テーマ:れいわ

れいわが麻生太郎に果たし状を叩きつける。

以下の動画の1:42:40ぐらいから大島氏の話があります。 れいわが、無敵の麻生太郎に挑戦する。元国民民主の大島九州男氏を、福岡8区の次期衆院選 公認候補予定者として発表した。大島氏は山本太郎氏と参院時代、同じ委員会に居た。大島氏が委員長で、山本氏が一人修正法案を出す度に、本会議において山本氏の修正案をきちん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

枝野氏の代表選挙での消費税減税の言葉はポーズだった。れいわ、共産との連携も怪しくなった。

枝野氏と泉氏の代表選挙で、泉氏はコロナが収束するまで消費税をゼロに、枝野氏もそのとき消費税を減税すると述べた。するならゼロとまで述べた。これを聞いててっきり、共産、れいわが主張している消費税減税(5%)と連携出来ると安心していた。 ところが、『消費税を下げていくことができるかどうかについて議論すべきで、上げていくなんて論外だ」と批判し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新党は名前、中身の政治家も同じようだが、地獄を見て反省した塊は同じ以前の塊と違う。他の野党とさらに大きな塊を作れ。

新党の立憲が発足したが、親与党の新聞、評論家から新党は全く新味がない、数合わせの単なる塊になっただけとの批評がたくさん見受けられる。世の中の常として、どうでもよいことは評論されることはない。何か評論されることは、逆に新しい塊を意識していることである。これは良い傾向である。どんどん批判される方が希望が高まる。言わせておけ。 菅氏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

枝野代表が決断。消費税減税も視野。れいわも新党との共闘可能になった。

今度の新党の代表と目される枝野代表が、次期衆院選挙で消費税減税も下げること、一時期ゼロも検討すると述べた。1千万円以下の所得者も1,2年は所得税をゼロにするとまで述べた。衆議院選挙で野党側は何を錦の御旗で対抗するかと思っていた。れいわの山本代表は消費税は少なくとも5%にしないと勝ち目はないと言っていた。国民、共産党も5%に同調するこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍政権は経済、森友、コロナで自滅。野党は千歳一隅の好機、利害・エゴを捨てて連携すべき。

毎日新聞が7月の世論調査が出た。 内閣支持率先月から4%下がり32%となった。不支持率も4%上がり60%となった。まあ妥当な数字と思う。GOTOキャンペーンのゴタゴタを反映させれば支持率30%を切るだろう。 安倍首相は国会を閉じてひたすら冬眠状態である。コロナ感染も来週には300人を超えるだろう。なぜなら、国、都としての対策…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

非正規社員世代の40~50代が孤独死2割の世界になった。異常事態と認識すべき!

朝日新聞の『孤独死、40~50代が2割の衝撃 不安定な雇用影響か』という記事を読んでついにそんな記事が出るようになったかと暗澹となる気持ちになった。この世代はロストジェネレーションと言われる世代である。れいわの山本太郎が政策としてロスジェネを含む底上げを行うとよく言う。山本はその危機感を持っている。この世代は、小泉首相の下で竹中が大臣の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

立憲幹部がれいわの減税思想に染まらないように引き締め。心が狭すぎ。

安倍首相が衆議院の解散を述べている。年明けの通常国会で予算が成立させれば、解散する可能性は高い。オリンピック前に解散し、また自民が圧勝すれば、桜の禊も済んだと言うことは目に見えている。 立憲が国民へ統一の話をしたが、その後熱気を持って進行しているようにも見えない。今政党支持率は、立憲が3.8%、国民が0.6%で足しても4.2%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more