新党大地の豹変の裏には、自民が政権にしがみ付くための汲々とした策謀が渦巻く。

北海道5区の補選で、新党大地が急に自民の候補である町村前議員の娘婿を支援すると言い出した。これには、維新も驚き、その急な転換を批判した。

維新、大地の転換批判=共産は共闘呼び掛け-衆院北海道5区補選
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2016011200736



それまでは野党共闘の話に加わっていたというから、この急な転換には裏があると思っていたら、日刊ゲンダイが安倍首相と大地の鈴木宗男氏との密談を報じている。これで納得である。

新党大地の宣伝マンの松山千春氏は、ラジオで盛んに自民を批判しているが、これで北海道民の見識が問われることになった。鈴木氏の行動を見ると、良くわからないところがある。自分の娘を後釜として選挙に出した辺りから、私の目からは親ばかとしか映らない。小沢氏の秘書時代に、陸山会事件で冤罪に巻き込まれた石川知裕氏が新党大地から出馬し、北海道11区では中川元議員の妻に負けたが、比例ブロックで衆議院議員になった。しかし、鈴木氏の娘(鈴木貴子氏)の落選を復活させるため、石川氏に議員を辞退させたと言われている。

石川氏はその内情は言わないが、かなり強引な話があったと思っている。その石川氏は大地を出て民主党に復党している。今回の突然の態度の変化は、安倍首相との密談で、町村氏の婿を支援する代わりに、娘の貴子氏の選挙での便宜について話されたのではないかと思っている。鈴木氏にとって、魅力的な条件を提示されたのではないかと考えている。一番の提示案は、次期選挙において、娘を自民の候補として出す確約を得たのではないかと思われる。

このような姿を見て、民主の幹部連中はどう考えているのかと思ってしまう。

首相自ら、形振り構わず、自党の票になることに必死である。ある意味あっぱれと言いたい程、政権維持に汲々としている。

北海道5区などは、大地に離反され、まさに共産党の票がないと民主候補は完全に落選するだろう。私のような素人ですら、そんな計算は出来る。そんな中、民主の幹部であった前原のような議員に気を使って共産党を無碍にするような発言をするのは、到底理解出来ない。小沢氏なら、完全に取り込んでどうにかするだろうが、今のコンクリート頭の岡田氏には、それは無理と思われる。そんな硬直した野党に日本が引きずられること自体が悲しいことだ。



北海道5区補選で自民支援…宗男氏“手のひら返し”のウラ
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/173176
2016年1月12日


“毒まんじゅう”を食わされたのか

 参院選の「前哨戦」といわれる4月の北海道5区補選。新党大地の鈴木宗男代表が9日、自民党公認候補を支援すると表明し、大混乱になっている。宗男氏の娘・貴子衆院議員は民主党所属。当然、オヤジも民主党候補を支援するとみられていた。

 雲行きがおかしくなったのは、昨年の12月28日。安倍首相が官邸に宗男氏を招き入れてからだ。宗男氏は「2人だけの話で言及すべきでない」などと詳しい内容は明かさなかったが、補選や夏の参院選について意見交換をしたという。2人を引き合わせたのは、安倍首相の“お友達”荒井広幸参院議員だともっぱらだ。

「12月中旬に宗男氏は亀井静香氏、村上正邦氏と会合を開いています。その際、亀井氏が『過去の共産党との確執もあるだろうけど、水に流して、野党共闘に協力すべきだ』と助言したら、宗男氏は『わかりました』と答えたそうです。しかし、あっという間に手のひらを返した。亀井氏は激怒しているようです」(政界関係者)

 宗男氏には強烈な“共産党アレルギー”があり、共産党が候補者を取り下げての野党統一候補には反対だという。しかし、夏の参院選北海道選挙区では民主党の2人目の候補の鉢呂吉雄元経産相を推薦している。補選は自民で、参院選は民主――。有権者は訳がわからないだろう。

 宗男氏としては、自民、民主両方に“ゆさぶり”をかけて主導権を握りたいのだろうが、今回はただの補選ではない。“オール野党”で圧勝し、参院選に弾みをつけ、安倍首相を引きずり降ろす大チャンスなのだ。もちろん、安倍首相も必死で、「北海道では大地が影響力を持っている。鈴木氏はキーマンだ」と宗男氏を持ち上げている。

「安倍・宗男会談は2人だけで行われていて、何か“密約”が交わされた可能性もある。17年4月には、宗男氏の公民権停止が満了となります。その時までに道内で影響力を持ち続け、国会議員や知事などいろんな“選択肢”を残しておきたいのでしょう」(民主党関係者)

 宗男氏も大地も、「おおさか維新」と同じで“ゆ党”ということだ。



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック