かっちの言い分

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍首相は、労働裁量制のごり押しをやめて、憲法改正に照準か?

<<   作成日時 : 2018/02/28 23:08   >>

驚いた ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 1

今日の報道ステーションで、安倍首相が、裁量労働制について、立憲の逢坂議員の質問に、裁量勤務の実態の中身を調査しないと、裁量労働制の法案を出さないと述べた映像を流していた。逢坂氏が実態調査の中身は何か?と安倍首相に問いただしたら、中身はこれから決めて行くと述べた。

これを受けて、野党の議員団が、厚労省の役人に、安倍首相の述べた話を確認したら、まだ大臣からは聞いていないということだった。

上記の背景を解説者の後藤氏が解説した。衆院での予算案終了後に、安倍首相、麻生副総理、二階幹事長、公明党幹事長、菅官房長、加藤厚生大臣が官邸に集まることになっていると述べた。後藤氏によれば、今日の安倍首相の発言から裁量労働制をとり外して採決するのではないかと推測した。

これが事実になるのなら、まずは安心する。電通で長時間労働が原因として自殺した犠牲者も、労働裁量制が適用されていれば、裁判も起こせなかっただろう。この出鱈目な裁量労働もさすがに自民党も反旗を示したと思われる。テレビはこの件を与野党の攻防という表現を使って報道するが、怒りを感じる。こと労働については、野党も与党もない話である。政治的な主義主張とは全く次元の違う話しなのだ。自民大好きの労働者でも、犠牲者が出るのだ。

特に、安倍首相の悲願である憲法改正の案を本気で提出しようと思っている。この法案を何としても通すためには、不評の労働裁量制などで、国民の支持率を下げたくないという思いと思われる。さらに言えば、自民党内でも不評な法案を強行すれば、自分の次期総裁選挙にも影響するかもしれないと思っているのかもしれない。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 29
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
かっちさん、読者の皆さん!
---
「裁量労働制」は例えば研究者などの職種で労働時間とその成果が比例するものでもなく測りにくいものについて、早く上がろうと遅くまで働こうと本人の「裁量」に任せるというのが趣旨だった?
---
今回はそれを「拡大解釈」して企画・営業職にまで拡げて、残業代を圧縮しようという姑息な手段ではないのか?
---
しかも無制限に働かせても「合法」?というオマケつき。
野党(ゆ党は除く)議員のセンセイ方もそうだが、
国民はもっと怒る💢べきではないのか?
もひ
2018/03/01 22:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
安倍首相は、労働裁量制のごり押しをやめて、憲法改正に照準か? かっちの言い分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる