菅政権の興味は解散総選挙に移った。民主党新会派の幹事長である笠原幹事長の主張に理がある。

やはり菅民主党は怖い。先日、国民新党の亀井代表が、今の菅執行部を連合赤軍と言ったが、まさにその様相を呈してきた。民主幹部が公明党に菅の首と引き換えに関連法成立に協力を得られないか打診したとあった。この幹部とは誰か? 党の幹部というからには、NO2の岡田か?または副代表の仙石か? この幹部は仙石ということが日々坦々さんのブログに書かれているhttp://etc8.blog83.fc2.com/blog-entry-899.html)。 菅が自分の首を出すから公明党に打診してくれと言ったのであろうか? 1%に支持率が下がっても、石に齧りついてもと言っている菅が、そんな殊勝なことを言うはずはない。だとすると、連合赤軍よろしく、内部で密告してボスを敵に売り渡すつもりであったのか。そうだとすれば、この執行部は権力にしがみつくため、自分の不利になる相手を冷酷に切り捨てる権力亡者と言える。

「首相退陣と引き換えに協力を」民主幹部、公明に打診
http://www.asahi.com/politics/update/0218/TKY201102180176.html
 新年度予算の関連法案をめぐり、菅直人首相を支持してきた民主党の有力幹部が公明党幹部に対し、首相退陣と引き換えに関連法案成立に協力を得られないか打診していたことがわかった。小沢一郎元代表に近い議員ばかりではなく、首相支持派からも首相退陣で局面打開を目指す動きが出てきた形で、政権運営は一層厳しさを増している。
 この民主党幹部は今週に入り、公明党幹部と会談し、菅内閣がめざす新年度予算案と関連法案の年度内成立を要請した。「首相のクビを代えてもいい。何とかならないか」と働きかけたという。さらに子ども手当法案を大幅修正する用意があることも伝えた。

 公明党幹部は、民主党幹部からの打診を断ったという。公明党は4月の統一地方選に向けて民主党政権との対決姿勢を強め、予算案と関連法案に反対する方向で調整を進めている。


既に、いくつかのブログに紹介されているが、2月17日、民主党比例代表選出の衆議院議員16人が、民主党の会派を離脱し新会派「民主党政権交代に責任を持つ会」を立ち上げた。その幹事長である笠原多見子議員の緊急インタビューを、岩上安見氏のオフィシャルサイトで見せてもらった。百聞は一見如かずで、拡散する意味で紹介する。笠原幹事長の話を聞くと、至極真っ当で、昨日毎日新聞の社説で書かれていた「会派離脱は筋が通らぬ」という論理は、全く当たらないことがわかる。毎日新聞も、岸井主筆になってから本当に劣化した。噂通りの事態も、遠くないように思える。



社民党に協力要請を行いながら、水面下では公明党との密談を行っているようでは、社民党も黙っていないだろう。会派離脱した16人には個別に執行部から説得を試みているらしいが、難航していると報道されている。菅内閣支持率も17%台となったらしい。こういう数字は、あるしきい値を越せば、つるべ落としとなる。それこそ、地方の民主党議員の大反乱が起こるだろう。こうなったら、何時菅が解散を言うかという話題に移行するだろう。総選挙になれば、日刊ゲンダイの影響の大きい東京では、菅の再選は厳しい。再度の四国お遍路が待っている。

日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村****←何か感じましたらクリックお願いします。
人気ブログランキングへ****←お手数ですがもう一度クリックお願いします。


毎日新聞社説:民主党内紛 会派離脱は筋が通らぬ 
普天間問題に関する鳩山由紀夫前首相の「抑止力は方便」発言に続いて、またもや民主党内であぜんとさせられる騒ぎが起きた。同党の小沢一郎元代表に近い比例代表選出衆院議員16人が、衆院会派の離脱届を提出した内紛である。
 確かに今回の分派行動は菅直人首相にとって大きな打撃となり、政権の行き詰まり状況を表すものだろう。しかし、こうした内部抗争が続けば続くほど、民主党そのものへの国民の不信は増幅していくだけだ。まず、それを指摘しておく。
 そもそも、「院内会派は離脱して新会派を作るが、離党しない」という今回の16人の行動は奇策どころか禁じ手といっていい。
 会派は委員会の議席数や質問時間配分などを決める国会内の構成単位であり、ある党が無所属議員とともに会派を作ったり、複数の党が統一会派を作るのは通常あることだ。だが、基となるのは、あくまで政党である。同じ政党が複数の会派に分かれ、首相指名や重要法案の賛否で判断が分かれるというのでは、政党政治、あるいは議院内閣制の根幹を揺るがす事態にさえなる。
会派を離脱するためには、会派の代表者が議長に離脱届を出す、つまり党側が判断する手続きが必要となっているのはそのためだ。岡田克也幹事長が今回、離脱を認めない考えを表明したのは当然である。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村****←何か感じましたらクリックお願いします。
人気ブログランキングへ****←お手数ですがもう一度クリックお願いします。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 82

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック