安倍首相に国民が生理的に嫌悪し出した。支持率は戻らない。

マスコミの世論調査発表は月初めが多いが、毎日新聞が財務省のセクハラ問題を意識してか、4月21、22日の世論調査を行った。内閣支持率が一週間の間に3ポイントも下落した。図に毎日新聞と朝日新聞の内閣支持率を示した。朝日はまだ直近の調査は出て来ていないが、もし出てきたら、支持率20%台になっていると思われる。それだけ安倍首相、麻生大臣の今回のセクハラ問題の対応は酷い。

画像


森友の改ざん問題が、安倍内閣転落の転機である。この改ざん行為は、官邸は全て財務省の独断でやったように言っている。しかし、官僚は法律に違反するような作業を、改ざんして何の得もないことを敢えて行うことは絶対に行わない。つまり、明らかに官邸からの指示があったからだ。当然、麻生氏も承知している。だから、麻生氏も共犯だから、これだけの不祥事があっても、強気で自分から辞めようとしていない。

支持率を見ても、明らかに安倍官邸に対して逆風が吹きだした。その最たるものが加計学園の首相案件文書の存在を農林省が認め、文科省が柳瀬元首相秘書官の加計学園、今治市、県関係者と会ったメールを公開した。自衛隊の日報も出て来た。今まで頑なに秘守したものが、あちこちから出てきた。これは、安倍首相の3選が無いと踏んできたからだろう。

安倍首相は、麻生大臣を辞めさせないように引き留めていると言われているが、今回の福田事務次官のセクハラは、かなりのダメージになった。お昼TVの絶好のテーマで、お昼番組で広くとり挙げられた。しかも、こんな破廉恥な福田氏を麻生大臣がパワハラ的言い草で弁護した。麻生氏の言動は女性だけでなく、男性にも不快感を与えた。

福田氏の傲慢なセクハラ発言は男でも聞くに堪えない。こんなはしたない言葉を何の躊躇も無く言えることは如何に普段から話しているかを示している。実際に言葉通りに卑猥な行為を行っていたのだろう。権力を笠にセクハラを行うことは、お互い同意で行った新潟県知事の場合と比べて、はるかに悪質で、陰湿である。会社なら懲戒免職である。退職金もパーになる。

人間というのは、生理的に嫌いになれば、どんな道理を言っても通じなくなる。今の国民は、安倍政権に対して生理的に嫌いになってきている。そうなれば、支持率は時間が経っても支持率は戻らなく、安倍首相が露出するほど支持率は落ちる。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック