日本の政治が前原番長の口先で動かされるのは御免だ!

民主党が野田代表になってから、前原氏を政調会長に据えて、内閣の閣議決定事項は党内の政調会議で決めて出すとして、実質的に政府が二つあるようだとこのブログで述べたが、まさにその様相を帯びてきた。

新政権が出来て、前原政調会長が野田首相や玄葉外相よりもいち早く、米国でマスコミの前で講演し、日本の憲法にも関わる武器使用、輸出の規制を緩和すること、またPKOに対する考えも変えると述べた。政調会議でも、まだこのような話しも議論されていない内から、首相でもない男が述べてしまう。

前原氏「武器使用緩和を」 PKO見直し 他国軍も防衛
http://www.asahi.com/politics/update/0908/TKY201109080184.html

武器輸出3原則見直し…前原政調会長、米で訴え
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110908-OYT1T00485.htm?from=popin


これは一体、どういうことだと思ってしまう。「お前は首相か?」言いたい。上記の件の一番関係する一川防衛相もびっくりしたのであろう。このような議論は大事だが慎重に考えなければならないと述べた。

さらに、前原氏はTPPまで言及し、米国の政府高官に、まるで自分が首相のような雰囲気でえらそうに述べている。

前原氏「TPP早く結論を出す」…米高官に
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110908-OYT1T00475.htm

党の政調会長が国の根幹に関わる話を誰の承認もなく、ぺらぺら話すこと自体、日本という国がねじれ来た典型的な事例である。政調会長が国の方針を公言することは、弊害が出てくる。首相や大臣は、国会の委員会において野党の質問で回答をしなければならない。自分の言ったことは言霊が宿すように責任が生じる。しかし、前原、仙石氏の場合は、国会で通常の場合は野党から追及されない。ある意味、院政である。これほどいい身分はない、好き勝手なことを言えるからだ。

大臣の時は、とんと実行力は無かったが、口先だけは達者であった。これからは、政策の実行力は必要としなく、口先だけでよくなった。正にはまり役だ。日頃言えなかった本音も言えるし、また職権で決めていくことが出来る。前原氏の米国追従、タカ派的な本性が出てきて怖い。

日本が口先番長の口先で動かされるのは御免だ。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村****←何か感じましたらクリックお願いします。
人気ブログランキングへ****←お手数ですがもう一度クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 59

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック