地震で壊れた原発を、他国に国のお墨付きで輸出させようという愚行。

茂木大臣が、原発輸出を推進するという。民主党の菅政権時にこの話があったが、福島の原発事故があってから立ち消えになったかに見えたが、堂々とマスコミに以下のように発表した。


原発輸出を推進=茂木経産相
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013011500364
 茂木敏充経済産業相は15日の閣議後記者会見で、海外への原発インフラの輸出について「相手側の希望と安全性(の確保)を大前提に、これからも進めていきたい」と述べ、政府として今後も推進していく考えを示した。 
 経産相は2011年3月の東京電力福島第1原発事故を受け、相手国の希望を重視する考えを強調した。その上で「わが国が蓄積した原子力に関する技術、人材を原子力の平和利用のためにきちんと使っていきたい」と語った。


この話が急に出てきたのは、安倍首相が東南アジア訪問の一つとしてベトナムを訪問するからである。ベトナムから原発導入の話は前からある。今回、この訪問を機会に、手土産として持っていくためと思っている。

原発を輸出するということは、ベトナムが50年、100年使い続けるとしたら、輸出メーカーの責任として50年、100年単位で供給責任を負う。日本でまだ核廃棄物の処理もどうするかわからないのに、便所のないマンションを売りつけるようなものである。

一番問題だと考えているのは、原発事故を起こした場合、日立や東芝などの一企業の責任では賠償を負えない。況や、ベトナムなどは、海に囲まれた日本と違って、直ぐ隣にはカンボジア、ラオス、中国、またタイ、ミャンマーにも近い。その被害は日本の比ではない。原発に関係の無い国にまで被害を及ぼす。そうなれば莫大な損害賠償は、きっと原発の輸出にお墨付きを与えた日本国に要求してくるだろう。特に、絶対に安全だとうそぶいていた原発が、津波が来る前に地震で内部の配管系がダメになったということは明らかにされている。こんな危険な原発を他国に輸出すべきではない。日本だけで、もうたくさんである。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。

人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 32

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2013年01月15日 23:56
はっはっは!
「便所のないマンション」とは・・・かっちさんに座布団5枚!

しかし、あの戦争/爆撃に耐えた尊敬すべきアジアの勇者ベトナムが「札束攻撃」であえなく撃沈とは・・・トホホ。

この記事へのトラックバック