国民総意の代表として、都民の過半数は「脱原発」が正しいと考え、投票の基準と考えている。

都知事選挙の世論調査では、舛添氏が先行し、細川氏、宇都宮氏が追っているという。この調査結果は告示直前の話であるので、今どうなっているかわからない。東京新聞から知事選挙の世論調査が出て来た。東京新聞なので、他の新聞よりは信用が置ける。

その内容は、政府や一部のマスコミが今回の選挙の争点が原発だというのはそぐわないと言っているが、投票先の判断に原発の公約を重視する人が60%いると書いてあり、救われる気持ちである。国民の代表である東京都民の見識であろう。

都知事選世論調査 原発公約重視6割
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014012502000130.html
 本紙は二十三、二十四両日、都内有権者を対象に電話による世論調査を実施した。
投票先を決める際に原発についての公約を重視するかとの問いに

「大いに重視する」: 16・4%

「ある程度重視する」:43・3% 

計59.7%

六割が原発について候補者の発言に注目

都知事選に「大いに関心がある」&「ある程度関心がある」と答えた人:86・9%

 原発を「重要な電源」と位置づける政府方針に対し

「ある程度時間をかけて原発をゼロにする」(54・0%)&「すぐゼロにする」=9・3%

脱原発派は63・3%。

「政府方針で良い」の8・9%と「原発は極力減らしていくが、ゼロにはしない」:25・8%を合わせた原発維持派の34・7%を上回った。


脱原発は63%で、政府方針である原発推進、維持派は35%である。これを見ると、安倍首相や維新の石原氏が脱原発などは争点にするべきではないし、そんな公約をすること自体ナンセンスと言っていたが、脱原発のうねりを無視できなくなっている。

今回の選挙選で細川陣営は、細川氏よりも小泉氏の方が脱原発の主張に説得性と迫力がある。森元首相が、原発がないと「オリンピックが開けない」と言っていたことに対して、招致活動していた時は、原発は無くとも東京で十分出来ると言っていたのはどういうことだと反論している。これには森元首相もグーの音も出ないだろう。元首相がこの程度の国である。日本も落ちたもんだ。昔は有為な政治家がたくさんいたのに。

小泉氏は、竹中平蔵氏と組んで新自由主義で格差社会を広げた。非正規社員も増やした。また米国のポチとも言われた。左寄りの人達からは随分と嫌われている。実際、私も今回の脱原発の話が出る前は嫌いであった。その小泉氏が脱原発に関しては本物である。小泉氏は細川氏のお株を取ってしまっている。

以下の記事のように、原発処分候補地は国主導でも決まらないと述べている。これは正論である。米軍基地なら国主導でゴリ押し出来るが、核廃棄物だけは国のごり押しは出来ないということだ。況や自治体住人が、核廃棄物貯蔵を買って出ることはないということだ。米軍基地なら問題がなければ普段何事も無いが、核廃棄物は常時放射能を放出する。どうしようもない。廃棄物は人類が今後どうなるかわからない間も、誰かが管理しなければならない。細川氏も小泉氏の過去の因縁に囚われず、日本の将来のために動いていると思っている。そこに邪心があると勘ぐること自体が、心さもしいと思うのだ。


国主導では決まらぬ=原発処分場候補地-小泉元首相
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2014012400936

 小泉純一郎元首相は24日午後、東京都内で講演し、原発の使用済み核燃料から出る高レベル放射性廃棄物の最終処分場候補地を国主導で選定していることについて、「事故前にも手が上がらなかったのに、原発が安全でなく、ますますごみが増える中で、政府が決めて(自治体が)OKすると思うか。まずない。その方が楽観的すぎる」と述べ、政府の対応は安易との認識を示した。 


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。

人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 30

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

2014年01月26日 22:42
我らがニッポン国のメディアは、広告でも載せられるとすぐにコロンと政党になびくのでは?
スポンサーの意向に添った記事も書くし、
世論調査の質問の細工も朝飯前?
---
例:
与党で過半数をうかがう・・・云々と書けば
有権者は「もう決まっているなら投票にいかなくとも。」などと洗脳され、投票率が50%台前半に。
---
与党で3分の2をうかがう・・・云々と書けば
さらに投票率が下がり50%以下に。
---
などと投票行動も操作できる?(トホホ)
2014年01月27日 12:30
かっちさんの解説では、あらためて
小イジメ元総理(一部誤記)と某経済学者?が
結託して格差社会を作ってきたことが思い出させる。
今の派遣法改悪/労働者使い捨ての基盤を作ったわけだ。
---
しかし、アホノミクスを終わらせるには
「毒を持って独裁を制す」ことになるのだろうか?
何ともトホホな我らがニッポン酷(一部誤変換)・・・

この記事へのトラックバック