伊藤詩織氏の勇気ある記者会見を無駄にしないで、国会でも追及を!

民主党政権から安倍政権になってから、政権関係者の事件に対して検察、警察は甘くなったと感じている。森友、加計問題にみられるように、官僚も政権への忖度が激しくなっている。

小渕優子元大臣は、政治資金規正法に違反が疑われて、元秘書の折田氏宅や後援会事務所などを家宅捜査されたが、その前に会計書類を保存したパソコンのハードディスクを破壊しても不起訴になった。

また、甘利元大臣も、郷原弁護士に言わせれば、「ど真ん中のストライク」に近い甘利議員の口利き賄賂」と言わせたが、起訴もされなかった。民主党政権時代の小沢氏の過酷な扱いとは、雲泥の違いである。そもそも、森友、加計問題も、安倍氏自身が、何らかの形で関与しない限り、起こりえない事件である。

昨日、安倍首相のよいしょジャーナリストである元TBS記者の山口敬之氏からレイプを伊藤詩織氏が外国記者クラブで会見を開いた。



この中で、山口氏の逮捕状が出ていて、逮捕に行った警察に、当時の中村挌刑事部長がストップをかけたことを言及している。

そのことについて、東京新聞の望月記者が以下のツイッター記事のように、官邸記者会見で菅官房長官に勇気ある質問していることがわかった。これに対して、菅氏は答弁の常套句の「仮定」の話として取り合わなかった。菅氏は「仮定」の話と苦し紛れに答弁しているが、中村氏本人が発言を認めているのであって、仮定でもなく、真実である。ネット上では、山口氏が馴染みの官邸サイドから中村氏に手を回してもらったとの話になっている。こんな話も、前川元文科省次官の「出会い系風俗」の話が官邸サイドからリークされた経緯を見ても、何ら不思議ではない。

伊藤氏は、この事件について取り上げてくれたのは新潮週刊誌だけだと述べたが、今回の記者会見によって、大手新聞紙でも報道された。また同性の望月記者が官邸記者会見でも取り上げてくれた。次は、国会でこの件を取り上げて頂きたい。なぜなら、この根底には、森友、加計と同じお友達忖度が働いているようだからだ。

umekichi‏ @umekichkun
東京新聞 望月記者。山口敬之の逮捕見送りについて。 『今回、キチンとした捜査が行われなかったのでは? 山口敬之の逮捕を見送らせたのを中村格さんは認められてますが、しっかり政府の方で調べて頂く事は可能か?』 菅「仮定の話しには答えかねる」 話しにならねぇ。



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック