「相当終わりかけている」「我慢してください」
https://www.msn.com/ja-jp/news/opinion/%E5%80%89%E6%8C%81%E9%99%A2%E9%95%B7%E3%81%8C%E5%BF%85%E6%AD%BB%E3%81%AE%E8%A8%B4%E3%81%88-%E6%84%9F%E6%9F%93%E8%80%85%E6%80%A5%E5%A2%97%E3%81%AB-%E6%88%A6%E6%99%82-%E7%9B%B8%E5%BD%93%E7%B5%82%E3%82%8F%E3%82%8A%E3%81%8B%E3%81%91%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B-%E6%88%91%E6%85%A2%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%8F%E3%81%A0%E3%81%95%E3%81%84/ar-AAN38SZ?ocid=msedgntp

 多くのテレビに出演している「インターパーク倉持呼吸器内科」(宇都宮市)の倉持仁院長(49)が7日、ツイッターに投稿。全国で新型コロナウイルスの感染者が急増している状況を「戦時」と評し、危機の中の危機だと訴えた。
 倉持医師は「こんな状況でオリンピックばかりが流れているのは戦争している国からどこか他の国を見ている様。もうできることはないし目の前の患者さんたちを救うことしかできない。今は緊急事態宣言を一斉に出さなきゃいけない状況です」と投稿。「何人の方が犠牲になれば気付くのか?1週間後が怖い」と続けて、死者や感染者はますます増加することを示唆した。
 さらに訴えは続く。「明日からは気持ちを入れ替え、戦時の体制でいきます。ご不便をおかけすることと思いますが、相当逼迫し相当終わりかけている事を是非ご理解ください」と危機的状況であることを繰り返す。最後は「今は家族を守るため兎に角どこにも出かけず、誰とも会わず、この波がすぎるまで我慢してください。本当によろしくお願いいたします」と全国民に要望した。


そろそろ世論調査の数字が出て来ると思うが、支持率はオリンピックの浮かれによって(残念ながら)上がるだろう。しかし、オリンピックも終わり、世の中が静かになったら、コロナ感染の重大さに国民も政府の無策に怒りを沸騰させるに違いない。IOCはオリンピックの実行に菅と小池に功労章を贈るという。コロナ感染拡大の原因を作った張本人に功労章とは片腹痛い。政府はまだパラオリンピックを続けると言っている。このまま行けば、全国で2~3万人の感染者が出て来る。政権を交代しない限りコロナ感染地獄は変わらない。総選挙において、自公に下野してもらわなければならない。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。


政治ランキング
←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。


オリンピックを強行するために、国民の命を犠牲にする狂気の施策を発表

オリンピックのため、東京で病院に行けない自宅待機者はもう1万4千人を超えた。菅首相は唐突に中等症レベルの感染者は自宅療養にすると言い出した。これは明らかに、この原因を作った共犯者の小池知事の泣きつきが発端と思っている。もうどうしようもないと泣きついたのだろう。

中等症は酸素マスクが必要レベルである。中等症から重症をどう判断するか、自宅で家族が判断出来るはずがない。況や感染に罹ってヒイヒイ言っている本人が判断出来るはずがない。

今日のNスタで倉持先生がこの政府方針について、国、都が治療を諦めたことを意味して、はっきりと「お辞めになった方がいい」と述べた。

https://twitter.com/i/status/1422479791819681797

埼玉の大野知事は、中等症から重症をどう判断するかの基準を出すのが国の仕事だと述べた。心は、国は言うのは簡単だが、全ての責任は自治体、医師等に任されており、簡単な話ではないと述べた。

大阪の吉村知事は、今までの通りに行うと述べた。

東京だけが小池は政府の方針に則り行う述べたことが、東京の現状が一番厳しいからである。ツイートを見ると、皆保険制度の崩壊であり、保険料を返せと述べている。これは命を犠牲にする菅政権の最悪の失政である。



菅首相「重症リスクの高い人以外は自宅療養」 政府、病床不足で方針転換 
https://www.tokyo-np.co.jp/article/121333
政府は2日、新型コロナウイルス感染症の医療提供体制に関する閣僚会議を首相官邸で開き、入院対象を重症者らに限定する方針を決めた。肺炎などの症状がある中等症のうち重症化リスクが低い人は自宅療養とし、家庭内感染の恐れや自宅療養が困難な場合は、ホテルなどの宿泊療養も可能とする。デルタ株の広がりで新規感染者が1万人を超える日もあり、病床不足への懸念が強まっているため、事実上の方針転換となる。
【関連記事】小池知事「基本的に入院は中等症以上」東京の自宅療養1万人超、理解求める
 これまでは軽症や無症状が自宅または宿泊療養、中等症以上が原則入院だった。入院要件をより厳格にすることで、限られた病床を効率的に使うのが目的だが、自宅療養者が増えれば容体の急変時に迅速に対応できない恐れがあり、健康観察態勢の整備が急務となる。
 新たな方針は感染が急拡大している地域が対象。国は近く全都道府県に通知を出し、各自治体が判断する。
 菅義偉首相は閣僚会議で「重症患者や重症リスクの高い方以外は自宅での療養を基本とし、症状が悪くなれば入院できる体制を整備する」と表明した。重症化を防ぐ効果がある新治療薬の抗体カクテル療法について「50代以上や基礎疾患のある方に積極的に投与し、在宅患者も含めた取り組みを進める」とも述べた。入院していなくても治療に使えるよう検討する。
 また健康観察強化のため、自宅療養する人の血中酸素濃度を測るパルスオキシメーターの配布や、往診する医師の診療報酬を手厚くする。自宅や宿泊療養者の容体急変に備え、医療機関に空きベッドも確保しておく。(共同)




日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。


政治ランキング
←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。