JOC竹田会長、仏当局に「黒塗り」報告書提出。政府の流儀に毒されている。

このブログで、JOC竹田会長はいずれ逮捕されるだろうと書いた。この感想はだんだん確信になってきた。

日刊ゲンダイ紙のスクープである。仏当局から要求され、提出した報告書の書類が黒塗りされているものがあったという。これには、仏当局はビックリ仰天し、怒りが沸騰したはずである。黒塗りは政府が公式に認めた悪慣例で、これを日本でやっても問題ないとなったものだ。公明正大なら何も黒塗りにすることはない。都合が悪い、何か悪事を働いているから黒塗りする。これが世界の常識である。黒塗りは日本だけの常識である。

仏当局は世界の常識から「黒塗り」書類を見て限りなく、「黒」と思ったことは間違いない。世界の常識を踏まえて、正直に報告しておけば、竹田氏への追及は無かったかもしれない。わざわざ、私は罪を犯していますと提出したようなものである。日本の政治のドロドロ感覚に麻痺した結果である。日本の常識に麻痺してしまった。

しかし、「黒塗り」の件も竹田氏自身が直接指示した訳ではなく、周りのお付きの官僚、関係者などが作成したのだろう。自業自得というしかない。日本の常識は世界には通用しない。


竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/250384/2
公開日:2019/03/24 06:00 更新日:2019/03/24 06:00

 6月の任期満了で退任が決まった日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長(71)。今後の注目は、仏当局により本格捜査が行われている2億2000万円のワイロ疑惑の行方だ。予審判事が竹田会長を正式な裁判にかけるのかどうかが焦点なのだが、捜査に関して興味深い記事があった。竹田会長サイドが判事による事情聴取に際して、ナント「黒塗り」の報告書を提出していたというのだ。




日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。

人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

この記事へのコメント

2019年03月24日 20:30
「黒塗り」書類を見て限りなく、「黒」と・・・
---
座布団10枚!

この記事へのトラックバック