テーマ:世論調査

毎日新聞世論調査、菅内閣支持率26%、いよいよ政権交代も夢でなくなった。命の選択選挙。

毎日新聞でも、菅内閣の支持率が26%と前回の30%から転落した。もう、ここまで落ちれば、回復は難しい。これで、自民党の3回生以下の議員たちは浮足立っている。総裁選挙では、俄かに岸田氏が有利になっている。ここで、石破氏も色気が出てきたようで、出馬は白紙だと言い出した。石破氏が出れば、岸田票が割れる。菅氏は出てもらいたいだろう。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

内閣支持率(29.3%)+政党支持率(21.4%)が50.7%で政権交代が現実的。

内閣支持率が何時30%を切るか注目していたら、朝日新聞、毎日新聞に先立って時事通信が支持率29.3%を打ち出した。20%台はかなりのインパクトである。自民の議員も相当焦っていると思う。内閣支持率+政党支持率21.4%が50.7%である。50%を切れば政権交代の可能性が出て来ると言われており、極めて近くなった。菅首相はオリンピック…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

NHK世論調査で菅内閣、過去最低の支持率。オリンピックが有っても支持率は上がらない。

2021年7月(7月12日更新)の内閣支持は、33%、不支持46%となった。 「菅内閣支持する」:先月より4ポイント下がって33%と、去年9月の発足以降最も低くなりまし「支持しない」  :1ポイント上がって46%で、発足以降最も高くなりました。 NHKの世論調査結果を以下に示した。NHKの調査は朝日新聞のそれと比べて、与…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

菅首相は国民の命よりオリンピックファースト。もう替えないと命が危ない。

今日、偶々国会中継を聞けた。立憲の蓮舫議員が質問していた。 蓮舫議員は、オリンピックの選手、役員用の病床数はいくらと聞いたら、丸川大臣は今把握してしないと答えた。ただでも病院収容が逼迫している中で、数万になる選手、役員と日本国民のどちらを優先しますか?と菅首相に聞いたら、聞いても無い話をダラダラ述べ、ズバリ答えなかった。 蓮舫氏は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

時事、毎日新聞の世論調査で菅内閣支持率30%前半。野党は今政権交代の千歳一隅のチャンス。共闘を!

時事、毎日新聞の世論調査で菅内閣支持率30%前半。野党は今政権交代の千歳一隅のチャンス。共闘を! 直近の世論調査で時事、毎日新聞のデータが公開された。以下がそれらの数値を示す。時事、毎日で内閣支持率がほぼ同じで、34%、33%となった。あっと言う間に30%前半となった。毎日は不支持率は57%まで上がった。コロナ対応もほぼ同じ数値で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

1月世論調査:菅政権支持率は不支持率逆転。コロナ対策評価せず

直近の1月の世論調査が、共同通信、JNNから出てきた。この調査は、毎日新聞、朝日新聞の調査結果より政権に甘い数字がでる傾向にあるが、ほぼ2つの内閣支持率はほぼ同じ41%となった。私から言えば、この命の危険に晒されている中で、この数字が操作されていないとすればまだ41%も支持している人がいること自体が信じられない。これが命に係わら…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

菅内閣は確実に下がってきた。国会答弁の実力無しも露呈。解散は近い。

菅内閣の支持率が、先月から7ポイント落ちた。それでもまだ57%もある。年内にはもう10%程度下がる。年明けには50%を切る可能性がある。この数字を見て、自民の議員たちは、これはまずいなと心の中で思っているはずである。もともと、派閥の長でもないし、安倍の突然の辞任の真空状態で生まれた内閣である。二階幹事長が支えているから居座れている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

調子に乗り過ぎた安倍政権の凋落が始まる。

毎日新聞の直近の世論調査が出た。今まで、内閣支持率が40%以上あるのが不思議で仕方なかったが、最近の国民の意志を無視してゴリ押しした評価が出てきた。 内閣支持率が40%を切り、37%、不支持が40%で2カ月ぶりで逆転した。これでもまだ高いと思うが。 外国人労働者の改正入管法:評価しない55%、沖縄土砂投入:反対56%、賛…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

国民不満の安倍政治の代わり受け皿は、小沢提唱の「オリーブの木」構想しかない。

今日のTBSの「ひるおび」の番組で、7月13日3(木) 18:49~21:53に紀尾井町「WASHOKU蒼天」にて、首相を囲んだお食事会について、政府代弁者の田崎氏が聞かれていた。 この食事会には、各マスコミを代表して、曽我豪(朝日新聞編集委員)、山田(毎日新聞特別編集委員)、小田(読売新聞グループ本社論説主幹)、石川(BSジャパ…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

安倍政権に替わる野党の受け皿作りが急務だ。

安倍首相は、海外遊説を1日切り上げて帰国した。その理由は、持病を治療することが目的との憶測も流れている。 持病に最も影響する原因はストレスという。そのストレスの原因は、自分が撒いた森友、加計学園の疑惑である。つまり、「総理の意向」疑惑である。その中身は、徹底したお友達政治である。次の内閣改造では、限りなく黒であった甘利前大臣が再入…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

国民は、安倍政治の危険性に気付き始めた。

共同通信の世論調査で、やっと安倍内閣支持率が7ポイント下落した。甘利氏の辞任でかえって支持率が上がったが、せっかくの甘利氏のお涙も国会で次々とURとの取引が明らかにされては、効き目が無くなったと思われる。限りなく斡旋利得罪に近づいているのに検察の動きが見えないのは、もうこの国には人を裁ける検察はいないのかと思ってしまう。現実にそうなので…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

菅首相の頭にはもはや、民主党の代表という考えはない。

自民党、公明党幹部が、菅首相が両院議員総会で「解散」について述べたことに怒って、「不見識で不謹慎」と述べたが、これは完全に菅のペースにはまっている。声高に騒ぎ立てる程、その「まさか」がだんだん馴らされて、「本当」のこととなってくる。それが菅の狙いだろう。自公がいきり立つほど逆効果だ。 また、菅首相の女房役の枝野が、「いろいろ深読み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more