民進代表選出後の次の興味は野党再編だ。

前原氏が代表になり、今執行部案を固めている。代表選出後のTV番組で、300ポイント以上を獲得した枝野氏には、要職についてもらうと述べている。枝野氏も200以上の差を付けられたので、敗北は素直に受け止めただろう。

TVでは推薦人を集められなく候補者になれなかった井出庸生氏についても言及していたので、何らかの要職に就くかもしれない。前原氏は共産との共闘には引いているが、党を大きくするために野党再編には寛容である。

前原氏は、19日の決起集会で「親小沢・反小沢で喧嘩し党が割れた。浅はかだった。政治は人の好き嫌いでやることじゃない」と述べたそうだ。小沢氏の陸山事件のときは、小沢口撃の急先鋒であったが、手打ちは行っている。

元々、小沢グループが民主党から離党したのは、民主党が政権を取ったとき公約としていた消費税を上げると言い出したからだ。むしろ、小沢グループの方が公約を守ろうとしたのだ。

枝野氏は共闘には是々非々と言うが、野党再編には慎重である。その意味で、昨日も書いたが、自由、社民は民進と一緒になる可能性はある。民進にいる小沢氏と一緒に離党したかつての同志が前原氏の推薦人になっていることは、その伏線かもしれない。正論を言う小沢氏には、ご意見番の重しと共産との窓口になってもらえばいい。自由は、都議会選挙では共産候補を支援した。

一時期、前原氏は小池新党にも色気を出したが、それはやめた方がいい。都民ファーストで大勝を収めたが、その後の行動は、オープンな政治を目指すと言いながら、必ずしもオープンではない。また、朝鮮人虐殺の追悼文も、敢えて詭弁を弄して出さなかった。何か、安倍首相が、戦争追悼式で、過去の反省を言わないと同じような体質の匂いがする。自民に対峙すると言いながら、自民の補完政党になってしまう。



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。





民主党政権は、なぜ愚かなのか (扶桑社新書)
扶桑社
辻 貴之

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 民主党政権は、なぜ愚かなのか (扶桑社新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 26

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック