安倍首相昭恵夫人、高江ヘリパッドに何しにきた?

今、ツイッターでは、三宅洋平氏が、安倍首相の昭恵夫人に頼まれて、沖縄・高江のヘリパッド建設工事反対派のテントに夫人を連れていったことが話題を呼んでいる。安倍首相夫人がテントを訪れたこと記事にしているのは、東京新聞だけのようだ。ネットの論調は、なんで三宅氏が、安倍首相夫人の仲立ちをして連れていくのかという批判するものがほとんどである。

三宅氏が仲立ちしているのは、山本太郎氏が反対派を支援しているからであろう。それにしても、三宅氏はいくら安倍首相夫人とお友達になったとしても、ヘリパッド建設を推進している首相の夫人を連れてくる政治感覚は理解できない。

先に、三宅氏が参院選挙後、安倍首相夫人と意気投合し、ツイートで『昭恵さんは、その場で総理と俺を繋いでくれた。「立場は各々ながら、国を思い世界を憂う国士として同じ気持ちだと思っています。選挙では多少口を荒らしましたが、失礼します。」と伝え「大丈夫です、それが選挙ですから』と述べた感覚も、とても理解出来るものではない。安倍首相夫人の真意がどこにあるか分からないのに。それに利用されていると気付かない三宅氏も哀れである。

新聞記事には、夫人は夫の安倍首相には全く知らせずに来た書かれている。しかし、タダでも安倍首相に敵意、不満を示している住民がいるテント裏に来るということは、あり得ないと思っている。ちゃんと警護の私服警護人が付いているとおもっている。この話を、自らFACEBOOKで知らせているので、当然首相や側近が知らぬはずはない。それにしても、安倍夫人の行為は、首相が指揮している行為のガス抜きを目的としたものである思っている。反対派リーダーから、首相に作業を止めるようにお願いされたのなら、首相に口先だけでなく、本当に止めさせなければ何とでも言える。



沖縄基地反対派を昭恵さんが訪問 ヘリパッド建設現場

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201608/CK2016080802000109.html

 安倍昭恵首相夫人は七日、沖縄県東村、国頭村にまたがる米軍北部訓練場内でのヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)建設工事の現場近くで座り込みの反対運動を続ける市民らを六日に訪ねたと自らのフェイスブック(FB)に書き込んだ。

 FBで、訪問の理由について「対立、分離した世の中を愛と調和の世界にしていくための私なりの第一歩」と説明。訪問することを事前に安倍晋三首相には伝えなかったとも記した。

 抗議活動のリーダー的な立場の山城博治(ひろじ)さんは昭恵夫人の訪問に関し「愛と調和と言うのなら、機動隊による暴力行為をやめさせるよう首相に求めてほしい」と注文を付けた。

 政府は、北部訓練場の部分返還に向け、返還されない区域で返還条件のヘリパッド建設工事を進めている。ヘリパッドでは米輸送機オスプレイの運用が予定されるため、反対派が座り込みで抗議し、全国の警察から派遣された機動隊が反対派を強制排除するなど現地では緊張が高まっている。



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 24

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

2016年08月09日 20:01
別に強権を振りかざしてチカラで排除しに来たわけではなく、「話し合い」にきたのならば・・・この仮定が正しいならば、悪いことではないでしょう。
つまるところ沖縄の人達も、
「実力による強制」が民主主義から外れていると言っているのであって、
「話し合いすら禁止。オレたちの言う事は絶対的な正義であって、沖縄以外は沖縄のいう事に絶対服従せよ」
などとは言っていないはずです。
首相の奥様という、普通ならばまずありえない人が話し合いに来てくれているわけですから、沖縄の人の主張がいかに正しく、政府の主張がいかに間違っているかを存分に語るべきでしょう。
2016年08月11日 22:22
彼女のブログには「聞きに来た」とあったようだ。
要は、「話し合い」ではない。(トホホ)
突っ込まれると「私は政治家ではない」と逃げているようだが・・・・
---
しかし「家庭内野党」はどうしたのだ!
「野党」というからには、「与党」への「代案」を持って帰るのが現地で頑張っている人たちに対するマナーでは?(トホホ)
---
やはりかっちさんの見出し「何しに来た?」に帰結する。(トホホのホ)
2016年08月12日 21:13
もひさんへ
昭恵さんのブログとは
http://akie-abe.jp
のことでしょうか?

「聞きに来た」
という部分を見つけることができなかったので、差し支えなければご教示頂けませんでしょうか?

この記事へのトラックバック