テーマ:政治

小沢詣でする代表候補の中に、小沢氏の眼鏡に適う人物はいるのか。もっと別の本命がいるか?

人間とは、調子がいいものだ。今まで、推定無罪という原則を知りながら、長いものには巻かれろというか、敢えて菅執行部との摩擦を恐れて何も言わなかったものが、小沢氏グループの票ほしさに小沢氏の党員停止処分を見直すべきと言い出した。 これを言い出したのは、基盤を持たない馬淵氏、小沢鋭仁氏。海江田氏も見直すこともに言及している。この中で、小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢氏が「国乱れて忠臣あり」と述べたことは、自分がやるということだ

小沢氏の政経フォーラムは、ANAインターコンチネンタルホテル東京の地下の大ホールで毎回行われるが、今回も満員で席に座れない人がいた。マスコミによると600人は超えたらしい。小沢氏を好きな方で、もし時間が許せば、一度は参加してみられるのもいいかと思う。20歳台の若い人も参加していた。 次回のフォーラムは、10月21日(金)を予定して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巨大メディアの「小沢排除」が国を滅ぼす fromメルマガ日本一新第62号

転載自由、無限拡散希望とあるので、ご紹介します。拡散お願いします。 (特別無償配信号・転載自由・無限拡散希望) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━       <メルマガ・日本一新第62号> ◎「日本一新運動」の原点―69               日本一新の会・代表 平野 貞夫 ○…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次期首相は小沢氏の手中にある。首相の条件と述べた「命を懸ける」候補は誰か?

昨日は、小沢一郎政経フォーラムのスピーチを紹介した。その中で、次期首相は、日頃自分自身が代表選挙以降、事ある度に、自分の命を懸けて政治に取り組むと述べてきたが、次の首相を選ぶ条件も、政治に命を懸ける人を選ぶべきと述べている。また、言葉を慎重に選びながらも「自分も積極的に携わる」と述べた。特にこの「自分も積極的に携わる」と述べたことは、意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

62回小沢一郎政経フォーラムに出席して、小沢氏のやる気を感じた。

今日、大震災の後の4月27日に行うはずだった、第62回の小沢氏の政経フォーラムが開催された。前回は家内と二人で出席したが、今回は一人で出席した。 講師は、かの有名な副島隆彦氏で、題名は「大震災から復活する日本と世界の動き」であった。今回の話は、時期が時期だけに、政局的な話は敢えて極力抑えた話であった。小沢先生に迷惑のかからないよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民主党の2年間の政権の成果は、何だったのだろうか?

何かにとり憑かれたように首相にしがみ付いていた菅首相が、まるで物の怪が離れたように首相を辞めるという。この辞める理由が、3法案の成立に目処が立ったからというが、今までの行動からあまりに急な引き際と感じている。この理由は、以下のように検察が周りで動いていることも要因ではないかと、勝手に考えている。検察権力は慣れ親しんだ自民党に近く、小沢氏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢氏のここ当面の首相可能性はゼロか? 有為の政治家を使わない現実は何とも空しい。

日刊ゲンダイ紙に、10月6日の小沢氏裁判において、『「即日無罪」が急浮上』、『検察官役弁護士ら“白旗”の可能性』となるとの見出しが躍っていた。小沢氏を支持している日刊ゲンダイ紙が書いていることで、別に検察菅弁護士から直接聞いた訳ではないので、話は大分割り引いてみなければならない。 ただ、即日無罪ということが、飛び出してくればラッキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菅首相退陣表明するが、もう民主党は中身が変わってしまった。小沢氏は新党で出直すしかない。

菅首相が、退陣の3法案成立予定を受けて、退陣を匂わす発言を行って、俄かにポスト菅の動きが激しくなってきた。ただ、菅首相は、まだいつ辞めるかは明言していない。したがって、今までの、2枚腰、3枚腰のしぶとさを考えると、どうなるかわからない。 今日の国会質疑で、辻恵議員は、菅氏が代表選後はノーサイドと言ったのに、小沢氏を党員資格停止にし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢氏側近平野氏、小沢新党もあり得ると述べる。

どんなに悪い世論調査結果が出ても、内閣支持率が1%になっても、初めから辞めないと心に決めたなら、どこかの国の専制君主よろしく、いつまでも首相を続けることが出来るということが、菅首相によって明らかになった。首相の権力というものはそれほど強いということが、壮大なる政治実験として、国民の前で繰り広げられている。この強靭な精神力はどこからくるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京新聞と朝日新聞の元地検特捜部長退職、異動についての解釈の違い。朝日はやはりおかしい。

2日の東京新聞の「筆洗」に、『民主党の小沢一郎元代表の政治資金規正法違反事件を指揮した最高検幹部が退官し、当時の東京地検特捜部長は先例のない研究職に転じる。長期化した捜査や、元秘書らの供述調書の多くが、裁判所に証拠採用されなかったことなどと関係があるのだろうか』と出ていた。 筆洗 http://www.tokyo-np.co.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裁判を乗り越え、次期首相は小沢氏にまかせろ!!!

