戦争法案は、皮肉にも政治に無関心であった若い世代に火を点けた。これが命取りになる。

社会保障の抜本改革を行うために消費税を上げ、TPP反対を政権の公約としていたが、絶対多数を取った途端、秘密保護法の成立に次いで、原発再稼働、戦争法案のゴリ押しである。戦争法案が出て来たころ、このような法案は今の20、30代、これから子供を持つ世代の人が、我が身に降りかかる事態として考えなければならないと指摘してきた。

60年安保闘争、70年大学紛争において学生が立ち上あがり、政府の政策を批判した。しかし、この時は、一般学生と一線を画したセクト主義の様々なグループが乱立し、武力行使を行った。その反動で学生運動=過激、暴力、リンチ、革命という変なレッテルを貼られ、沈没してしまった。その結果20代の選挙参加が最低なランクに落ち込んでしまった。

しかしながら、安倍首相が白けた国民の足元を見透かして戦争法案を一挙に通そうとしたが、白けた学生であったはずのSEALDs(シールズ、自由と民主主義のための学生緊急行動)の行動に、日本もまだ捨てたものではないと希望を感じる。信濃毎日新聞の社説にも同じことが書かれている。立憲主義を破壊しようとする安倍政権に、最も選挙参加することが少ない20代の学生が立ち上がってくれたことを評価する。社説にも『国民の声が反映されず、風通しの悪い政治状況に声を上げ始めた若者をしっかり支えていきたい。若者の声を社会が受け止めてこそ希望が見えてくる。』と書かれている。その通りである。

生活の小沢代表もSEALDsの活動を『 学生というか、とくに若い人が、こういうことについてやっぱりもっともっと意思表示をはっきりさせないとダメだと思う。今回のことで、ようやくそういうグループが、多くの学生に語りかけて運動しているということは、大変良いことだと思っています。』と述べている。

ただ、ツイッターで、デモに参加した学生の写真を公安が撮っている記事を見たことがあります。また、デモに参加すると就職に影響すると噂が流れている。極めて卑劣な噂です。この卑劣な情報は、明らかに政府、それに近い筋が流していると思われる。それだけ恐れていることの裏返しと思います。こんな噂に惑わされないで、主張してほしいと思う。



信濃毎日新聞 社説
あすへのとびら 若者と安保法制 声出す姿に希望がある 08月02日(日)

http://www.shinmai.co.jp/news/20150802/KT150801ETI090003000.php

 「憲法守れ」「戦争するな」「民主主義って何だ」…。

 マイクを握った若者のリズミカルなコールに、デモの参加者が大声で応じる。まるでサッカーJリーグの応援をしているような熱気と盛り上がり方だ。

 政府が5月に安全保障関連法案を国会に提出して以降、社会の各界各層で反対運動が広がりを見せている。中でも若者が活発に動いていることが目を引く。

   <行動の原点は3・11>

 その中心的な役割を果たしているのが、首都圏の学生らでつくる「SEALDs(シールズ、自由と民主主義のための学生緊急行動)」だ。毎週金曜日、国会の前で抗議行動を続けている。他の市民団体とも連携して集会を開くなど存在感が高まった。

 ネットを駆使してメッセージを発信し、仲間が増えている。関西や東北地方の学生らも同じ名前のグループを立ち上げた。

 東京の日比谷で先月下旬に開かれた市民集会。シールズのメンバーで、大学4年生の元山仁士郎さん(23)は若者を代表してステージに立ち「政治に言い続けることで変えることができる。声に出していこう」と訴えた。

 米軍普天間飛行場を抱える沖縄県宜野湾市で生まれ育った。米軍機の騒音は日常生活の一部で「仕方ない」と思っていたという。そんな意識を変えたのが、4年前の東日本大震災による福島第1原発の事故だった。

 住み慣れた故郷を追われ、生活基盤を失うなど、人間の尊厳が踏みにじられる実態を知った。米軍基地の過剰な負担を強いられている沖縄の現状と重なった。

 反原発デモに参加したのをきっかけに政治への関心を深め、特定秘密保護法に反対する学生有志の会の結成に加わった。安倍晋三政権が憲法解釈を一方的に変えて集団的自衛権の行使容認に踏み切ったことに危機感を募らせ、シールズへと発展させた。

 シールズのホームページを開く。「私たちは、立憲主義を尊重する政治を求めます」とのメッセージが載っている。

 続いて、立憲主義は国家権力の暴走で個人の自由や権利が奪われないよう、憲法が政府の権力を制限する考え方であることを説明。安倍政権がその逆を向いていることを指摘している。

 「若者の日常と政治との乖離(かいり)を埋めていきたい」。元山さんは活動の目的をこう語った。

 安保政策の転換、原発を含めたエネルギーの行方、社会保障、雇用…。安倍政権下で問題になっている政治テーマは若者の将来を左右するものばかりだ。来年の参院選からは18歳以上に選挙権年齢が引き下げられる。

 希望が描きにくい時代にあって、シールズは多くの人の心をつかみ、影響を与えている。

 県内の若者有志でつくる「僕らが主権者って知らなくて委員会」は先月下旬、長野市内でデモ行進した。シールズに共鳴し、コールの仕方もお手本にした。

 若者の政治意識はこのまま高まっていくのだろうか。

 内閣府が昨年公表した日本を含む世界7カ国の13~29歳の男女を対象にした意識調査では「自分の参加で社会が変えられるかもしれない」と前向きに考える若者の割合は日本が最も低かった。

