かっちの言い分

アクセスカウンタ

zoom RSS 立憲の枝野代表、沖縄県民投票5市長に損害賠償提訴を発言。

<<   作成日時 : 2019/01/19 21:08   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 39 / トラックバック 2 / コメント 0



東京新聞の望月記者は、菅官房長官の記者会見で、露骨に嫌な顔されながら菅氏に果敢に質問する。今日も、沖縄の県民投票を拒否する5市に抗議するためハンストをした元山氏について菅氏の見解を求めたとき、菅氏は例によってワンフレーズで短く、「その方に聞け」と述べた。元山氏もこの話を聞いて本当に悔しいと述べている。

菅氏が望月記者の質問に誠実に答えたことを聞いたことがない。毎回はぐらかす。元山氏の抗議に対して政府はどう思うのか?と聞いているのに真逆にはぐらかす。菅氏は「政府の気持ち」を元山氏に聞けばいいという。馬鹿かと言いたい。日本が韓国発言に抗議しているが、菅氏の発言は韓国どころではない失礼千万の言い草である。

今回の5市の投票拒否は官邸が裏で動いているとされている。今の安倍氏の今までの行動から見ると如何にもやりそうなことと思っている。この状態にやっというか、立憲の枝野代表が、五市の首長や議員に損害賠償を請求するべきと述べた。五市の行為を許せば、市町村が憲法改正の投票をさせないことを認めることになると述べた。正論である。他の野党も同調し、その5市の住民が損害請求をすべきなのだ。

枝野氏 沖縄の県民投票「不参加なら首長提訴を」 番組収録で
https://mainichi.jp/articles/20190118/k00/00m/010/274000c
毎日新聞2019年1月18日
 立憲民主党の枝野幸男代表は18日のBS朝日の番組収録で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設の賛否を問う県民投票に関し、不参加を表明した自治体を批判した。枝野氏は「拒否した首長や、議会で反対した議員に賠償請求ができるのではないか。権利を不合理に奪われている県民は訴訟を起こしたらいい。損害賠償を払わせるべきだ」と語った。

 また、不参加を表明した5市の議会では保守系勢力が強いことを念頭に、「全県でやると県議会で決め、予算は県が補充するのにやらないということは、憲法改正の国民投票を自治体が拒否することも認めるのか」と指摘した。【遠藤修平】




日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。

人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 39
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
国民的問題が浮上している・単身高齢者が増え続け身元保証人がいないため医療機関や介護施設に入所出来ない
 国民的問題が浮上している・単身高齢者が増え続け身元保証人がいないため医療機関や介護施設に入所出来ないのだ、救済するため公的支援制度の設置が望まれている、身寄りがないため身元保証人を確保できず、医療機関や介護施設に入院・入所できない恐れがある人に、身元保証を代行する民間サービスが広がっている。単身高齢者の増加でニーズが高まり、国の調査では100事業者ほどが参入しているという。一方、有料のため利用できない低所得者もおり、識者には公的な支援制度を設けて官民で救済するよう求める声もある、に関連す... ...続きを見る
国民の生活が第一は人づくりにあり
2019/01/20 15:21
資本の関係で反対が難しくても日本国民は日産ルノーの統合に反対するだろう
 資本の関係で反対が難しくても日本国民はフランス人経営者を信用できないと考え日産ルノーの統合に反対するだろう、日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告の失脚に関連し、フランス政府が自国の自動車大手ルノーと日産の経営統合を日本政府に要求したことが20日分かった。フランス政府はルノーの筆頭株主で、自国経済のため統合を求めてきた。日産はゴーン被告の不正を暴露することで阻止してきたが、フランス政府は、より圧力を強めた形だ、に関連する最新のWeb情報を引用すると、 ...続きを見る
国民の生活が第一は人づくりにあり
2019/01/20 15:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
立憲の枝野代表、沖縄県民投票5市長に損害賠償提訴を発言。 かっちの言い分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる