安倍首相の「憲法改正は私の歴史的使命」発言。着々と布石が打たれている

安倍首相が地元の会合で、憲法改正は自分の「歴史的使命」と話した。地元支持者の会合ということで、気が緩んで思わず本音が出てしまったのだろう。この男、本気である。今の自衛隊を国軍としたくて仕方がない。憲法9条を変えることが「自分の使命」と思い込んでいる。麻生が、ナチスのように静かに騒がず、多数を取って粛々と憲法を変えていこうと言った。その行き着く先は、徴兵制度の復活である。この手の話は、一度ストッパーが外れると、ドミノ倒しのように突き進んでいく。なぜなら、何かあれば戦争をするということだから、中途半端はないからだ。本当にバカだ。

安倍氏の祖父の岸信介は、東條内閣の一員でA級戦犯容疑者として逮捕されながら、CIAの反共政策への協力を申し出て極東国際軍事裁判への起訴を免れ、暗黒街に強い影響力を持ち、国内からの戦争責任の追及も免れ、強圧的な政治姿勢で革新勢力と対決した。「昭和の妖怪」という二つ名をもつ(Wikiから)。

こんな卑怯な祖父の孫である。そんな子孫は性懲りもなく、また祖父の思想を継ぐのである。

安倍氏には子供がいない。子供が居ないということは孫もいない。つまり、国軍を作って何かことが起こっても、身内が死ぬことも無い。このような政治家は、例え自分の子供がいても、政治力で前線には決してやらない。前線で命をかけさせられるのは、こんなことを考えてもいなかった何も知らない若者である。

憲法改正は「歴史的使命」=安倍首相、地元会合で表明
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130812-00000139-jij-pol
 安倍晋三首相は12日、山口県長門市内のホテルで開かれた自身の後援会主催の夕食会であいさつし、「憲法改正に向けて頑張っていく。これが私の歴史的な使命だ」と述べ、首相在任中の改憲実現へ決意を表明した。首相が「歴史的使命」との強い表現を用いて改憲への意欲を示したのは、昨年12月の就任後初めて。


まず手掛けることは、憲法解釈の見直しである。民主党の辻元氏の質問趣意書に答えた。「有識者会議の議論」を受けて検討する。有識者は政府側で勝手に都合のよいように選んだ人達であることくらいすぐにわかる。議論の結果を聞かなくても結論は決まっている。今の憲法でも「集団的自衛権」は担保されると言うのだろう。麻生の言うナチスの手法である。

憲法解釈の見直し、答弁書で示唆 閣議決定
 政府は13日の持ち回り閣議で、集団的自衛権に関する憲法解釈について「有識者懇談会での議論を踏まえて対応をあらためて検討したい」との答弁書を決定した。安倍晋三首相が、内閣法制局長官に集団的自衛権の行使容認に前向きな小松一郎氏を起用してから初めての見解で、憲法解釈の見直しを示唆した形だ。 民主党の辻元清美氏の質問主意書に答えた。


自民党に投票した国民は、自分の息子、孫を真っ先に戦争に行かせればいい。彼らには、その責任がある。



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。

人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

この記事へのコメント

2013年08月13日 21:59
いやはや「ナチスの手口」よりもっと酷い・醜い・バカバカしい・恐ろしい・危険な、しかもバレバレの強硬手段か?
---
我ら国民が反対したら、集会をしたら、ネットで発言したら取り締まれる法律を作ろうというのか?
「ネット憲兵隊」とか・・・(怒)
2013年08月14日 00:50
かっちさんに激しく同意!
戦争参加国と言う現実が 極めて近い物になって来た
無論 徴兵制も
少子化の時代 自ら進んで入隊する馬鹿もいないだろう 否応なく引っ張られる 朝は眠いのに起こされて~ 雑巾がけやら履き掃除~ 嫌な上等兵にゃいじめられ~ 泣く泣く送る日の長さ
現実的に若者はなる
今の若者は 他人事では済まされなくなる 政治に参加しなかった仕打ちである 選挙不参加の
2013年08月14日 00:53
憲法改正しなくても 集団的自衛権の解釈で 軍隊にして 国民主権から 国家主権にする
まるで 大平洋戦争時と同じである
まさか自分が生きているうちに またなるなんて 信じがたい事である
2013年08月14日 00:58
いよいよ自民党政権によって 軍国化の道を突き進む!
呑気な若者よ 他人事ではない 軍隊と言う所がどんな所か? 人殺しの訓練と実戦をする所である 鉄砲 大砲 爆弾
死んだら神様である 靖国神社に祀られて 否応なしに 何枚だ
2013年08月14日 01:03
自民党政権は本気だ!
間違いなく 戦争を出来る国にして行く 麻生太郎曰わく 静かにやって行くついに大平洋戦争時代に逆戻りである 街には 軍人が威張り出し 何かあると 「貴様 帝国軍人を愚弄する気か~!」と殴りかかって来る
くわばらくわばら
2013年08月14日 09:39
安倍と麻生太郎の話しを聞いて 映画「兵隊やくざ」を思い出した!
大宮二等兵「上等兵殿~」
有田上等兵「大宮~!」
大宮~ 戦争の国に行こう!!
2013年08月14日 15:47
子供がいる人間なら、憲法改正発言はしないと思いますよ。ヘイトというのは当たらないと思います。
自分の子供が少しでも危険にさらされる可能性があるなら、憲法改正には大反対であり、これは子を持つ親の偽らざる気持ちでしょう。世の中の子供のいない人への差別ではなく、あくまでも安倍首相本人への言葉だと解釈しています。彼に子供がいれば、こんなことを考えるはずがないという意味で、かっちさんは書いてらっしゃるのではないでしょうか。
2013年08月14日 16:09
かっちさんの発言に激しく同意!
安倍氏は 自分の子供が居ないから無責任な発言をしているのです 例え居たとしても 自分の子供は安全な所に置くか免除させると言う解釈です
それがフアシズム思想の根底にある憲法改正と言う自民党政権になるのです
2013年08月14日 16:10
かっちさんは 日本のケネディに似ている!
かっちさん万歳
小沢一郎先生万歳
2013年08月14日 16:12
かっちさんと小沢一郎先生と生活の党は 日本の救世主だ!
閣僚の靖国参拝は外国を試験して危険! アメリカからも止められている
2013年08月14日 23:20
かっちさんへの擁護コメント:
日本語タイトル「華氏911」だったか?の映画監督が
突撃取材で連邦議員が議会に入る前にマイクを向けていたのを思い出した。
---
「9.11」の対抗策でテロと戦うということで議会がお墨付きを与えるなら、ぜひあなたのご子息をイラク戦争に参加させてはどうか?
---
というような内容だった。
もちろん、議員さんたちはマイクを避けて足早に通りさる映像だった。
---
他国では、王族の子息までもが一国民として紛争地域に派兵されたりしているのに・・・
どの国の偽員(誤変換)もこの手の案件では同じ穴の何とかと思うが?
2013年09月12日 22:30
ドイツ第三帝国の向うを張って、
大日本第二帝国の誕生か?
---
なぜかこの時期に、小泉進次郎自由民主党青年局長が多数の偽員(誤変換)を引き連れて台湾を訪問するという。
台湾を再併合?してもっと日中関係を悪化させれば、
自動的に軍事的緊張も高まる。
そこで待ってましたとバカり(誤変換)の軍拡&徴兵制復活だろうか?
---
誰に教えられた「手口」だろうか?
(怒)

この記事へのトラックバック