弱者に厳しく、大企業には大盤振る舞い。もう裸の王様状態。



安倍がコロナの被害補償に30万円を支給するという。しかし、支給してもらうために申請をしなければならないという。これまたややこしい。コロナで被害を受けた確証が必要ということだ。線引きはどこでするというのだ。全く基準は示されていない。

この中には、ナイトクラブ、キャバクラ、風俗は入らない可能性が高い。シングルマザーで風俗に働いている女性はダメの可能性が高い。新聞にはそもそもこういう女性が申告すること自体が憚れるという。

このような弱者には厳しいが、相変わらず強者にはやさしい。大企業に1千億円出資し、全体の総額は4千億円という。明日の食い扶持にも困っている人には厳しく、内部留保をがっぽりもっている企業には手厚く保護する。これが自民党のDNAである。

弱者は声を上げなければならない。弱者が声を上げない。その受け皿になりたいのがれいわの山本太郎である。昔は労働者の味方の連合がその役を担っていたが、もはや連合の幹部は労働貴族となったと思っている。もう労働組合自体が労働者の組織ではなくなった。会社とべったりである。

マスク2枚でもう安心という安倍にはもう人心の気持ちなどわからない。それを誰も忠告する人はいない。もう裸の王様になっている。


政府、大企業に1千億円出資案 全体の投融資総額は4千億円
https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020040201002142.html
2020年4月2日 23時04分

 新型コロナウイルスの感染拡大で影響を受けた大企業の財務基盤を強化するため、政府が日本政策投資銀行の「特定投資業務」を活用して1千億円程度を出資する案を検討していることが2日、分かった。政投銀などの資金も合わせた全体の投融資の規模は、総額4千億円程度になる見通し。
 対象は限定せず全産業を想定。大きな打撃を受けている航空会社のほか、自動車や船舶業界も出資の対象となる可能性がある。1社当たり数十億円から数百億円の規模で、優先株での出資を検討している。
(共同)

日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。


政治ランキング
←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。