日刊ゲンダイがソース記事であるが、阿修羅でも取り上げられている、小沢グループが馬淵氏を担ぐという話には(http://www.asyura2.com/11/senkyo117/msg/295.html)興ざめしてしまう。 少なくとも、馬淵氏の今までの言動を見てきて、小沢氏が自分の後継として担ぐとはとても思えない。もし、本当に担ぐと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安住氏の「首長は泥かぶらない」発言には一理ある

新聞社のWEBニュース版を見ていると、すぐに消えるニュースもあるが、比較的長く見出しとして残している記事もある。以下のニュースは、人目に多く晒すために残しているニュースの一つであると思う。 なぜ、残しているかというと、文章を読むと、社の意見が垣間見える。それは以下の太文字の部分である。 『被災地首長らから相次ぐ政権批判に反論し苦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今のぐちゃぐちゃの日本を立て直すのは小沢氏しかいない。国家感のない候補議員はひっこめ。

政治番組の中でたぶん唯一傾聴している番組が、BS11の『田中康夫のにっぽんサイコー!』である。田中康夫もお山の大将で自身党首で民主党などとは馴染まないが、他の政治番組などより真っ当な話をするので好きな番組である。なぜBS11が田中氏を主役として番組を持たせているかよくわからないが。 類は友を呼ぶというか、ゲストに来る人物もなかなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マスコミも、保安院のやらせを、原発事故が起こった後に問題にしているようでは価値はない。

中部電力のヒアリングで、経済産業省,、原子力安全・保安院が、原発推進に肯定的な発言をシンポジュウム参加者にしてもらうことが問題になっているが、こんなことは自民・公明党政権の昔から、公表はされてこそいないが、ずっとやっていたことだ。マスコミも電力会社からの多額の広告費を受けて、本来のマスコミの矜持もない。 保安院解体求める声=自民…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢氏によって8月末までに、菅首相は降ろされる

今日(28日)にニコニコ生放送に、小沢氏が主役として出るというので見てみてみたが、一見さんでは見られず、登録してあるのを思い出して、それで入場してやっと見ることが出来た。それほど、人気があるということだ。 小沢氏の記者会見で、興味があり、気になっていた質問、回答について、述べてみたい。 その第一は、小沢氏は「新党」を作らな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢氏、いよいよ活動開始だ。政界再編の口火が切られる。

菅首相の居座りに、菅を首相(代表)に選んだ議員らが、逆に菅首相を降ろすのにやっきになっている非常に奇妙な状態になっている。こんな中、小沢氏、小沢氏を支持するグループは、逆に不思議な程、静かにしている。 しかし、ここに至って、3月11日の大震災以来、4月に予定していた「小沢一郎政経フォーラム」が、やっと8月17日に開催されるとの通知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菅首相が居座る程、日本の地盤沈下が進んでいる。それを止めるのは小沢氏だ。

中国の高速鉄道の事故調査は、とても日本では信じられない。福知山線の大事故では、原因究明のために55日間も運休し調査したが、中国では翌日には運転して平気な顔をしている。しかも、追突した先頭事故の運転席をシャベルカーでぐちゃぐちゃに壊し、しかも埋めてしまった。事故解明を予め放棄し、隠ぺいした所業である。鉄道省の報道官がさかんに弁解していたが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現執行部は菅首相の粘りには勝てない。結局小沢氏に頼らずには膠着状態を打開出来ない。

民主党代表選挙において、小沢氏を排除するため、あらゆる方策を弄して菅代表(首相)を作り上げた現在の、仙石、岡田、枝野、安住などの執行部、所謂菅支持グループが、今度は菅首相を辞めさせようとやっきになっていることは、滑稽というより、民主党を支持した、特に小沢氏を支持した有権者から見れば、怒りを覚える。 今回の一連の菅首相降ろしの影の実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これだけ迷惑を懸けた菅首相であるが、最後のご奉公は「脱原発解散」だ

共同通信の世論では、以下の報道のように、内閣支持率は調査以来最低の17%になったということである。この数字は、以前の鳩山・小沢政権時の調査より低くなったが、その時党内で批判轟轟で騒いでいた今の執行部の連中は何も言わず貝になっている。都合が悪くなると、責任を取らず、貝かカメのようになってしまう。それでも辞めないのが菅の真骨頂である。もう「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「セシュウム汚染牛」とまで名付けられた牛が出てきた責任は、東電・政府にある。

セシュウム汚染牛という種類の牛が出てきた。セシュウムがあれば、もっと怖い半減期2万年のプロトニュウム汚染牛が出てくると思われる。特に3号機の原発にはMOXというプルトニュウムを含んだ核燃料が使われ、その建屋が水素爆発したからである。 この原因である原発爆発で、核物質をまき散らした第一義的な責任は東電である。また、この汚染された藁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今の菅政権は全く異質な政党になった。小沢氏は民主党を出て自分の信念を貫け。

