テーマ:小沢氏

輿石幹事長は本当に小沢氏に近い采配が出来るのか?「ウーン」疑問だ

小沢氏は、政経フォーラムの中で『出来る限り積極的にその仕事に携わり努力していきたいとそう思っています』と述べたが、海江田氏が負けて、小沢氏はまた塩漬けになるので、どうするつもりかと思っていたら 国会内で会合を開き、三つに分かれている同グループの統合をどのような形で行うか週内にも一定の方向性を出すことで一致したという。 また、小沢元…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢氏は理念、主義の違う民主党から出て新党を作るべきである

表題のように書くと、まただと言われるだろう。小沢氏は次期衆議院選挙までは、何も出来ないからである。党の要職に就かせるこもないだろう。 民主党は不可解である。当初、前原有利ということから野田氏の形勢は不利と言っていたが、大蔵省は大喜びしただろう。それにしても、またもわずかな数で負けてしまった。こちらも書く気がなくなるぐらいがっかりし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海江田代表はマスコミに臆せず堂々と小沢氏を座敷牢から出し小沢パワーを活用せよ。

海江田氏を小沢氏が支持したことで、またマスコミで党員資格がない小沢氏がまた民主党を混乱させているようなニュアンスで批判報道を展開している。昨日の記者クラブでの質問でも、党員資格がない小沢氏の支援を受ける意味を海江田氏に意地悪く聞いていた。まるで、支持すること自体だめと言いたいようだ。 このブログは、敢えて、愚直に小沢さんを支持する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マスコミの批判を浴びている小沢氏を解放するには、現時点で海江田氏を応援するしかない

昨日は小沢氏が海江田氏を支持することを聞いて落胆した感想を書いたら、「カナダde日本語http://minnie111.blog40.fc2.com/blog-entry-2878.html」の美爾依さんに紹介されていた。それぞれの人が、もう少し違った候補を思い描いていたということと思われる。 早速、海外、米国からも回転ドアの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢氏が推す候補が「海江田」と聞いて引いてしまった。希望は見えるのか?

今日、出張先で日刊ゲンダイを買って読んだら、「小沢一郎の意外な“本命”浮上」と西岡参議院議長と名を上げていたので、本ブログで書いたことが当たったと喜んでいたのに、帰宅してテレビを見たら、代表選候補として始めから外していた「海江田」を小沢氏グループが推すという。これを聞いて、菅よりましかもしれないが、また日本は不安定な状態が続くと思った。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢氏の中の自分の思いを託せる次期首相候補が26日明らかになる

小沢氏は、代表選挙において支持候補を26日に明らかにすると、我が家で購読している地方紙に書かれていた。 これに遡り、前原氏が精力的に、各グループのリーダーと会談を行っている。会談の最後は、やはり真打の小沢氏であった。この会談後、前原氏は挙党態勢が重要との認識で小沢氏と一致したと述べたそうである。また、マニフェストの見直しについて「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢さん、『命にでも代えてでもという,、自らの自己犠牲的な精神をもったリーダー』をお願いしますよ!!

マスコミはもう前原氏が民主党代表になったような扱いで、大々的に報道している。今晩、前原氏は最後の最後に小沢氏と会談して、代表戦での協力を要請したという。しかし、この会談は10分で終了したという。儀礼的な話しで終わったと思われる。 昨日の夜には、今日の小沢、前原会談に先立ち、前原氏の後見人というか、黒幕というか、仙石氏が小沢氏と会談…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前原が「小沢史観から脱却」と言うこと自体、「小沢史観」を勝手に作り上げているのだ。

前原という人物は、口先番長と言われてはきたが、これほどまでに口先男とは思わなかった。 今夜、正式に代表選挙に立候補することを、報道関係者まで入れて発表した。前原氏は、当初は出馬しないと言っていたが、情報を総合すると、野田氏がこのままでは負けると見て、自分たちが主流派から転げ落ちることを恐れて敢えて出てきた。転げ落ちるという意味は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前原氏は代表選に出る資格はない。逆に小沢氏は2年前の民主党に戻す責任がある。

菅執行部の残党が、今度は自分たちの行く末を心配して浮き足だっている。新政権が誕生するときには、官房機密費の金庫は空っぽにすることが慣例らしい。今、菅執行部は機密費をスッカラ菅にするため、マスコミにばら撒いていると思っている。なぜなら、ここ数日に急に出てきた前原氏待望報道には、非常な違和感を覚えるからだ。昨日も書いたが野田氏の代表の芽はな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マスコミ、反小沢勢力は焦りまくっている。なぜなら、これから小沢氏の反撃が始まるからだ

小沢氏と鳩山氏が会談し、以下の記事のように「菅首相の後継は推せない」と述べ、輿石参議院会長と連携して行くと述べた。 これにより、野田の芽は無くなった。菅首相が今まで述べていた増税、大連立の花火も急速に萎んでしまった。マスコミに官房機密費で野田次期首相の雰囲気作りを依頼したが、その甲斐も無くなった。 「菅首相の後継は推せない」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢詣でする代表候補の中に、小沢氏の眼鏡に適う人物はいるのか。もっと別の本命がいるか?

