テーマ:維新

元維新丸山議員に糾弾決議。国会議員としてのモラルは完全に崩壊している。

維新という党は橋下徹氏が起こした党である。自民に対抗する革新というイメージで党勢を拡大してきた。しかし、中身は自民の補完政党で今まで国会採決で随分と自民に協力してきた。思想としては根は自民よりも右が多いと思っている。現在の党首で松井氏も一見ヤクザの親分のように見えるのは私だけか。橋下氏も一種独特の癖がある。その中で若手の代表が今…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

元維新 丸山議員は根室市議会の決議を受けて辞任せざるを得ない。

元維新の丸山議員は、野党の「辞任勧告決議案」、自公は野党案には同調しないで「譴責決議案」を提出した。これに対して丸山議員は野党の辞任勧告を認めて辞めれば国会でそれが前例となり、これからの議員さんのためにはならないので絶対に辞めないと述べている。それだけ偉そうなことを言っておきながら、全治2か月の「適応障害」だと仮病を使って雲隠れした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元維新丸山議員は急に「適応障害」。こんな病名前代未聞。

北方領土を戦争で奪還する趣旨の発言をした元維新の丸山穂高衆院議員の弁明を聞くために、衆院議院運営委員会は24日午前、国会内で理事会を開いたが、丸山氏は「体調不良」を理由に欠席した。医師の診断書には「適応障害」と書かれていたという。2カ月の療養が必要という。もう少しもっともらしい病名を考えればいいのに、如何にも嘘とわかる病名である…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野党6党で丸山議員辞職勧告提案提出。自民は難色。提案否決なら大変なことになる。

立憲など野党6党が、丸山衆議院議員の辞職勧告提案を提出。当然の話である。野党6党の中の維新が言い出しっぺである。維新も丸山氏とは関係が無いことを見せるためのパフォーマンスである。自民党にも同調するように呼び掛けているが、難色を示しているという。摩訶不思議な世界である。政権政党としては最も迷惑な話のはずである。 難色を示しているとい…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

元維新の丸山議員の北方領土を「戦争で取り戻す」発言は日本の恥。

維新を除名された丸山議員がとんでもない発言をした。日本維新の党も、早く関係ないことにしないとせっかく大阪で維新の勢いが付いたのに帳消しになるのを恐れて、離党届を受け取らず除名にした。維新の丸山議員、足立議員は、国会でいつも物議を醸す発言をしていた。ある意味、自民より右のことを言う議員と思っていた。その丸山氏の化けの皮が剥がれたという…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

疑似野党・維新の自民へのすり寄りは、野党にとってチャンス

現在維新の勢力は、民進への分裂後、衆院15名、参院12名 計27名である。この議員数は、ひとえに橋下氏の人気のお陰と思っている。民主党政権のふがいなさに呆れ、自民への投票までは躊躇した国民の受皿になり、大きく伸びた。橋下氏が代表から降りて、ドヤ顔の松井代表となり、維新は明らかに勢いが無くなっている。そのためか、生き残りのために自民にすり…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

やっと2つの維新の動向もはっきりする。これを受けて野党共闘の協議も加速するべきだ。

安倍首相が、軽減税率の範囲を生鮮食品だけにし、4000億円の持ち出しに抑えろ指示したという。公明党は生鮮食品の加工品まで広げろと主張している。ここまで入れれば財源は1兆円となる。魚のままと刺身では税率が違うということだが、海外援助費、防衛費は湯水の如く気前よく出すが、一般庶民には厳しい。首相は生まれてから、生活のためにスーパーやコンビニ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

今や自公に対抗して、ブレない共産、生活、社民が軸になるしかない。

NHKは、正式に総務省に届を出していない橋下新党の「おおさか維新」片山氏(維新除名)を、生活、元気などの政党を出さずにTV出演させた。早速、今日、日刊ゲンダイ紙が1面見出しで、「NHK 維新造反組支援」と出して批判した。他の大手はダンマリである。一体、日本はどうなったのかと言わずにいられない。本当に世の中おかしくなってきた。 共産…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

公認されていない「おおさか維新」の片山氏を出すNHKは、もはや公共報道機関とは言えない。

今日のNHKの日曜討論会において、維新を除名された片山氏が「おおさか維新」の名で出演し、生活と山本太郎となかまたちの党は出演していなかった。 NHKは全国民から強制的に金を取って、公平性は最も担保されるべき放送であるはずなのに、維新から除名されて、まだ政党として認められていない党の代表として片山氏を出演させたことは、許されないこと…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