前回も書いたが、民主党に政権を与えた有権者をあまりにバカにしている話で、もう一度文句を言いたい。 民主党が、以下の報道のように公約を『抜本見直し』するとして、謝罪文章を、国民にではなく、自民・公明党に出した。これはなんたることか? そもそも、公約が間違っていましたと、謝罪文を敵対する野党に出すということは、民主党に一票を入れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡田幹事長が最も屈辱的なマニュフェス謝罪。この党は終わった。

岡田幹事長が、マニフェストは検討が不十分だっと、謝罪したいと述べたそうだ。それも文章で発表したという。かつての与党の自民党・公明党に、「我々は考え浅く、マニュフェスは間違っていました」と述べたのだ。 これほど、今の民主党を政権与党にした有権者を、バカにした話はない。本来なら、口が裂けても言えない話である。それも、手形である「文章」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「陸山会」事件公判における特捜検察のやぶれかぶれ求刑。地裁はこれを正すべき。

小沢氏は、党員資格停止処分不服の申し立てをしていたが、今日、選挙の結果に一切責任を取らない民主党の菅首相、執行部が、推定無罪の小沢氏の責任を追及して、資格停止を確定してしまった。そもそも、小沢氏は岩手の選挙区から選ばれた議員である。その岩手は1000年に1度の大震災で自分たちの議員を要求しているのに、それも無視して無理やり資格停止を確定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢再始動は小沢代表への布石か?その芽がないのなら新党結成だ。

中国新聞に、以下のように小沢氏が再始動を始め、それは代表選への布石だと見出しをつけている。 代表選へ布石 小沢氏再始動 http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201107180163.html  民主党の小沢一郎元代表が、菅直人首相退陣後の党代表選をにらみ、参院の系列議員や衆院中間派との接触を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発事故4か月で、益々深刻になる一方の被害拡散。人間我慢にも限度がある。

Wカップの試合は見たかったが、午前3時頃からというので寝てしまった。ところが潜在的に見たいと意識していたのか、3時半ぐらいに目が醒め、そのまま寝るのももったいないのでずっと見てしまった。米国に2点目を取られたときは、これでもうおしまいだと思いまた寝ようと思ったのだが、本当に寝ないでよかった。人生の中でも2度見られるかわからないような優勝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この期に及んでも、「原発解散」の可能性は消えず

菅首相は、先日の国会の本会議において、「脱原発解散」はしないと明言した。したがって、少なくともシングルissueでの解散はないと思っていたが、その内閣の一員である海江田氏が、以下の記事の見出しのように、菅首相が「脱原発解散」するために、各閣僚に署名を求めても、自分は署名をしないという。 菅首相が少なくとも国会本会議において、「脱原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菅首相の「脱原発」が私の意見というなら、「第一ステップ達成」も私の意見だ。

首相が福島に行って周辺首長と意見交換し、原発事故対策の第一ステップが順調に経緯していると述べた。また、細野氏は会談で「(原子炉の)冷却を安定させ、水素爆発の危険性がなくなるという意味では、おおむね目標を達成できた」と述べ、7月中旬を目標に進めてきた「ステップ1」の取り組みがほぼ達成したとの考えを伝えた。 しかし、晴天のとら日和(h…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菅首相の「脱原発」の考えは正しいが、もう来るところまできて独裁者になってしまった

菅内閣の支持率は、とうとう12、3%となった。この低支持率を想定していたか、首相に就任した早々から内閣支持率1%になっても辞めないと言っていたことは、政治家にとって国家百年の先見性が必要なことからすれば先見性があったと言えよう。こんな先見性など糞にもならないが。 菅首相が久しぶりの記者会見で、今後の日本の電力生成において「脱原発」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遂に住民団体が原発事故で政府、東電を東京地検へ告訴

以前、ジャーナリストの上杉隆氏が以下のタイトルで、 『なぜ東京地検特捜部は東京電力本店を家宅捜索しないのか 』 http://31634308.at.webry.info/201107/article_3.html と題して、なぜ東電の刑事責任を問わないのかとの記事を書いた。その中で 『今こそ、地検特捜部は今までの汚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日刊ゲンダイ紙の記事:「民主はだめだ、、、小鳩新党加速」。そうだ、その通りだ

久しぶりに東京に出かけて、帰りの新幹線の中で、お決まりの日刊ゲンダイ紙を買い読んできた。1面の大見出しに、わざわざ自分のために用意していたかのように、日頃しつこく書いているキーワードがあった。 「民主はだめだ、、、小鳩新党加速」 の文字が目に飛び込んできた。これはナイスとばかり興味津々で読んだ。 記事を紹介する前に、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more