かっちの言い分

アクセスカウンタ

zoom RSS 権力まみれの自民候補に対して「沖縄の心」を持った統一候補で翁長氏の遺志を継ぐべき。

<<   作成日時 : 2018/08/09 21:27   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 32 / トラックバック 1 / コメント 0

自民党の総裁選挙では、安倍首相の権力への執着というものを、いやというほど国民に見せつけている。麻生氏には、安倍氏に投票しないものは、冷遇されるのは覚悟しなければならないと言わせている。普通は心に思っていても、言わないものである。岸田氏は当然立候補するかと思えば、報復を恐れて尻尾を巻いてしまった。それほど、地位が欲しいかと思うが、その中で竹下派の参議院を中心に反旗を翻し石破氏を支持するのは、自民の中というか、野党を支持するものに取っても一服の清涼剤である。自民党内の役職に関係ない、地方支持者がどれだけ石破氏に投票するかが、自民党の見識を示す。

その地方の沖縄で、巨大なる安倍政府と闘っていたのが、翁長沖縄知事であった。故翁長知事にいくつか弔辞が送られているが、安室奈美恵さんが、「今思えばあの時も、体調が優れなかったにもかかわらず、私を気遣ってくださり、優しい言葉をかけてくださいました」と表彰式を振り返り、「沖縄の事を考え、沖縄のために尽くしてこられた翁長知事のご遺志がこの先も受け継がれ、これからも多くの人に愛される沖縄であることを願っております」と冥福を祈った言葉は、国民からの素直な気持ちを代弁してくれている。その言葉は古い世代だけでなく、若い世代にまで浸透すると思われる。

翁長氏の遺志を継ぐ候補者を選ぶのは大変である。その候補者選びに、国民民主の大塚共同代表が、野党が統一して推薦できる候補を選ぼうと述べている。自民は早々に、宜野湾市長の佐喜真淳を候補者として決めている。「沖縄の心」を希求した翁長氏の遺志を継いだ候補者を選んで、政府と対峙してほしい。

日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。

人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 32
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
原爆投下が京都から長崎に変わったのは不幸中の幸いだ、歴史ある京都が破壊されていたら取り返しのつかない
 原爆投下が京都から長崎に変わったのは不幸中の幸いだ、千年以上の歴史ある京都が破壊されていたら復元不能の事態が生じていたはずだ、1945年8月9日の長崎への原爆投下を前に、米海軍への長崎出撃などを禁じた同軍の極秘電文3通が米国立公文書館で見つかった。同1〜4日付電文で、太平洋艦隊司令長官が日本近海で部隊を率いる第3艦隊司令官に送信していた。米兵の被ばく防止と原爆投下を計画通りに進める狙いがあったとみられる。第3艦隊の攻撃目標も長崎から東北地方に変更され、その後の東北空襲につながったことも判... ...続きを見る
国民の生活が第一は人づくりにあり
2018/08/10 08:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
権力まみれの自民候補に対して「沖縄の心」を持った統一候補で翁長氏の遺志を継ぐべき。 かっちの言い分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる