テーマ:大阪地検特捜部

政府を忖度する官尊民卑の検察はいらない

検察の人事は、法務省によって決定される。裁判所も法務省の管轄である。検察、裁判所の幹部クラスは、法務省、つまり内閣官房により管理されている。露骨に言えば、日本の司法は、内閣総理大臣の管轄下にある。大阪地検特捜部長の山本真千子氏が、民間人の籠池氏はいやっというほどいじめた捜査を行ったが、首相官邸の意向を受けて、滅茶苦茶にした佐川氏は不起訴…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

森友事件、「検審申立という第2幕」が始まる。

森友、加計事件も、今は北朝鮮の話に全て隠れて、どさくさに紛れて、国会終了までに、無理筋の法案をやりたい放題で通そうとしている。 高度プロフェッショナル法案も、きわめていい加減な調査で法案化するつもりである。労働基準局の人でさえ、長時間労働で過労死しても、証拠は一切残らないと危惧している。何せ、いくら残業しようが自己管理とな…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

財務省の処分は茶番。検察審査会で正義ある審査員に期待するしかない。

今日、財務省が改ざんの責任者の処分が発表された。茶番会見であった。麻生大臣は、言葉では極めて深刻に受け止めているようなことを言っていたが、その言葉が本当にそう思っているかは顔を見ればわかる。人間、誠から出た言葉と単に紙を読んだ言葉とは自ずとわかる。人間の品性も顔に現れる。個人的には、彼の顔を見ると嫌悪を覚える。まるでやくざかギャングの相…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

立憲枝野代表「検察官役やりたい」=佐川氏強制起訴なら勝算

今回の大阪地検特捜部の無罪放免の判断は、国民の多くの常識からかけ離れたものであった。自民党の中でも、国民常識を持った元自民党首相もいる。それは、福田元首相である。歴代首相の中でも、公僕として品性を持ち合わせている人の一人と思っている。 福田元首相は、今回の大阪地検の判断に違和感を示した。違和感と語気を弱めて言ったのは、三権分立の中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪地検は存在価値なし。検察審査会で国民の常識で裁く。

今、日本の政治は、安倍首相によって毒されていると思っている。戦後の政治の中で、これほど政治が乱れたことはないのではないか?その乱れが、全て首相の膿が原因である。 大阪地検特捜部が、昨日の予想通り、佐川他誰一人、起訴されないことになった。佐川氏はの場合は、改ざん箇所が300カ所もあり、廃棄した罪もある。また、この改ざんで国会を1年間…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

大阪地検特捜部が佐川氏を不起訴にしても、市民感覚の検察審査会では強制起訴の可能性は大。

大阪地検特捜部の前田主任検事が証拠品のフロッピーディスクの日付を改ざんした事件は有名である。 その前田氏は、懲戒免後、1年6か月の実刑で罪を償った。その際法曹資格を失った。10年経つと法曹資格が回復するという。その前田氏が、出所の2012年から「元特捜部主任検事のつぶやき」と題し、Facebookのページに書き込みを行っている。 …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

読売新聞の佐川氏不起訴情報は、検察の恣意的リークによるバルーン報道か?

佐川氏の森友文書かいざんの告発を受けて、今まで不起訴の報道が何度か出て来ては消えていた。今日、読売新聞が以下の記事のように、大阪地検は不起訴を方向という報道が出た。この記事がアップされたのは朝の6時であるが、その後朝日、毎日などのマスコミを見てきたが、未だに不起訴という報道はない。 この意味するところは、読売のスクープということに…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

大阪地検特捜部は本気か?ポーズか?国民は怒っている。

佐川氏の文書改ざんに関して、佐川氏を事情聴取したとリーク情報を流している。その一方、佐川氏の起訴は難しいとリークする。そのリークも1度だけではない。 今日、思い出したように、大阪地検が元理財局長の(国税庁長官)迫田氏の事情聴取を行ったとリークした。なぜリークと書いているのは、秘密裡に聴取していることをマスコミが知ることはほぼ不…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

森山国会対策委員長のご提案の通り、内閣不信任を突きつけろ!

