かっちの言い分

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍氏、柳瀬氏は王手状態。悪あがきを醜くする続ける程日本の不幸。

<<   作成日時 : 2018/04/12 22:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 39 / トラックバック 1 / コメント 1

安倍首相、さらに麻生大臣が居て、今起こっている全ての事象が根源となっている。モラルハザードの百貨店である。すべて、TOPの姿勢、考えに、官僚たちが毒されている。

安倍首相は、理財局の不祥事の調査を麻生大臣に任せていると言う。麻生大臣は理財局長らに調べさせているという。しかし、調査では誰が指示して、誰がどうしたのかの情報は全く上がってこない。安倍氏も麻生氏も、本当の真実が上がって来られると困るから上がってこないのだ。このような調査は2日もあれば全て済む話しなのだ。部下も上から命令されてやったものを、そのまま真実を上に上げると全て事実がバレてしまうから、あげられないのだ。

麻生氏は、決済文書に全て目を通さず承認印を押していると、何の恥らも無く、シャーシャーと述べる。そんなTOPの薫陶か、火中の財務省事務トップである福田次官が女性記者にセクハラをしたということだ。これに対して麻生大臣は口頭注意だけで、セクハラ調査もせず、処分もしないと言う。普通の会社では更迭か、罷免である。今や、国の行政府が堕落し、腐ってきている。

しかし、お天道様は見ているものだ。加計問題も一旦は沈静するかと思われたが、またも朝日新聞のスクープで、愛媛県職員の柳瀬元首相秘書官の「首相案件」記事が出て来て180度話が変わってきた。柳瀬元秘書官は「記憶の限りにおいてはお会いしていない」と否定しているが、政府の御用新聞の読売新聞の取材で、面会者の一人が確かに「首相案件」と発言したことを証言したことが明らかになった。

「首相案件、柳瀬氏が発言」面会の1人が証言
http://sp.yomiuri.co.jp/politics/20180412-OYT1T50101.html

2018年4月12日
 学校法人「加計(かけ)学園」の愛媛県今治市での獣医学部新設を巡り、県や市の職員らが2015年4月に柳瀬唯夫首相秘書官(当時)と面会したとする記録文書に関連し、出席者の一人が読売新聞の取材に、柳瀬氏との面会について「間違いない」と証言し、柳瀬氏から「首相案件」との言葉があったことも認めた。


柳瀬氏の国会招致は決まりそうということだ。その際は愛媛県の職員も参考人招致をしてもらいたいものだ。もう柳瀬氏、安倍首相が嘘を言っているのは明らかで、愛媛県側が証拠を出しているので、ボールは首相側に投げられている。首相、柳瀬氏が嘘でないと証明しなければならないのだ。こんな話は、官邸の入退記録を見ればすぐにわかるものだ。なぜなら、最も厳しい官邸に入るためには、入退時間、誰が、誰に会うかの記録は必須だからだ。それを直ぐに廃棄したという。あり得ない話である。もし官邸で何か事件が起これば、誰が入館し、誰にあったか、入退時間はいつかもわからない。絶対に廃棄する情報ではない。今でもちゃんと保管されているはずだ。

元検事の郷原氏が、興味ある以下のブログを書いている。安倍王将は「詰み」まで指すのかと。安倍氏の性格からは最後の最後まで、悪あがきをすると予想される。要するに、それだけ常識が無い男だと言うことだ。早く政界から消えてくることが日本の幸せだ。

“安倍王将”は「詰み」まで指し続けるのか
https://nobuogohara.com/2018/04/12/%E5%AE%89%E5%80%8D%E7%8E%8B%E5%B0%86%E3%81%AF%E3%80%8C%E8%A9%B0%E3%81%BF%E3%80%8D%E3%81%BE%E3%81%A7%E6%8C%87%E3%81%97%E7%B6%9A%E3%81%91%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B/

(前略)
昨年2月以降、森友学園問題については「私や妻が関係していたということになれば、これはもうまさに、私は、間違いなく総理大臣も国会議員も辞める。」、加計学園問題については「特定の人物や特定の学校の名前を出している以上、確証が無ければ極めて失礼ですよ。」という安倍首相の国会での発言が発端となり、「モリ・カケ問題」は一年以上にわたって国政に重大な影響を与える案件となってきた。その間、「安倍総理を侮辱した」との理由による籠池氏証人喚問、官房長官の「怪文書発言」、さらには、「モリ・カケ疑惑隠し」とまで言われた解散総選挙など、政権側の「奇手」「悪手」を重ねてきた。「モリ・カケ問題をめぐる“王将戦”」も既に最終盤に入っている。
“安倍王将”は、このまま「詰み」となるまで指し続けるのだろうか。この辺りで「投了」を真剣に考えるのが、一国の首相としてとるべき姿勢ではなかろうか。



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 39
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
男女平等に反する時代遅れの慣習は女人禁制の歴史を知ることで平等実現の道が開ける
 男女平等に反する時代遅れの慣習は女人禁制の歴史を知れば理解でき平等実現の道が開ける、土俵上で懸命に救命活動する女性に「降りて」とアナウンスした日本相撲協会の対応が物議を醸している。大相撲には「女人禁制の伝統」があるが、そもそも宗教的な色彩の強い「女人禁制」をどう考えればいいのか。文化人類学者の鈴木正崇・慶応大名誉教授に聞いた、に関連する最新のWeb情報を引用すると、 ...続きを見る
国民の生活が第一は人づくりにあり
2018/04/13 09:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
「王手状態」
> 早く詰んで欲しいぞ!💢
もひ
2018/04/14 11:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
安倍氏、柳瀬氏は王手状態。悪あがきを醜くする続ける程日本の不幸。 かっちの言い分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる