民主・維新の合流、共産の候補者の取り下げで、野党共闘の機運が出てきた

維新と民主が、党名を変えることで合流することが決まったようである。党名を変えると言っても、略称は民主党となるような党名だろう。それこそ、野党第1党となる。元々維新の中には、民主党や生活から離党した時のメンバーも多い。これから野党共闘の中心として、大人の態度が必要である。

共産党が、1人区の候補者の取りやめを本格化した。わが県のローカルニュースに、毎回選挙に出る共産党候補者が出てきて、今回は野党共闘のために1人区には出馬しないで比例に回ると言っていた。こんな場面を見ると、このブログで、民主党の煮え切らない態度に業を煮やし、共闘は絵に描いた餅だと言っていたことが現実にならなくて良かったと思う。共産党は1人区での票を献上する訳であるが、比例では野党の票をかなり吸収すると思われる。共産党の悪いイメージは、かなり改善されたと考えている。

今回の共産党の効果で、前回の参議院選挙の実績ベースから分析すれば、7選挙区で負けた野党候補が自公に勝つ可能性が出てくると言われている。単純計算でこの数字増であるので、他の選挙区で戦略的な候補者を選べば、さらに効果は大きいと思われる。

その動きが脅威である証拠が、自民党の谷垣幹事長、公明党の山口代表が、共産との選挙は野合だとか、政策無き選挙協力と非難しているところに表れている。非難が強いほど、脅威に感じているのだ。

小沢氏が、前回の衆議院選挙では、2000万人が民主党、野党の不甲斐なさに失望し、選挙を棄権したと述べ、失望の受皿を野党で一致団結して作って投票してもらえれば、また政権交代は出来ると言っている。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 32

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2016年02月23日 22:06
少なくとも「民主」の名前が残らなければ、着ぐるみにもなっている同党マスコットの「民主くん」は廃業だろうか?(トホホ)
---
盗電(誤変換)の「でんこちゃん」と同じ末路か?(トホホ)
---
そうだ!
「民主と維新のなかまたち」ではどうか?

この記事へのトラックバック