このまま嘘を通してしまえば、いくら嘘を言ってもいい国会になる


自公を支持している支持者は勿論だが、所謂無党派層の人の中には野党がいつまでも加計、森友にこだわって、それだけやっていると批判している。私の周りにも、そのような声を聞くことがある。

しかし、これだけは絶対に許してならない。一国の総理が、自分、妻がお友達に特別の便宜を図って不正を行ったからだ。断定しているが、ここまでくれば全て自分の権力を背景に国の規律を曲げて政治を行った。今日、佐川氏が廃棄したと言っていた文書が3000ページ、交渉記録が900ページも出てきた。これに対して安倍首相は遺憾の一言である。今まで佐川氏が破棄したと言った理由は、安倍首相を守るためだったことの意識も無い。1年間国会を騙し続けている罪の意識も感じられない。

愛媛県からの文書は無視して、ひたすら言葉だけで否定している。嘘だと言うなら、安倍首相が記録、確証で証明しなければならないのだ。それが出来ないので安倍首相が嘘を言っている。ボールは安倍首相の手にある。

前述したように、もう加計、森友はいいと言うが、自由の小沢代表は、審議拒否への国民の批判に「ビビることはない」と述べている。その理由は「そんなウソばっかりついているやつとは議論が成り立たないんだから。知らぬ存ぜぬだけじゃあ議論になんない。」からという。昨日、福山幹事長がTVで、「今までの政治でも、ひどいこともあったが、これほど国会に度々嘘を付かれた国会は無かった。これは野党、与党もなく、立法府が棄損されている訳で、同じ立法府に身を置く与党自民が問われている」と述べた。

ここで、この話をうやむやにすれば、それこそ今後の国会で嘘を付けば、何でも通る世界になる。はっきり決着を付けなければならない。



自由・小沢代表 審議拒否への批判「ビビることない」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180522-00000099-asahi-pol
5/22(火)
自由党の小沢一郎代表
■小沢一郎・自由党代表(発言録)
 (国会での野党の審議拒否に批判があることについて)審議拒否っちゅうから、すぐみんなビクビクしちゃうんだけども、審議拒否じゃない。向こう(安倍政権)は事実を隠して、何も関係ないような顔して過ごそうと思っているわけだから。そんなウソばっかりついているやつとは議論が成り立たないんだから。知らぬ存ぜぬだけじゃあ議論になんない。何もビビることないんですよ。



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

この記事へのコメント

2018年05月24日 15:37
では反論する!
「いつまでも安倍晋三、安倍昭恵にこだわって忖度/ウソつき政治だけやっている」
(トホホ)

この記事へのトラックバック