天皇陛下退位の特例法のどさくさに紛れ、男系天皇の流れへの固定化を狙う。

天皇陛下の退位について、有識者会議で今月末に、各界のヒアリングを受けて意見をまとめて発表予定である。その答えは、安倍政権が選んだだけあって、事前に決められていたようだ。恒久法ではなく、今回だけの特例法で退位を認める方向で動いている。これに対して民進は、特例法では憲法違反になるとして、恒久法とすべきとしている。

驚くことに、この特例法に、今の皇太子殿下が天皇陛下になった後に、皇太子を秋篠宮さまとすることが議論されているらしい。これは今の天皇陛下が退位される趣旨と全く異なる議論である。

この議論が出てきた背景には、今の皇太子殿下に愛子さましか子供がいないからである。秋篠宮さまを皇太子とすれば、秋篠宮家の悠仁親王を天皇陛下にすることが出来るからだ。安倍政権はあくまで、男系天皇の慣習を維持したいという考えがミエミエである。

男系天皇、女系天皇の話は、過去からかなり物議を醸していたが、自公絶対多数をもった今、どさくさに紛れて、一気に議論を決めてしまおうという魂胆である。どんな法案も好き通りに決定出来る時に、こんな重要な話を出してくる狡猾さに怒りを覚える。


秋篠宮さまを「皇太子」待遇…「退位」特例法案
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161231-00050146-yom-soci
 政府は天皇陛下の退位を実現するため、一代限りの特例法案を1月召集の通常国会に提出する方針を固めた。

 特例法案は皇室典範と皇室経済法や宮内庁法など関連法の特例を一括したものとする。皇位継承順位が1位となる秋篠宮さまを「皇太子」待遇とし、退位した天皇の呼称は「上皇」(太上天皇)とする方向だ。

 皇室典範には退位の規定がなく、特例法案に退位の手続きや、退位した天皇の呼称などを書き込む。

 皇室経済法に関しては、上皇を置くことに伴う支出を規定するほか、秋篠宮家への支出を皇位継承順位1位に見合う額に引き上げる特例を設ける方向だ。



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 24

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい

この記事へのコメント

2017年01月04日 08:10
焼け太り呆案(一部誤変換)か?
---
「認める」「認めない」ではなくて現在の皇室典範に規定がないだけでは?
昨今の事例でオランダのベアトリクス女王が王子に王位を譲った例があるのは紹介した通り。
---
しかし「引退」をご自身で決められぬ仕組みとは?
天皇が過労で倒れたなどといったら、宮内庁もブラック企業大賞のノミネート対象に?
---
(トホホ)

この記事へのトラックバック