 若者の政治への無関心、選挙離れが言われて久しい。政治的な活動をすると将来に影響すると考える学生も少なくない。

 シールズが注目されるようになってからネット上ではデモに参加すると就職に不利になるといった投稿が載るなど、不安をあおるような事態も起きている。

 諏訪郡原村出身で、大学3年生の小倉万穂さん(21)は、秘密法に反対する学生有志の会に関わった。今は時間があればシールズの活動に参加する。ネット上の批判は気にしていない。

 「戦争が嫌なのに嫌だと声に出さないのは自分にうそをつくことになる。皮肉なことだけれど、安倍政権のおかげで立憲主義とか、憲法の大切さとかを知ることができた」と話す。

 授業に加え、アルバイトも忙しい。学生生活と折り合いを付けながら、どう政治に異議申し立てを続けるか、手探りしている。

   <しっかり支えたい>

 社会のありように疑問を感じながらも、自分の将来や学業、生活のことで悩み、試行錯誤している若者は多いはすだ。シールズのような活動が一過性で終わるか、新しい形の社会・政治参加の仕方となっていくか、今はその分岐点といえるかもしれない。

 国民の声が反映されず、風通しの悪い政治状況に声を上げ始めた若者をしっかり支えていきたい。若者の声を社会が受け止めてこそ希望が見えてくる。




日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 40

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2015年08月03日 01:05
かっちさんの力強い応援ブログ記事!
---
官邸はおののいて?
SEALDsの皆さんは喜んでいるだろう。
---
「立憲主義」を破壊する「アンポンタン呆制」粉砕!
これこそ「憲法テロ」ではないか?(怒)
2015年08月03日 01:38
とうとう今日は、東京の渋谷で「高校生が呼びかけた『アベ政治を許さない』渋谷デモ」があったとのこと!
---
女子高生も多数参加したらしい!
女性誌は、こぞって昭恵夫人に突撃取材してもらいたい!(怒)
2015年08月03日 22:14
かっちさん、訂正希望!
---
「政治に無関心であった若い世代」> 「投票に参加できなかった若い世代」
---
まあ、ソーリの出身大学の法学部でも「新安保法制で変貌する日本」の題名で外部講師による講演があったとのこと・・・
---
投票権を得る学生の皆さん、次の選挙でアンポンタン政権にレッドカードを!(投票用紙に赤鉛筆を使わないでください:???)
2015年08月03日 23:14
今話題の補佐官(参議院の特別委員会に参考人として招致)については、鴻池祥肇「我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会」委員長が苦言を呈した。(委員長席から)
---
同補佐官の問題発言は「9月中旬にあげたい」(成立させたい)というものだ!(怒)
委員長は「参議院を軽視している」「衆議院の下部組織ではない」とおかんむりであった!(怒・怒)
その後「この席で興奮してもいけないので・・・」ということで質疑に移るように委員を指名。
---
しかし委員長のその後の仕草から見ると(動画でアップになった時)は相当怒っていたのか、次の書面が探せなくなり助っ人が入ったくらいであった。(怒・怒・怒)
2015年08月04日 00:17
読者の皆さんもうんざりだと思うが・・・
---
今のアンポンタン法制の審議では、「ウソがバレバレの」答弁を続けているということ。(トホホ)
---
8月3日の参議院にて、小西洋之議員(民主党・新緑風会)
の質疑についても政府はまったく「答弁不能」であった!(怒)
---
同議員は昨年7月1日の閣議決定を「審査」したことになっている?内閣法制局長官を質したところマトモな答弁がなかったことと、たった4ページで審査し口頭で結果を伝えた?ことに激怒(口調は柔らかであるが)し、「クーデター」であると断言した!(怒・怒・怒)
---
やっぱり「憲法テロ」だ!(トホホ)
2015年08月04日 06:51
昨夜は用事があり、更新出来なかったですが、もひさんが詳しく状況を解説してくれました。
絶対多数で、何をしても、平気の平左が見てとれます。
議長ではないが、そんな態度が、支持率を下げていることを理解出来ない低能ということです。
2015年08月04日 19:28
一事が万事・・・
---
辺野古の基地建設もそうだ。
米国とツルんで「唯一の解決策」と強弁しているが、「騒音」と「危険」を移設し、「自然を破壊」するのが「解決策」というのではおせじにもセージ家とは言えぬ。(怒)
---
鳩山由紀夫元首相のように「最低でも県外」と言ってくれないところが、現セーケンのビョーキなところか?(トホホ)
---
・辺野古利権
・戦争利権
・原発利権
・TPP利権
・五輪利権(裾野が広い:怒)
・派遣法利権
・消費税利権
・マイナンバー利権
などなど「粉砕希望」事案が山積か?
2015年08月04日 21:18
狂の(誤変換)惨偽院(ゴヘンカン)の審議では、質疑に立った仁比聡平議員(日本共産党)が怒り爆発だ!
---
海上自衛隊がすでに今回の日米ガイドラインに添って、アンポンタン法制先取りで検討しているという図式(絵)を元に質問したところ、防衛大臣は「簡単な1枚の絵にまとめたに過ぎない」と言い放った。
この「絵」では「存立危機事態」において米軍と一体となって作戦行動をしているのに、だ。(トホホ)
---
要は防衛大臣が「総合的に判断」すれば、米軍と一体化した作戦(戦闘行為)が「いつでも・どこでも」できるということか?(怒)
---
1)勝手に閣議決定
2)相手国の言いなりのガイドライン改訂
3)法案提出・審議・ウソ答弁
4)強行採決
で、国際的にも「なんでもアリ」の
・民主主義&国民主権破壊
・立法府破壊
・憲法破壊
・自衛隊破壊
などなど・・・
---
これが「政治テロ」と言わず何というのか?
他に呼称があったら解説付きで教えて欲しい!(怒)

この記事へのトラックバック