野党が国会審議を拒否していることに、安倍首相は全く反省している気配もない。森山国会対策委員長は、野党の審議拒否を続けるなら、内閣不信任を出してもらい国会を解散してもいいと述べた。これは完全な脅しだ。選挙をやって、また疑惑をチャラにしたいのだ。 しかし、今解散すれば、内閣支持率は30%を切っているので、確実に自民は票を減らす。小…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

内閣、自民ともセクハラに対して本当に鈍い。むしろあるのは当然と思っている。

セクハラの福田事務次官の同期採用の佐川前国税庁長官が今日、大阪地検特捜部に任意の事情聴取がなされたと発表があった。もうとっくの昔に聴取がなされていたと思ったが、意外と遅い。佐川氏は虚偽公文書作成などの容疑で告発状が出されている。既に、検察からのリークで立件は難しいと予防線が張られている。しかし、今回は背任罪を含めて、複数の市民団体、個人…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

安倍政権にも、検察にも自浄作用を期待出来ない。後は国民の力しかない。

佐川氏は市民団体から背任罪や虚偽公文書作成罪などで刑事告発されており、先日の証人喚問でも証言拒絶権を行使し証言をほとんど拒絶した。国民の大部分はこの態度に怒り心頭である。大阪地検も過去の名誉挽回のため、今回はやる気だともっぱらのうわさであったが、大阪地検特捜部は早々と佐川氏らの立件を見送る方針だと報じて、国民を相当がっかりさ…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

今日本の政治倫理は泥沼状態で、嘘が嘘を呼ぶスパイラルに入った。

NHKのスクープである。財務省が森友学園側に「トラック何千台も使ってゴミを撤去した」と言ってほしいと口裏合わせを求めたという。 財務省が森友学園側に口裏合わせ求めた疑い 国有地売却問題で https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180404/k10011390911000.html 記事に…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

日本の「政治と行政がぼろぼろ」になった理由は日本トップの責任。

立憲の枝野代表が、安倍政権5年で「政治と行政がぼろぼろ」になったと述べた。安倍首相になってから、加計学園、森友学園、南スーダン、イラク日報、文科省の「ご意向文書」、最近の労働局長は脅し発言など、挙げればキリがない程、隠ぺい、記録紛失、記憶喪失、文書改ざんなどの不祥事が続出している。 その原因の基を辿れば、安倍首相本人、夫妻に関…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

近畿、本省理財局の改ざん、消去文書履歴、メール履歴をデジタルフォレンジック(電子鑑識)で捜査。

共同通信の直近の世論調査は、佐川氏の証人喚問に納得したかという問いに「72%」が納得していないと答えた。安倍首相に責任があるは65%という。それはそうだろう。安倍夫婦がいなければ、絶対に起こらない事件だからだ。自民の安倍氏が所属している派閥の人でさえ、心の中ではそう思っているはずである。 今日のBS朝日「日曜スクープ」に元検事の郷…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

森友学園の国有地土地取引の真相の根は深い

森友学園の国有地の取引の国側、業者、籠池夫婦の価格に関する会話が録音として公開されている。その録音からはむしろ、国側から値段を提示した形になっている。佐川現国税庁長官が当時、一切値段交渉はしていないと述べた話は崩れ去った。 この交渉には、森友学園側の当時の弁護士の酒井康生氏が国側、業者との交渉の一端を担っていたことはよく知られてい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

籠池夫婦の勾留、辺野古基地反対リーダーの5か月を超える。

政府の施策に盾突いていると見なされて勾留された最長の勾留期間は最近では辺野古基地反対派のリーダーの山城博治氏の5か月が最長である。有刺鉄線を切ったということで、それは認めたが、それ以外の罪状については、黙秘したという。11回に亘る保釈請求も証拠隠滅する恐れがあるとして全て却下された。 この話と少し質が違うが、森友学園の土地問題で、…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

籠池佳茂氏ツイートに見る籠池夫妻の長期勾留期間の異常

籠池佳茂‏ @YOSHISHIGEKAGO1 2017年12月10日 政府関係者各位。聞いて下さい。 父は現在4ヵ月以上の勾留中にあり、4畳程度の室内の中で必死に生きています。 太陽の光にも当たれず命を日々、削っている状態です。 そんな中で、唯ひたすらに願い考えている事は学園の行く末です。 その事ばかりを唯、ひたすらに…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

「森友」国有地 売却協議:国側が「9メートルまでごみ混在、虚偽にならぬ」とビビる業者を説得

籠池夫婦は越年の拘留になりそうである。籠池氏の息子佳茂氏がツイートで訴えている。大阪地検の特捜部長は女性である。証人喚問まで逃げも隠れしない人を家族、弁護士にも接見させない。血も涙もない。黙秘で供述調書が取れないので、意地でも取ろうと拘禁していると思っている。 東京地検特捜部は、リニア工事談合を果敢に追及している。安倍氏のお友達の…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

江川紹子氏がツイートする、FD改竄の前田元検事の上司検事の公判

このような政治ブログを書いていて、いつも鋭く共感する批評をしている江川紹子氏のツイッターをフォローしている。文章の終わりに大好きな猫ちゃん言葉を付けてある。今日、大阪地検の前田元検事がFDを改竄した事件で、その上司であった当時の大坪特捜部長、佐賀副部長の公判が始まり、その公判内容をツイッターしていた。マスコミでは決して聞けない内容なので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more