テーマ:川内原発

楽観・無責任主義の極みの愛媛県中村知事と、鹿児島県三反園知事の違い

愛媛県の中村知事が、伊方原発再稼働で「福島と同じことが起こる事は無いとはっきり申し上げておきたい」と述べたことは有名である。個人的には、この原発が福島より、いろいろな面で危険である。まず、伊方原発のすぐ傍を中央構造体が走っている。 原発より半島先端地域に住んでいる4~5千人規模の住民が、半島に閉じ込められる。半島を通る…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

三反園鹿児島県知事、公約通り、川内原発の稼働中止を申し入れをする予定。

最近の猛暑で、日本中の家庭、会社、工場等で、クーラーを使うため、大量の電力を使っているが、電力が足りなくなったというニュースは聞かない。つまり、原発が動いていなくても、電力が足りないということはないのだ。 テレビ朝日のコメンテイターだった三反園氏が鹿児島知事になって、公約通り、川内原発の一時停止と点検を九電に要求するいう。原発に頼…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

熊本地震レベルの地震はどこでも起こる。だから、日本で原発は無理なのだ。

熊本地震は、地震の頻度として、今まで最大だった中越地震の頻度を超えたという。今まで南海トラフ、関東地震など有名な地震しか頭に浮かんでこないが、まさか熊本地域で中越地震を超える地震が起ころうとは、誰も想像はしなかった。実際にTVレポーターの質問に、住民が、3.11は他の地域の問題で、まさか九州の熊本でこんな地震が発生するとは思ってもいなか…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

川内原発に何かあれば、安倍首相に全ての責任がある。

熊本の地震で、既に41人の死亡が確認されたと報道された。普通は、一度の地震であとは余震があっても急速に鎮静化するが、今回の地震は2日目の地震が本震と言う。14日夜の熊本地震の本震の揺れは、震度7を観測した熊本県益城(ましき)町で最大加速度1580ガル、最大速度92カインをそれぞれ記録、1995年の阪神大震災の891ガルを大きく上回ったと…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

偶々、川内原発地域の地震が小さかっただけ。震度7クライスに耐える担保か分からない

熊本の地震の第1報を聞いたとき、真っ先に頭をよぎったのは、現在国内で唯一稼働している川内原発のことだった。当然、震度3、4程度はあったのであろうが、以下の新聞記事のように、停止しないで稼働させたという。この話は、川内原発側としては、この程度の揺れでは、原発はへっちゃらだと誇示したいのかもしれない。しかし、この地震が原因で、熊本以外の…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more