翁長那覇市長、怒る! 辺野古は選挙の争点だ!。菅官房長官の言葉が命取り。

自民党は、福島県知事選では、民主が支援する知事候補に抱きつき、争点隠しを行うつもりだ。これに福島県人が良しとするなら、県外のものは悔しいが何も言えぬ。是非、これだけ原発に苦しめられた県民として声を上げてほしい。

一方、沖縄県知事選挙について、菅官房長官は、「辺野古は過去の問題」と言って、争点を無視した。これに対して、仲井間現知事に対抗する翁長那覇市長は、「争点になる」と宣言した。その理由は、仲井間知事は「県外移設」を公約して当選した知事であって、それを反故にした知事の辺野古移設決定は沖縄県民の総意を汲んでないというものだ。

正直言って菅官房長官の発言は勇み足であった。もう少し狡猾な長官なら、これほど挑発的な発言はしなかったろう。この一言で、翁長候補の支援者ばかりでなく、仲井間知事と翁長市長のどちらに投票すべきか悩んでいる県民にとっては、「そこまで言うか?」と気持ちを逆なでされたと思われる。

政治家は、言葉が命であり証文である。後で振り返れば、この言葉が命取りであったことがわかるだろう。そうあってほしい。


「辺野古は争点」 翁長那覇市長、官房長官に反論
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2014091102000143.html

 十一月の沖縄県知事選に出馬する翁長雄志那覇市長は十日、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設問題が知事選の争点にならないとの考えを示した菅義偉(すがよしひで)官房長官に反論した。

 翁長氏は辺野古移設に反対の立場。十日、辺野古移設について「(知事選で)争点になる。仲井真弘多知事の公約破棄に対する県民の意思が示される」と記者団に述べた。

 翁長氏は、仲井真氏が二〇一〇年の知事選で普天間の県外移設を公約に掲げ当選したが、昨年末に公約を破って辺野古沿岸部の埋め立てを承認したと指摘。「(政府は)承認の後は問答無用でやっている」と批判した。

 名護市の稲嶺進(いなみねすすむ)市長も「民主主義を無視している」と政府を非難。「県民があれだけ大きな反対行動を起こしている。知事選の一番大きな争点だ」と述べた。



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 37

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2014年09月12日 01:40
大変な事が起きた!
安倍自民党政権の閣僚
稲田朋美 高市早苗

イギリス新聞 ガーディアン紙によれば この両名は 3年前 極右団体 「国家社会主義労働党」
の代表と議員会館で合い 記念写真も撮ってホームページ上に掲載していた この極右団体は ナチスヒトラー政権と同じく 鍵十字を使い ネオナチを信奉していた
解散するしかない
世界の恥部安倍自民党政権

この記事へのトラックバック