1月25日の生活の結党大会での新代表は小沢氏か?

「国民の生活が第一」が「未来の党」に合流した結果、「国民の生活が第一」に入党した党員、サポーターは、どうなるのかと質問がたくさん出ていたが、「生活の党」においても引き続き党員、サポーターとなることが両院議員総会で決まった。少しでも党員を増やしたいので、当然の帰結ということだろう。

今日、NHK政治番組で各党の代表が取材を受けたのだが、生活の森代表が興味ある話をした。生活の結党大会が25日に憲政記念館で開催されるが、そこで新代表が選ばれる。司会者が、一部の報道(読売新聞)に新代表に小沢氏がなると報道されているがと森代表に質問した。この中で、森議員は以下の報道のように答えた。直接、質問には答えていない。

「小沢代表」就任に期待 「生活の党」森代表
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130113/stt13011313000004-n1.htm

 「生活の党」の森裕子代表は13日のNHK番組で、現在無役となっている小沢一郎衆院議員の代表就任に期待感を示した。「私たちは小沢氏の『自立と共生』の理念の下に集まっている。力を合わせて頑張っていきたい」と述べた。

 生活の党は新執行部を発足させる党大会を25日に開く予定、党内では夏の参院選に向け、小沢氏の代表就任を求める声が強まっている。


驚いたことに、森氏は上記の話の最後に、小沢氏の陸山会事件、強制起訴は検察の不正により引き起こされた結果で、完全無罪であると締めくくった。これは、NHKの事前調整の話の中では話さなかった話ではないかと思う。NHKとしては、急に言われたので慌てたと思われる。この情報自体はネット世界では常識中の常識であるが、マスコミは一切この話は報道していない。特に、NHKとして検察が不正を働いてでっち上げたと公言されたことは、ある意味不覚だったろう。

この森氏の話を聞いて、これほど小沢氏の潔白性を天下のNHKで話したということは、小沢新代表の噂は本当のような気がした。もし、小沢氏が新代表なら、もう陰(裏)に隠れてはいられない。いいも悪いも、全て結果責任を負わなければならい。小沢さんにとっても、政治生命を掛ける正念場である。それが、国民の生活が第一の結党大会に結集し党員・サポーター、落選した議員への責任である。

日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。

人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック