与党安倍 vs. 野党石破の様相帯びてきた自民総裁選挙。



このブログで、これほど自民党の総裁選挙の話を書くことは稀である。自民内の内輪闘争ではあるが、なぜ、こういう気持ちにさせるのは、勝者が日本の首相になるからだ。それにもう一つ、まるで与党安倍と野党石破という感覚に陥る。絶対多数の安倍氏に、少数の石破氏が挑む状況が似ている。それにも増して、同じ自民石破氏がまるで野党のように真っ当と自然と見えてきてしまう。政治というものは、絶対的正解は無い。両者がよりベターな政治をするかということである。

安倍氏は、この演説でも口癖のように「丁寧」に説明すると使った。安倍氏の「丁寧」は別の意味を持って使っている。丁寧というときは、必ず疑惑を突き付けられて、「嘘」を言うときである。それに対して、石破氏は、一時期封印した「公平」、「誠実」という言葉で対抗した。また、自民の中で、自由闊達の議論を求めた。

対象的だったのは、安倍氏は「政治主導」ということを使った。ただ、この5年間の政治は、「安倍独裁」政治であった。独裁を政治主導とは言わない。石破氏は、政治主導ではなく地方創生、地方の内需を増やさないと経済はよくならないとした。中央主権的な安倍氏と地方分散型と異なる。安倍与党と石破野党の構図で、このままでは野党には勝ち目はない。

しかし、今回の討論会で、両者の考えの違いがはっきりしてきた。明らかに安倍氏と石破氏の考えは、与党 vs 野党の様相を帯びてきた。討論を重ねれば、自ずとどのちの主張がより正しいかわかってくるだろう。

日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。

人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 43

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック