安倍首相の強弁と嘘。国民との気持ちの乖離。支持率下落。

最近、安倍内閣のやることが全て国民の望むことからズレてきている。

その最たるコロナ対策の売りの緊急施策がアベノマスクである。予算が466億円も当初の2倍も膨らんでいる。安倍首相が付けているマスクである。マスク面積が小さい。安倍の顎が見えている。このマスクをどれだけの人が外出時に使うのだろうか?私は恥ずかしくて付ける気はない。まったくありがたくない。

読売新聞の世論調査でもマスクを「評価しない」が73%である。NHKの調査でも71%が「評価しない」である。安全にアウトであるが、今日の国会で安倍首相は「マスク需要に対応する上で非常に有効。理にかなった方策と考えている」と述べた。これは単なる強弁である。

先日の星野源とのコラボ動画も国民の受けを狙ったパフォーマンスであったはずが、全く逆効果になった。これも本人が少し考えれば反発を招くことがわかるはずがやってしまう。もう世間の常識の感覚と乖離しまっている。もう、国民の思いと擦れ捲くっている。

ドイツのメルケル首相は、今回のコロナウイルス感染による休業補償として「予算は青天井だ」と宣言したそうだ。報道1730の番組で、ドイツ在住のピアノ演奏者の日本女性の話が紹介された。ピアノの仕事が無くなり、簡単にネットで確証などの書類も要求されず申請した結果。2日後に60万円が銀行に振り込まれていたという。その後、メールで申請受理とお金を振り込んだという知らせがきたという。彼女はドイツに住む外国人である。なんという違いである。これがドイツの現状である。

安倍首相は、「日本は世界で最も手厚い休業補償をしている」と記者会見をしている。もう安倍は空気を吸うように「ウソ」を平気で言う。こんな嘘つきは日本に要らない。内閣支持率も40%を切り38~39%になった。自民党支持者も見放している。もう一段下落するだろう。そうすれば、自民の議員もそろそろ動揺し動き出す。日本が亡びる前に退場させなければならない。

小沢事務所.jpg

安倍首相「日本は世界で最も手厚い休業補償」 緊急時のウソは本当にやめてください
https://news.yahoo.co.jp/byline/fujitatakanori/20200414-00173263/
藤田孝典 | NPO法人ほっとプラス理事 聖学院大学心理福祉学部客員准教授4/14(火)
安倍首相「休業に対して補償を行っている国は世界に例がなく、わが国の支援は世界で最も手厚い」というウソ
4月13日、安倍首相は日本の休業補償の充実ぶり、支援の手厚さが世界で一番であることを述べたそうだ。「さまざまな支援を用意したが、補正予算案の成立を急ぐことで準備を加速させたい。休業に対して補償を行っている国は世界に例がなく、わが国の支援は世界で最も手厚い」と強調しました。



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。


政治ランキング
←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。