人間とは、調子がいいものだ。今まで、推定無罪という原則を知りながら、長いものには巻かれろというか、敢えて菅執行部との摩擦を恐れて何も言わなかったものが、小沢氏グループの票ほしさに小沢氏の党員停止処分を見直すべきと言い出した。 これを言い出したのは、基盤を持たない馬淵氏、小沢鋭仁氏。海江田氏も見直すこともに言及している。この中で、小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢氏が「国乱れて忠臣あり」と述べたことは、自分がやるということだ

小沢氏の政経フォーラムは、ANAインターコンチネンタルホテル東京の地下の大ホールで毎回行われるが、今回も満員で席に座れない人がいた。マスコミによると600人は超えたらしい。小沢氏を好きな方で、もし時間が許せば、一度は参加してみられるのもいいかと思う。20歳台の若い人も参加していた。 次回のフォーラムは、10月21日(金)を予定して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巨大メディアの「小沢排除」が国を滅ぼす fromメルマガ日本一新第62号

転載自由、無限拡散希望とあるので、ご紹介します。拡散お願いします。 (特別無償配信号・転載自由・無限拡散希望) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━       <メルマガ・日本一新第62号> ◎「日本一新運動」の原点―69               日本一新の会・代表 平野 貞夫 ○…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次期首相は小沢氏の手中にある。首相の条件と述べた「命を懸ける」候補は誰か?

昨日は、小沢一郎政経フォーラムのスピーチを紹介した。その中で、次期首相は、日頃自分自身が代表選挙以降、事ある度に、自分の命を懸けて政治に取り組むと述べてきたが、次の首相を選ぶ条件も、政治に命を懸ける人を選ぶべきと述べている。また、言葉を慎重に選びながらも「自分も積極的に携わる」と述べた。特にこの「自分も積極的に携わる」と述べたことは、意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

62回小沢一郎政経フォーラムに出席して、小沢氏のやる気を感じた。

今日、大震災の後の4月27日に行うはずだった、第62回の小沢氏の政経フォーラムが開催された。前回は家内と二人で出席したが、今回は一人で出席した。 講師は、かの有名な副島隆彦氏で、題名は「大震災から復活する日本と世界の動き」であった。今回の話は、時期が時期だけに、政局的な話は敢えて極力抑えた話であった。小沢先生に迷惑のかからないよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野田氏の本性が次々とさらけだされてきた。とても首相の器ではない。

一般の会社員は平社員から先輩に仕え、上司にも怒られながら一歩ずつ人間形成をしていく。しかし、民主党の若手の執行部の議員を見ていると、鳩山、小沢氏が総選挙で大勝させた、その財産を食いつぶしているだけと映る。小沢氏がいなければ、本来大臣にもなれず、万年野党議員であったものが、急に大臣になり、官僚に抱きこまれ、官僚の手の上でちやほやされ、官僚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

与党、野党が捻じれているというが、民主党自体が政権に就かせた国民の意思と捻じれている。

日本の政治家親子で一番嫌いなのが石原親子である。特に親父の石原知事は一番嫌いである。 自分の頭の中でいくら、何を思ってもらっても構わない。しかし、少なくとも公人として他人に対する配慮が全く無い発言は止めてべきである。今回の日本東北大地震のときも、この地震のことを「天罰」と述べたことなどは、神をも恐れれぬ暴言であった。自分が神でもな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民主党の2年間の政権の成果は、何だったのだろうか?

何かにとり憑かれたように首相にしがみ付いていた菅首相が、まるで物の怪が離れたように首相を辞めるという。この辞める理由が、3法案の成立に目処が立ったからというが、今までの行動からあまりに急な引き際と感じている。この理由は、以下のように検察が周りで動いていることも要因ではないかと、勝手に考えている。検察権力は慣れ親しんだ自民党に近く、小沢氏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民主党代表選挙で誰が出馬しようとも、小沢氏が台風の目だ。

野田氏が民主党代表選に出馬することを表明した。野田氏を見ていると、民主党の議員ではなく、昔の自民党議員に見えてしまう。如何にも大蔵大臣でミスター財務省という感じで、そこからは小沢氏が唱えている霞が関を変えていくとか、何か高邁な政治理念を感じられないし、そういう話を聞いたことがない。地味が悪いとは言わないが、次期首相候補のアンケートでは1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前原氏、代表選挙不出馬から見えてくるもの=来年代表選挙に小沢氏出馬。

前原氏が代表選挙に不出馬すると表明したので、どうしてだろうと思っていたら、以下の記事のように、「つなぎ代表」を回避するためと書かれている。 前原氏不出馬の理由、「つなぎ代表」を回避か http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110813-OYT1T00148.htm?from=main1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢氏のここ当面の首相可能性はゼロか? 有為の政治家を使わない現実は何とも空しい。

