政府の安保法案の採択を抑えるのは、全野党の採決拒否しかない。

ここ2日ほど、維新が戦争法案の対案を出すことを決め、自公の投票の土俵に上ることについて批判してきた。この理由は、維新が野党の足並みを乱すと考えているからだ。そもそも、集団的自衛権は憲法が禁じているので、維新が対案を出すこと自体、違憲なのだ。

法案を小手先で変えることしかない。自民党は、維新の対案を歓迎している。第2党の野党が採択をしてくれることを歓迎するからである。

先日、生活の小沢代表が、安保法案を潰す唯一の方法を記者会見で話している。それは「全野党が法案の採択に応じないことだ」と述べた。自公が例え強行採決しようが、野党が採択に出なければ、この法案の酷さを浮かび上がらせることが出来る。小沢氏は、このような状態は公明党が嫌うと言っている。だから、野党第2党の維新が出した対案の中身からつまみ食いされて修正され、維新賛成多数で決められては、自公に塩を送るようなものである。

本法案は、15日ごろには採決されると言われている。公明党の山口代表はテレビで、審議は成熟したと述べているが、どこが成熟したと言えるのか?これほど酷い法案は今までなかった。民主党の岡田代表は審議されたとは到底言えないと述べている。

読売新聞は社説で、維新が対案を出したことを誉めていて、民主は批判ばかりして対案を出さないと、とてもマスコミとは思えない社説を出している。まるで、自公の広報紙のような書き方である。これでは、自民党からの広告料は増えるだろう。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 25

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2015年07月05日 22:46
それこそ憲法違反のアンポンタン呆制審議が(一部誤変換?)「急迫不正の事態」になっているので「対案」など出している場合ではない。
「一昨年出せ!」てなところか?(トホホ)
・・・一度リセットが必要(怒)。
---
それこそ野党は「集団的採決欠席権」で対抗すべし!
2015年07月05日 23:25
過去からの憲法解釈で、(人殺しの)兵器を持つのは「必要最小限度」であったはず。
---
軍備増強のために「平和産業」であるはずの「観光」が萎縮しては何にもならぬ(怒)。
せっせと「世界遺産」を増やしても水の泡(トホホ)。
---
「観光庁」を「観光省」に格上げし、
「防衛省」を「防衛庁」に戻す案?に賛成。
---
サイパン島(北マリアナ連邦)では、旧ニッポン軍の玉砕?跡地も「観光資源」としている逞しさ!
今は平和であるからこそ成せる技では?
2015年07月06日 19:56
「テロに屈しない」で、人質を見殺しにするような政府が国民の安全を確保できるのかどうか?(トホホ)
---
「尖閣問題」で危機をあおるのがセーフか?
いや「レッドカード」で「アウト」だ!(怒)
2015年07月06日 20:35
も~、たまらず追加コメント(汗)。
---
「護る・守る・衛る」と言っているが・・・どこまでヤッたら「マモッタ」ことになるのか?
この罠にハマっている人はいないのだろうか?
---
1)戦闘区域より「撤退」させる?
2)「参った」と言わせる?
3)徹底的に相手を「打ちのめす」?
4)「講和条約」を結ぶ?
5)3)の反動で「打ちのめされる」?
(トホホ)

この記事へのトラックバック