前原氏、代表選挙不出馬から見えてくるもの=来年代表選挙に小沢氏出馬。

前原氏が代表選挙に不出馬すると表明したので、どうしてだろうと思っていたら、以下の記事のように、「つなぎ代表」を回避するためと書かれている。

前原氏不出馬の理由、「つなぎ代表」を回避か
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110813-OYT1T00148.htm?from=main1
 民主党の前原誠司前外相が「ポスト菅」を選ぶ党代表選に不出馬の意向を固めたのは、自らの外相辞任の引き金になった在日外国人献金問題について、国会などで野党から追及を受けることを懸念したことに加え、新代表の任期が来年9月までで「つなぎとして短命に終わる可能性が高い」(周辺)との判断も働いたとみられる。
 前原氏は代表選で野田財務相を支持する方向で、前原グループ(約60人)がまとまって野田氏支持に回るかどうかが焦点となる。


上記の不出馬に対して、渡辺最高顧問が、前原氏が首相候補として最も人気が高いということで、出馬を促している。相変わらずお節介爺さんである。

前原前外相に出馬促す 高支持率踏まえ渡辺氏
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110813/stt11081310070001-n1.htm


本題に戻すと、前原氏がつなぎ代表を嫌って不出場としたということが、本当なら今回代表になって首相になっても、来年の代表選挙には負けると考えていることになる。この意味することは、来年の代表選挙には、自分より強力な対抗候補が出てきて、負けることを予想していることになる。

来年前原氏が勝てないと思う候補となると、小沢氏以外考えられない。その時までには裁判も無罪と決着がつき、党員資格停止も無くなり、出馬すると考えていることになる。

前原氏が出馬しないのは、上記の理由もあるかもしれないが、もう一つ理由があるように思える。今回の代表選挙の事情は、菅氏を支持したグループには不利と考えているように思う。つまり、代表選の勝敗を決める要素は、小沢氏グループ、鳩山氏グループの数で、それがキャスティングボードを握っている。前原氏は、菅氏に同調して小沢氏には不利な動きをしており、小沢氏グループからは支持を受けることが難しいと思っている。

小沢氏も、来年の代表選挙には出たいと思っているはずで、そうなると代表選挙で支持する候補者は、小沢氏と年齢にあまり差が無く、小沢氏には少なくとも敵対していないグループ、中間派グループの候補を推すと思われる。そうして、前原氏も想定しているように来年9月の代表選挙には小沢氏が出てくることが予想され、小沢首相が実現される。

日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村****←何か感じましたらクリックお願いします。
人気ブログランキングへ****←お手数ですがもう一度クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 53

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック