生活は民主党のような風に頼ることなく、ネットを媒介として国民一人ひとりの支持者を増やすしかない

自民党の中でも麻生氏の顔を見ていると、自分が一番エライというような顔で最も不遜な感じを受ける。もともと麻生家のボンボンで、周りの人から嫌なこともされず、チヤホヤされて育ったのだろう。人間の品性は顔に表れる。もともと品性が無く、思いやりというものが無いと思っていたが、自分ではごく自然に考えが口に出てきたのであろう、「さっさと死ねるようにしてもらわない」と、政府のお金が掛って大変と言った。

麻生副総理「さっさと死ねるように」 高齢者高額医療で発言
http://sankei.jp.msn.com/life/news/130121/trd13012113100011-n1.htm
 麻生太郎副総理兼財務相は21日開かれた政府の社会保障制度改革国民会議で、余命わずかな高齢者など終末期の高額医療費に関連し、「死にたいと思っても生きられる。政府の金で(高額医療を)やっていると思うと寝覚めが悪い。さっさと死ねるようにしてもらうなど、いろいろと考えないと解決しない」と持論を展開した。


この考えは、人間としての尊厳を否定している。自分がその立場なら、命を勝手に断っていいということだ。しかし、こんなことを言っている奴ほど生命にしがみ付くのが世の習いである。自民党は生活保護費は下げても、旧来の自民党の地盤である土建の公共投資は大幅に増やした。そこには、国民の生活よりは一部の経済優先主義である。

この自民党を躍進させた国民の世論調査では、首相の靖国神社参拝に56%が賛成で、反対派わずか26%ということである。 

支持政党別にみると、賛成派は日本維新の会の支持者が74.6%と最多。自民党支持者66.1%、みんなの党支持者64.7%と続いた。「親中」の公明党の支持者でも賛成派47.2%で反対派37.7%を上回った。民主党支持者は二分し、賛成派46.4%、反対派44.9%だった。

ということで、世の中は明らかに右傾化している。現在中国との関係をやたらと煽っている。中国との関係が緊張する程、米国との関係を緊密化でき、また沖縄基地問題も普天間移転の是認方向に持っていける。その状態が着々と進んでいる。維新という名の第二自民党が自民と組むのは自明で、国民は見事に騙された。参議院選挙でも維新は自民党の補完勢力となることは間違いない。

民主党の余りの拙い政治によって、国民は自民党以外の政党は懲り懲りと思ってしまった。これを反動という。この罪は大きすぎる。小沢氏が、双六でもう少しで上がりと思ったが振り出しに戻ってしまったと言ったが、振り出しより後ずさりした感じである。こんな状態で、国会で大見得を切って解散した野田元首相は、自民党の手先ではなかったかと思うほどである。

これからまた、何年旧来の自民党政治を見なければならないのかと思うと気が滅入る。しかし、自民党の政策は批判しているが、自民党のドブ板、後援会選挙は見習う必要がある。生活はネットを媒介にしてどんどん国民と触れ合い、確固たる支持者を増やすしかない。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。

人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 62

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2013年01月21日 22:50
かっちさんの指摘する「右傾化」がどうも引っかかる。

キナ臭い話になるが・・・

1)Remember WWII
まず中国の軍事費増大、領海侵犯を口実にするが、
「具体的被害」を受けている訳でもなく、「領土」「領海」「領島?」の言いがかりで兵力を投入できるものなのか?
過去にニッポンは「戦争」でなく「事変」と言っていたようだが・・・
2)ビジネスでは Made in China (工業製品)がなくなったら、真っ先に困るのはニッポンではないか?
->すでに「工場」は中国に握られている。
3)Product in China(農業製品)は検査を厳しくしなければ到底輸入できない。
-> これこそ「水際」で止めなければならない。

いずれにしても「右傾化」して、アジアを舞台に儲かるのは誰か?
・・・という問題だ。
2013年01月22日 20:29
もうひとつキナ臭い話(怒)。

今回のアルジェリア襲撃事件でも思い出されるのが「国境なき戦争」だ。
リビアもやられてしまったので、「どこどこ国の誰々がけしからん」という言いがかりがつけられない。
---
どこかの「武装組織」と戦争をしようというもの。
戦術が「まず爆撃してから」って具合だから・・・
もちろん、犠牲になるのは庶民だ!
もちろん儲かるのは、双方に武器・弾薬を供給するメーカーだ!
2013年01月23日 12:28
このトピックの本題に戻ると・・・

ネットでは「副総理は個人的なことを述べたのに、メディアの見出しが批判的」という擁護論があるようだ。
---
しかし日本国の副総理、しかも国庫を預かる財務相としては「個人」もへったくれもない。
常に国家・国民のことを考えた言動が求められる。
---
あ、この人に言っても「なんとかのツラになんとか」
だったか?

この記事へのトラックバック