日刊ゲンダイ紙に、10月6日の小沢氏裁判において、『「即日無罪」が急浮上』、『検察官役弁護士ら“白旗”の可能性』となるとの見出しが躍っていた。小沢氏を支持している日刊ゲンダイ紙が書いていることで、別に検察菅弁護士から直接聞いた訳ではないので、話は大分割り引いてみなければならない。 ただ、即日無罪ということが、飛び出してくればラッキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菅首相退陣表明するが、もう民主党は中身が変わってしまった。小沢氏は新党で出直すしかない。

菅首相が、退陣の3法案成立予定を受けて、退陣を匂わす発言を行って、俄かにポスト菅の動きが激しくなってきた。ただ、菅首相は、まだいつ辞めるかは明言していない。したがって、今までの、2枚腰、3枚腰のしぶとさを考えると、どうなるかわからない。 今日の国会質疑で、辻恵議員は、菅氏が代表選後はノーサイドと言ったのに、小沢氏を党員資格停止にし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢さん、国民は民主党に愛想を尽かしているのだ。

この菅という首相は、本当に確信犯というか、人をまとめ上げて政治を遂行する実行力はないが、自己保身の能力だけは超一流である。以下の見出しを見てカチンときた。国会の答弁で述べたらしいが、早期解散は自分はするつもりはないが、「国民もないと思っている」と言ったことだ。日頃は、各種世論調査から早く辞めろという声は無視しているのに、解散は国民の声を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民主党現執行部は菅首相の退陣はあきらめている。頼れるのはやはり小沢氏しかいない。

あれだけ菅首相の退陣に向けて四苦八苦し、民主党の看板でもあるマニュフェストを降ろし、菅首相の退陣の条件をクリアするため敵に操を捧げている岡田幹事長であるが、首相退陣を求めるための執行部辞任は、「全く考えない」という。 首相退陣求め執行部辞任「全く考えない」 岡田幹事長 http://www.asahi.com/politics/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菅首相はもう9月以降の継続までに視野入っている。辞めさせるには不信任案しかない。

鳩山はやはり甘い。海江田経産相らに、一斉に辞任して菅首相に退陣を迫るべきだと言っている。海江田氏らが辞任しても、菅首相は辞任しないだろう。菅首相の行動は彼自身の性格で判断すると大間違いになる。菅首相の行動原理は伸子夫人の性格を考えずに判断することは出来ない。自宅に帰れば、自分より政治家らしいと臆面もなく公に話が出てくるぐらいであるから、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もうお子ちゃまの政治はやめろ。本当の大人の政治が出来る小沢氏に任せろ!

私も長い間、政治を見てきたが、菅首相ほど国家の最高責任者として、言ったことが軽い男はいない。菅首相は再三に亘って、記者会見までして「脱原発」を唱えていた。「脱原発」で解散するぞとの雰囲気を作り、国民を翻弄した。世界に対して、1000万戸の家にソーラーパネルを設置し、これからは自然エネルギーにすると話していた。 それが、自民党の自民…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳩山氏、子ども手当廃止は看過出来ないと怒る。小沢氏も同様だ。

民主党の看板マニュフェストであった子ども手当が、来春廃止される。自・公に押し切られ、正式調印をした。国家公務員の給料カット、国会議員定数削減、八ッ場ダム、などなど、どれ一つとっても、目玉マニュフェストを実現していない。 それも、菅首相が辞めないので、特例公債法案を通してもらえなく、それらを通してもらうため、譲歩に譲歩を重ねている。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢氏側近平野氏、小沢新党もあり得ると述べる。

どんなに悪い世論調査結果が出ても、内閣支持率が1%になっても、初めから辞めないと心に決めたなら、どこかの国の専制君主よろしく、いつまでも首相を続けることが出来るということが、菅首相によって明らかになった。首相の権力というものはそれほど強いということが、壮大なる政治実験として、国民の前で繰り広げられている。この強靭な精神力はどこからくるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裁判を乗り越え、次期首相は小沢氏にまかせろ!!!

日刊ゲンダイがソース記事であるが、阿修羅でも取り上げられている、小沢グループが馬淵氏を担ぐという話には(http://www.asyura2.com/11/senkyo117/msg/295.html)興ざめしてしまう。 少なくとも、馬淵氏の今までの言動を見てきて、小沢氏が自分の後継として担ぐとはとても思えない。もし、本当に担ぐと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今のぐちゃぐちゃの日本を立て直すのは小沢氏しかいない。国家感のない候補議員はひっこめ。

政治番組の中でたぶん唯一傾聴している番組が、BS11の『田中康夫のにっぽんサイコー!』である。田中康夫もお山の大将で自身党首で民主党などとは馴染まないが、他の政治番組などより真っ当な話をするので好きな番組である。なぜBS11が田中氏を主役として番組を持たせているかよくわからないが。 類は友を呼ぶというか、ゲストに来る人物もなかなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more