大阪維新系議員がやっている行為は、法律的には違法行為ということだ。

このブログでは、当初橋下氏が維新を立ち上げたとき、かなり好意的な論調で記事を書いていた。特に原発問題などの発言などは評価していた。しかし、大阪府政、市政においても、際立った成果を上げていると聞こえてこない。 決定的に不信感というか、橋下氏の人間性、政治家の資質に疑問をもった発言が、沖縄の米軍司令官に言った内容であった。それは、米軍…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

維新は泥沼状態。もう法律的に決着を付けないと終わらない。

前代未聞の事態が起こってきている。現執行部の松野代表に除名されたおおさか維新の議員達が臨時大会を開き、維新の党を解党したことを宣言し、おおさか維新を立ち上げるという。松野代表の名で振り込まれた政党助成金は返納するという。 総務省は、解党届の経緯を見て、解党かどうか判断するという。総務省は安倍首相の配下である。今回の一連の動きを操っ…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

偽りの維新が分裂して、野党再編が加速。さらなる再編に向けて、民主も不純分子は去るべきだ。

野党の衆院議員125名が連名で、以下の憲法、国会法により、衆議院議長宛に、臨時国会の召集を要求した。 日本国憲法 第五十三条  内閣は、国会の臨時会の召集を決定することができる。いづれかの議院の総議員の四分の一以上の要求があれば、内閣は、その召集を決定しなければならない。 国会法 第三条  臨時会の召集の決定を要求する…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

大阪維新が松野維新の法的存在性を否定。しかし、郷原氏らが法律意見書でそれを否定する。

維新と橋下氏の大阪維新が泥沼状態になっている。橋下氏は市長を辞めたら、引退すると言いながら、大阪維新の結党後も、引退するか、しないかも言わない。もう、オオカミ少年こと、オオカミ橋下は決して引退はしないと見ている。その内に、自民党候補として、ツラっと出てくるかもしれない。 維新の本家は、大阪維新の本部にあったせいか、政党助成金が振り…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

時代錯誤の大阪維新、時代の風を読めない民主。これで自公を倒せるか?

地域政党 「大阪維新」が、本体の「維新」が認めていないのに、10月1日に発足するという。その代表がまた橋下氏というから呆れる。また嘘を言ったということだ。大阪市長を辞めたら、政界から引退すると言っていたからだ。もう橋下氏の放言、嘘に驚かなくなった。 大阪維新として、九州の他、全国でも候補者を立てるという。大阪市の話だったから何とか…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

もう終わったはずの橋下氏が、国政レベルでは誰も興味を持たない「大阪維新の会」立ち上げ。

橋下さんよ、あなたは市長を辞めたら政界から引退するのではなかったのか? そう言ったのではないのか? しかし、そう言いながら、安倍首相、菅氏と会談していた。維新は300年続いた幕府と同じだった自民を否定するというから、民主から離れた票を得たのだ。今回も、柿崎幹事長が、野党連合で推薦した候補者を応援に山形に行ったことを、橋下氏、…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

橋下、松井氏の維新からの離党は、野党再編の第一歩である。

維新の創始者橋下氏が維新を離党した。これは時間の問題であった。元々国会議員でもない橋下市長が、国会議員を束ねることは無理があった。また、民主党政権から自民党政権が与党として返り咲いた時、維新は民主党はダメだが、自民には投票したくはない人たちの受け皿になった。橋下氏が出てきた当初は、それこそ「維新」の言葉通り、自民でもない民主でもない政…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

維新の党と政治に未練タラタラの橋下維新との決別は必至か。

維新の柿沢幹事長が、橋下維新最高顧問の「大阪維新の会」国政政党化の発言に不快感を示していると書かれている記事が出て来た。今まで大阪維新側との対立があると報道されてはいたが、これほどあからさまに維新トップレベルの発言が出て来たことはなかった。 維新・柿沢氏が不快感 橋下氏の国政政党化発言 http://www.chunichi.…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

