外交の安倍は嘘。成果は惨憺たるもの。


ロシアのプーチン大統領もかなりアコギなことをやると思っていたが、アメリカ合衆国のトランプ大統領もアコギなことをイランにやっている。オバマ大統領時代にヨーロッパを含めて決めたイランの核合意を、オバマが嫌いという理由で一方的に破棄して、さらに経済制裁を続けている。さらに安倍首相がイランを訪問していた時期に日本のタンカーが何者かに爆破されたが、アメリカがすかさずイランの仕業だと公表した。あまりの手際よさに逆にアメリカの仕業が疑われる。

今日、アメリカはイランの最高指導者ハメネイ師の資産凍結をやるという。イランの国民にとって宗教指導者でもあるハメネイ師をターゲットにすることは、最大の侮辱と捉えるだろう。このイランに安倍首相がノコノコと出かけ、トランプ大統領の親書を持っていったが受け取りもされずコケにされた。一体、何をしに行ったかわけがわからない。外交の安倍と言っているが、全く成果を上げていない。

立憲の枝野代表にも 「外交についてもやってるフリばかり。プーチン大統領からは北方四島について一部といえども返還する意思はない旨、発信された。安倍政権は“わが国固有の領土”という表明をしなくなった。 最大限の圧力から180度の方針転換したものの、北朝鮮からは事実上無視されている有様だ」と安倍首相不信任案の発言の中で述べた。
衆議院解散する、するの脅しをかけていたが、結局解散は出来なかった。「しなかった」と書かないで、「出来なかった」と書いたのは、安倍首相はずっと解散の機会を狙っていたからだ。しかし、それは出来なかった。その大きな理由は、年金問題で支持率が下がったからだ。参院選挙の結果が待たれる。当選数は確実に低下することを予測と期待する。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。

人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

この記事へのコメント

2019年06月26日 09:02
今度は私が向き合う番だ・・・茶番だ。
(トホホ)

この記事へのトラックバック