テーマ:天皇陛下

今上天皇の象徴役割を87%が認めている。片や国民の代表が「信頼出来ない」では悲しすぎる。

天皇陛下が象徴の役割を「果たされている」と回答した国民が87%と出たことに、やはり国民は見ているのだなと思った。約90%とは脅威的な数字である。10人中9人である。自分も聞かれたら同じ答えをしているだろう。 天皇陛下は平成の時代に自国の戦争で誰一人死ななかったのを、涙声で良かったと述べていた。この言葉に、自分の父のときの戦争責…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

憲法改正の安倍首相と護憲を標榜する象徴天皇

天皇陛下の誕生日には8万数千人が参観したという。天皇陛下の誕生日の言葉の中に、憲法の中でうたわれている「国民の象徴」として行動してきたと述べられた。それらの言葉に多くの人が涙するぐらい心を打ったお話であった。 国民の象徴として、伝統的儀式以外の平素何かしなければならないというスタイルの規定はない。戦争犠牲者供養、震災見舞い…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

安倍政権は沖縄県予算を削り、言うことを聞く市町村には県を通さず政府から直接金をばら撒く。

天皇陛下の誕生日を迎えて、平成最後のお言葉を述べられた。何度も、言葉をつまされ、聞いている方も涙した。この中で沖縄の話が述べられている。沖縄は訪問地の中でもダントツの11回も訪問されている。 沖縄について「実に長い苦難の歴史」をたどってきたと述べた。この長い歴史とは、琉球時代も含まれているが、同じ時代を過ごした沖…
トラックバック:6
コメント:1

続きを読むread more

戦没追悼式の天皇陛下の真心の言葉に対して、安倍首相の言葉はむなしく空虚に聞こえる。

全国戦没者追悼式に臨み、天皇陛下は以下のように話された。天皇陛下は、実際に集団疎開して、虱や蚤もいる環境で一般の学友と寝食を共にした。疎開から皇居に帰られたとき、東京の焼け野原に愕然としたという。以下は追悼文である。 『終戦以来既に73年、国民のたゆみない努力により、今日の我が国の平和と繁栄が築き上げられましたが、苦難に満ちた往時…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

日本国のトップの安倍首相と、日本国の象徴である天皇陛下の人間性の違い

広島市の土砂災害を見て、これまでの被害を出したことに、なんとも言えぬ思いをしていた。この大事故の対策を講じるため、安倍首相は、森元首相、日枝久フジテレビ会長らとのゴルフを切り上げ、官邸に戻って来て通り一遍の会見をしていた。 夕方の日刊ゲンダイ紙のWEB版には、以下のニュースが載っていた。当然、わざわざゴルフを切り上げ帰ってきたのだ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

天皇陛下と安倍首相の行いを見て思うこと。

両陛下が、また沖縄入りして、罪の無い子供たちが大勢なくなった対馬丸の慰霊に出席予定である。両陛下を拝見していると、自分の父である昭和天皇時代に、多くの兵士、民間人が亡くなった責任を自分の十字架として、決して戦争を起こさない気持ちの上に行動しているように見えて仕方が無い。 両陛下、沖縄入り=10回目、対馬丸犠牲者を慰霊 http…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more