政府の安保法案の採択を抑えるのは、全野党の採決拒否しかない。

ここ2日ほど、維新が戦争法案の対案を出すことを決め、自公の投票の土俵に上ることについて批判してきた。この理由は、維新が野党の足並みを乱すと考えているからだ。そもそも、集団的自衛権は憲法が禁じているので、維新が対案を出すこと自体、違憲なのだ。 法案を小手先で変えることしかない。自民党は、維新の対案を歓迎している。第2党の野党が採択を…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

もう政界から引退するはずの橋下氏の置き土産で、維新が政府土俵に乗る

正直言って、自公を選んだ有権者は、今の安保法制などの政治状況を見て、どう思っているのであろうか?マスコミの内閣支持率を見れば、明らかに落ちている。民主党政権が出来る寸前の小沢氏の事件については、マスコミは毎週のように世論調査を行い、事件についてこれでもか、これでもかと騒いでいた。 自民党は、安保法案は強行採決をすることを既定方針…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

野党第2党の維新の自公の補完政党化により、戦後の戦争法案も衆院可決へ。

衆院平和安全法制特別委員会は3日、安全保障関連法案の採決の前提となる中央公聴会を13日に実施する日程を自民、公明両党と維新の党の賛成多数で議決した。 維新は安保法案に対して、維新の独自案を出すというが、その独自案なるもの自公の政府案を単に修正したもので、実質政府の案を大筋認めたと同じであると考えている。 その維新の内情について、…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

似非野党が新党をつくろうが、結局自公の対立軸にはならない。

維新と結いの党が新党を設立した。橋下氏と江田氏が共同代表という。共同代表と言えば、昔、橋下氏と石原氏の共同代表があった。この共同代表というものは、すこぶる訳が分からない。今度の共同代表関係も、維新の非国会議員の橋下氏と、国会議員の石原氏の関係に似ている。生活の小沢代表は、橋下氏が国政を論ずるなら国会議員になった方がいいと述べた。今回の新…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

自民の暴走を止めるには、真の野党の台頭と共闘が必要である。

自民党の一党独裁を許しているのは、数の問題だけでなく、自民党に対してハッキリとNOと言える野党が居なくなったからだ。野党がまるでまとまりがない。分党前の維新やみんなの党は、自公の行う政策に是々非々で対処すると言っていた。今は、一番肝心なところは自民の補完政党になっている。最も基本である、憲法、基本的人権に関わるところは自民党と同じで、節…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

民主党海江田代表、橋下新党との連携は困難と述べる。それが真っ当な判断だ。

民主党海江田代表は、橋下新党との連携は困難と述べた。この記事を読むと、民主党もまとまっていないと見られる。なぜなら、維新と結いの党が合流すると決まったとき、民主党の細野氏が、民主党も上記新党と統一会派を検討しなければならないと意欲を示したからだ。民主党には野党連合よりも、むしろ安倍氏に近い勢力もいる。  その中で、何とか代表に留ま…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

極右の石原氏グループの分党により、野党再編加速への第一歩が切られた。

維新の石原氏が、今回の分党の件で記者会見を行った。石原氏は、自分が都知事を辞めて、もう一度国会議員になった理由は、自主憲法を制定したいからと述べた。今の憲法は、醜悪な文章で助詞もめちゃくちゃな文章であると、まるで汚いものであるかのような言い方であった。 また、今の日本は米国に隷属し、男性機能を取られた宦官のような国になっているとも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

都議会選挙はマスコミの宣伝よろしく自公圧勝。維新惨敗が唯一の朗報

東京都議会選挙が終わった途端、午後8時には予想通りというか、自公過半数確実と出た。投票率が43.25%で、過去2番目に低い投票率という。前回から10ポイントは下がると予測された。これで有利になるのは公明党、共産党で、やはり大きく伸ばしている。低投票率様々である。ニュースでは、今回は大した争点はないと述べたが、争点はたくさんあるはずであ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

維新の石原氏の暴言は、橋下氏の暴言と同じ。自分の誤りも自覚出来ない

維新の石原氏は、政治家の中でも最も嫌いな人物である。この男はいつも人を見くびってバカにする。自分の頭に浮かぶ言葉がいつも絶対であるかのように言う。 環境庁長官であった当時、水俣病患者の直訴文に「IQの低い人が書いたような字だ」と述べ、さらに患者の中に「偽患者もいる」と発言し、これらの発言を厳しく追及された。石原氏はついに、1977…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more