九電が川内原発停止を拒否するなら、知事は全責任を負担するとの誓約書を九電から取れ!

川内原発の停止を三反園知事が2度も申し込んだが、九電瓜生社長が拒否した。三反園知事は、九電がその気なら、原発に何かあれば、「その被害に対して九電が全責任を持つ」という誓約書ないし念書を、社長が変わっても九電の名で出させるべきである。

なぜこんなことを言うかといえば、福島の原発の廃炉が東電だけでは負担出来ないので、原発を使わない新電力にも負担させることを政府に働きかけている。これは、消費者にも負担させることを意味する。このまま、国民が反対の声を上げない限り、原発に反対の国民まで、原発推進のためのお金を払わされてしまう。東電は、想定外の天災だから原発事故には責任がないと言っておきながら、尻ぬぐいは国民にさせる。
三反園知事が、これだけ懇願しても運転を強行するなら、九電の責任で、何があっても国のお金を当てにしてならない。電力会社の経営者は、原発の事故を起こしても、政府が良しなにしてくれるという超甘い考えがあるから稼働させるのだ。三反園知事は、九電に責任を取るという誓約書を書かせるべきある。


川内原発の即時停止、九電改めて拒否 鹿児島知事に回答
http://www.asahi.com/articles/ASJ993Q0RJ99TIPE00H.html?iref=comtop_list_pol_n05
2016年9月9日16時44分
 九州電力の瓜生(うりう)道明社長は9日、鹿児島県庁で三反園訓(みたぞのさとし)知事に対し、再要請されていた川内原発(鹿児島県薩摩川内市)の即時停止や安全性の再点検についての対応方針を回答した。即時停止については改めて拒否した。一方で住民の避難用に使う福祉車両を増やすことや避難道の整備に協力することを追加の「安全対策」として打ち出し、原発の稼働に理解を求めた。



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。






福島県知事の「負の教訓」 原発事故後、立地首長は何をすべきだったのか【電子書籍】[ 朝日新聞 ]
楽天Kobo電子書籍ストア
2014年9月、福島県の佐藤雄平知事が勇退した。任期8年のうち、大震災・原発事故発生までは原発を容認

楽天市場 by 福島県知事の「負の教訓」 原発事故後、立地首長は何をすべきだったのか【電子書籍】[ 朝日新聞 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

東京原発

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東京原発 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

2016年09月10日 09:02
何度も言いたいが・・・
「自然の力」は止められない!(怒)
---
しかも鹿児島県は桜島がある!
そんなに原発が安全(駄という)なら、発電所敷地内に電力会社の社宅を作って(社長以下が)住んでみて「実証」すべきだ!(トホホ)
2016年09月10日 09:24
県や市が「住民の安全の確保」に関してモノ申せる理由は
「安全協定」の以下の条項である!
---
(立入調査)
第9条 甲及び乙は,前条に定める場合又は平常時において発電所周辺地域の住民の安全の確保及び環境の保全のために必要と認めた場合その他甲及び乙が必要と認めた場合においては,発電所敷地内その他必要な場所に立入調査するこ とができる。
---
---鹿児島県(甲)、薩摩川内市(乙)、九州電力(丙)による安全協定書(鹿児島県ホームページより)---
👍
2016年09月10日 14:22
まあ「止める、止めない」が論点になっているようだが騙されてはいけない!(怒)
---
【問題点】
1. 避難計画が怪しい
2. 再稼動の基準が甘い
よって、
a. 一旦「止めて」再検査が必要との申し入れは当然!
b. 「安全協定」により立ち入りも可能!
---
【メディアの攻撃】
「保守王国」で原発推進知事がコケたのがよほど悔しいのか?
---
S新聞:三反園知事、責務を果たさず、権限のない分野で九電に要請 地元から疑問の声も 川内原発即時停止再要請
---
Y新聞:川内停止要請 三反園知事は拳をどう下ろす : 社説 :
---
N新聞:川内原発、見えぬ着地点 九電は即時停止応じず
知事、週内に再要請へ
---
>アホくさくて内容までご紹介できぬ。(トホホ)

この記事へのトラックバック

  • 川内原発の継続運転は北朝鮮の核実験に劣らず危険だ、即時停止せよ

    Excerpt:  九州電力の瓜生(うりう)道明社長は9日、鹿児島県庁で三反園訓(みたぞのさとし)知事に対し、再要請されていた川内原発(鹿児島県薩摩川内市)の即時停止や安全性の再点検についての対応方針を回答した。即時停.. Weblog: 国民の生活が第一は人づくりにあり racked: 2016-09-10 09:35