テーマ:小山田圭吾

オリンピックスポンサーの反乱。企業の倫理性のリトマス試験紙。

オリンピックは早くも破綻している。前回のオリンピックは本当に日本国民が一致団結して熱狂した。しかし、今回のオリンピックは嘘から始まったことが全てを象徴している。 当時の安倍首相は自分のレガシーを作るため、復興五輪と言って原発事故を出汁に使って誘致した。原発汚染はアンダーコントロールと述べ安全を強調した。コントロール出来ていれば、福…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

いじめの山田圭吾によるオリンピック曲。今のグダグダのオリンピックを象徴。

今、急に小山田圭吾が話題になっている。オリンピックの開会式、閉会式の曲を担当しているからだ。そのいじめがひど過ぎるからだ。Wikiから引用すると以下になる。 『1995年7月1日発売の音楽雑誌に掲載されている小山田のインタビューにて、小山田が小学生から高校時代の長年に渡り、複数の障がい者生徒に対していじめ・暴行行為に関与していたこ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more