テーマ:トランプ大統領

参議院選挙が終わって噂通り、米中貿易戦争で売れなくなった農産物を買わされる日本。

参議院選挙が終わり、トランプ大統領が安倍首相に対して、選挙前に言われた通り、米農産品の巨額購入を要求していること明らかにされた。先日、海に落ちた戦闘機100機以上で1兆円以上、陸上イージスアショア数千億円を買うことを約束している。この手の購入は、まるで自分の財布から安倍首相の一存で出すようだ。それなら文句は言わないが、このお金は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

景気動向指数 基調判断、6年ぶりに「悪化」

景気動向指数が発表された。基調判断が6年ぶりに「悪化」の方向へ下方修正された。米国の関税上げが、影響が出だしている。トランプ大統領は本当にギャンブラーのような大統領である。相手が言うことを聞かなければ脅しで関税を25%まで上げてしまった。これでは、中国もたまったもんでない。当然、米国だって、中国の対抗措置による関税上げにより、米国から輸…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領は北朝鮮の危機にかこつけて日本に武器の大量購入を促す。

昨日のブログでは、『トランプ大統領は、日本がミサイル迎撃をしなかったことに不満』と題して、トランプ氏は日本が北朝鮮のミサイルを迎撃した方が良かったと述べたことを書いた。 今日、安倍首相とトランプ大統領との会談で、「日本の膨大な兵器購入が非常に重要」と述べたと書かれている。「膨大な兵器」の意味するところは、上記の話を深読みすれば、日…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

トランプ大統領は、日本がミサイル迎撃をしなかったことに不満。

トランプ大統領が来日し、今日はゴルフを二人で楽しんで、いい身分である。何も、わざわざゴルフをすることも無いと思うのは私だけか? 明日は、北朝鮮に圧力をかけるための共同声明を出すのであろう。その宣伝効果に、北朝鮮から帰国した曽我ひとみさんとの面会も調整していると言われている。 トランプ大統領は、先日の北朝鮮ミサイルを日本は破壊…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

トランプ大統領のハニートラップにひっかけられた安倍首相

恵氏の「ひるおび」で、安倍首相の御用記者の田崎史郎氏は、今回の日米会談について、他の解説者が辛口な評価であったが、ヨイショの極みで90%以上成功したと持ち上げた。 自由党の小沢一郎代表は、安倍政権では対等な交渉は出来ないと述べた。お金で機嫌を取ろうとしていると述べ、貿易、軍備で譲歩を迫られると述べた。 毎日新聞の社説でも、…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

トランプ大統領へお土産の投資額は約51兆円か?

当ブログで、日本からお土産を持って出かけた安倍総理は、トランプ大統領の厚遇を受けて、逆に大きなお土産(負担、約束)を持って帰ってくると書いた。 今日のトランプ大統領との会談で、尖閣列島も安保規定に含まれると確認したと大喜びである。思いやり予算についても、これ以上の負担は求められなかったと、一安心している。トランプ氏は商売人である…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

米国にお土産を持って行く最中に米中会談。足元をすくわれる。

トランプ大統領も、したたかである。安倍首相が、どっさりとお土産を持って、日本を飛び立っている間に、トランプ大統領は習近平と電話会議をしたというのだ。安倍首相は、マティス国防長官が、尖閣列島は安保条約の規定内にあるという言質を得て、有頂天になっていたからだ。中国と何かあれば、米国が守ってくれると有頂天になっていた。これで、中国は怖くないと…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

トランプ大統領との会談は、とんで火に入夏の虫状態で、逆お土産を貰ってくる。

安倍首相が、トランプ大統領との会談のために出発した。共産党の志位委員長からは、会談する前から、お土産目録を作ってもって行くと言われてしまった。そのお土産の中には、米国での鉄道インフラなどの投資が含まれているらしい。そのお金に、年金基金から投資するということは、本当の話と思っている。なぜなら、この投資は、別に日本政府が借款するという話では…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

トランプ大統領との「奴隷外交」にために国民年金を献上

安倍首相は、日本の野党に対しては糞みそであるが、トランプ大統領と会うためには、お土産集めに奮闘している。その光景を日刊ゲンダイが良く書いている。「追随外交」ではなく、「奴隷外交」になっていると表現している。米国のインフラ投資に、日本のお金を献上する筋書である。 マスコミには、その資金の財源に、「国民の年金」を使うと述べている。こ…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

世界の警察から米国が世界の不安定要素になった。

トランプ大統領が、オーストラリアの首相との間で、オバマ大統領時代に取り決めた両国間の難民交換について会議の話題に上がって激怒したのだ。 仮にも米国の大統領が、簡単に激怒すること自体が恐ろしい。トランプ氏は、アメリカ国民の中で白人でない異人種は、米国内で何かを仕出かす人種と見なしているようだ。先日のイスラム国7か国の入国を拒否するこ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

トランプ氏を説得出来るような幻想を振りまいていたが、それが見通せなかった首相

今日(28日)の23時から、トランプ大統領と安倍首相が電話会議をやるという。来月の訪米の議題等を、話し合うという。それも、2国間の貿易の話をするという。貿易と言えば、安倍首相は米国が離脱すると言っているのにTPPの承認を強行採決した。その理由は、説得をすればトランプ大統領はわかってくれるという理由からだ。トランプタワーでトランプ氏と会っ…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

安倍政権、日本ファーストよりは米国ファーストとなりそうだ。

安倍首相が、トランプ氏が当選した直後、真っ先にトランプタワーに訪問し、TPPに参加してほしいと頼んで、日本に期待を持たせた。トランプ氏が大統領になったら、TPPから離脱するというニュースが出てからも、まだトランプ氏を説得出来るような幻想を振り撒いていた。 しかし、トランプ氏が実際に大統領になった途端、真っ先にTPPからの離脱を宣言…
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more

安倍首相、トランプ大統領に、ちぎれんばかりの尻尾振り

トランプ大統領が就任した。彼の言動、素行を聞いていると、よくぞ合衆国の大統領になったものだと感心する。 大統領に当選したのは、余程、米国内の白人の経済力が、有色人種などの住人の進出によって落ちてきたからと思われる。しかしそれだけでは、クリントン氏を抑えることは、常識的には考えられない。やはり、ロシアがトランプ氏を勝たせるために、…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more